離婚・親権問題

  1. 夫の戸籍に入っていた妻の戸籍は離婚後にどうなりますか?
  2. 離婚後も婚姻期間中の姓を使用する場合どうすればいいですか?
  3. 離婚後に母の戸籍に子を入れる場合どうすればいいですか?

婚姻期間中の姓をそのまま使用する場合の手続、離婚後に母の戸籍に子を入籍させる手続など、オールワン法律会計事務所の弁護士が解説します。

離婚についての
お問い合わせ・ご相談予約

離婚後の妻(夫)の戸籍

現行の戸籍法では、同一の戸籍に在籍できるのは「夫婦」と「氏を同じくする子」となっています。
(但し、外国人と結婚した人、配偶者がいない人で新たに戸籍を編製する場合は、その人と氏を同じくする子ごとに戸籍を編製します。)
(戸籍法6条)

したがって、離婚した場合は、婚姻に際して相手方の氏を称した人は、婚姻中の戸籍から除かれ、原則として復氏し(旧姓に戻り)、婚姻前の戸籍に入籍することになります。

もっとも、婚姻により復氏する場合も、希望すれば新たな戸籍を編製することができます。

さらに、

① 子を自分の戸籍に入れたい場合で、婚姻前の戸籍に戻ると三世代となってしまう場合

② 婚姻前の戸籍が除籍(戸籍に入っていた人が全員死亡している等)されている場合

この①、②の場合は、元の戸籍に戻れないため、新たな戸籍を編製する必要があります。

また、婚姻以前の戸籍に入籍後、新戸籍を編製することもできます。

離婚後の妻(夫)の氏(姓)

婚姻によって氏を改めた夫又は妻は、協議上の離婚によって婚姻前の氏に復することになります。
(民法767条1項 復氏)

離婚後に婚姻中の氏を続けて使いたいと考えた場合は、離婚の日から3か月以内に「婚氏続称」の届出をすることによって婚氏(結婚していた時の姓)を使うことができます。
(民法767条2項、戸籍法77条の2)

具体的には、離婚の届出と同時に婚氏続称の届出をすると、届出人について直ちに婚姻中の氏で新戸籍が編製されます。

一旦離婚前の戸籍に復籍した者から離婚後3か月以内に婚氏続称の届け出があった場合は、

① 届出人が復籍後の戸籍で筆頭者でないとき 及び

② 届出人が復籍後の戸籍の筆頭者で、かつ、その戸籍に同籍者があるとき

この①②の場合は、その届出人についてだけ新戸籍が編製されます。

これは、婚氏続称が、氏が変わることにより本人が社会的な不利益を受けないための制度である以上、その効果を同籍者にまで及ぼす必要がないためです。

離婚後に母の戸籍に子を入籍させたいとき

子の氏は、生まれたときの父母の氏となります。
(民法790条)
そして、父母の氏を称する子は、父母の戸籍に入ることになります。
(戸籍法18条)

したがって父母が離婚した場合も、子の氏はそのままで、戸籍についても従来の戸籍のままとなっています。

母が婚姻に際して父の氏を称し、父の戸籍に入っていた場合、母は婚姻前の戸籍に復籍するか、新たな戸籍を編製することになるので、離婚後は母と子の戸籍は異なります。

母が婚氏続称(婚姻中の氏を離婚後も使うこと)を選択すれば、母と子の氏は同じになりますが、この場合も母と子の戸籍は別のままです。

子を母の戸籍に入籍するためには次の手続が必要となります。

子の氏の変更許可の審判申立

子の住所地を管轄する家庭裁判所に対して、子の氏変更についての許可の審判を申立てます。
(家事事件手続法160条)

子が15歳未満の場合は、子の法定代理人(=親権者)が、子に代わり申立を行うことになるため、離婚に際して母が親権者となっている場合、母が申立を行うことになります。
(民法791条3項)

入籍届の提出

子の氏変更の許可を得た後、市区町村長に対して、母の氏を称して母の戸籍に入籍することの届出を行います。
(戸籍法98条1項)

上記届出についても、子が15歳未満の場合は、子の法定代理人(=親権者)が子に代わって行うことになります。

離婚後にもやらなければならない様々な手続きがあります。
様々な離婚後の手続きをできるだけ効率よく進めるため、法律の専門家にご相談ください。

問題解決の近道は、
ぜひオールワン法律会計事務所まで
お気軽にご相談ください

離婚についての
お問い合わせ・ご相談予約

オールワンの弁護士&税理士が教える!
離婚の基礎知識