事業承継自社株の承継・M&A

事業承継やM&Aをお考えなら
オールワン法律会計事務所に
お任せください
税理士の資格も持つ弁護士が
専門知識を駆使し、
計画をサポートします

事業継承を計画されるにあたり、企業によって様々な事情や問題があります。
弁護士にご相談いただくことで、事業承継の準備を円滑に進めることができたり、数々の法的問題もスムーズに解決できるなど、多くのメリットがあります。
事業承継・M&Aをお考えなら、ぜひ早期の段階よりオールワン法律会計事務所にご相談ください。

事業承継についての
お問い合わせ・ご相談予約

オールワン法律会計事務所に
事業承継を依頼するメリット

ワンストップ解決

事業承継に長けている弁護士、税理士の立場で、事業承継にかかわる相続税の問題を丁寧に確実に解決します。

豊富な経験

年150回程度、相続や事業承継をテーマにした講演、金融機関での研修を全国で行っている実績をもとに、御社の道筋を明確にして円滑に進めてまいります。

事業承継でお悩みのあなたに…

『次男に会社を継がせたい。後々相続でもめないようにするにはどうすればいい?』
『親族以外に会社を譲渡したい。どうしたらいいですか?』
『会社の問題点を解決してから、事業承継したい!』

いざ事業承継を計画するにあたり、様々な思惑や問題が発生します。弁護士法人オールワン法律会計事務所は、税理士の資格も持つ弁護士が専門知識を駆使し、計画をサポートします。

一人で悩まず、

専門家へご相談ください

オールワンの弁護士&税理士が教える!
事業承継の基礎知識

事業承継対策の必要性

中小企業の経営者にとって、ご自身が築き上げられた事業の後継者を誰にするのかということは、重要な課題となります。

  • 後継者がいる場合
  • 親族に後継者がいない場合

よくある2つのケースで、その対策例をご紹介します。

詳しくはこちらから

事業承継の失敗事例

事業承継対策を行わなかったため、その後の経営や事業運営が上手くいかなかったケースも多くあります。

  • 後継者と古参幹部の対立
  • カリスマオーナー交代時の業績不振
  • 後継者氏名を巡る争い
  • 相続による自社株の分散

上記他の失敗例をご参照ください。

詳しくはこちらから

事業承継先の検討

継承先は主に、

  • 親族への継承
  • 第三者への継承

となることが殆どです。
それぞれの場合での、特長や必要事項をお伝えします。

詳しくはこちらから

事業承継における遺言の必要性

次のような事例で、中小企業オーナーが遺言を作成している場合、作成していない場合でどのような違いが出るのかを検討してみます。

【社長の家族】
妻、長男(後継者)、長女
【社長の資産】
全資産 40,000千円(うち30,000千円が自社株式)

詳しくはこちらから

事業承継における
株価対策の必要性

中小企業の事業承継とは、所有権の移転の側面からは自社株式の承継と捉えることができます。

株価対策の必要性とその留意点についてお伝えします。

詳しくはこちらから

事業承継における
自社株式の移転手段

自社株の移転手段は、移転先に応じて、売買、贈与及び相続が単独で、あるいは組み合わせて選択されます。
いずれの移転手段も一長一短がありますので慎重な検討が必要です。

  • 売買
  • 贈与
  • 相続

それぞれの方法での特長を紹介します。

詳しくはこちらから

事業承継における
種類株式の活用

一般的に「株式」と呼ばれているものは「普通株式」。普通株式とは別に「権利の内容が異なる株式」を発行することができ、これを「種類株式」といいます。

  • 無議決権株式
  • 拒否権付株式
  • 取得条項付株式
  • 全部取得条項付株式

など、権利の内容を変更し、事業承継をスムーズにしたり、条件を付け加えたりすることが可能です。

詳しくはこちらから

事業承継における
納税資金確保の必要性

相続税の納期限は、相続開始の翌日から原則として10か月。相続税の納税は、原則として現金一括納付となります。延納(分割払)や物納は、誰でも簡単にできるものではありません。

  • 金庫株による相続税納税資金の確保
  • 相続税の物納
  • 銀行借入

など、具体的な納税資金確保の方法をご説明します。

詳しくはこちらから

事業承継の解決事例

ご相談前の参考に、ぜひご覧ください。

事業承継についての
お問い合わせ・ご相談予約