解決事例

遺言で遺産分割の悩みを解決

【登場人物】

A子さん・・・夫に先立たれて大阪市内の持ち家に長男一家と同居

B男さん・・・A子さんの長男 妻・子2人 Y子さんと家族で同居

C男さん・・・A子さんの次男 妻 地方で妻と2人暮らし

【A子さんの資産】

自宅(土地・建物)・・・・ 約4000万円

金融資産(銀行預金)・・・ 約2000万円

【A子さんの悩み】

B男さんの妻は何かにつけてY子さんに気をつかい、長男一家とは円満な生活を送っている。

しかし、次男やその妻とは折り合いが悪く、帰省してきた折に顔を合わせると気苦労が絶えない。

自分が亡くなった後、自宅は長男に遺したい。

しかし、今亡くなると相続財産が6000万円。

次男の法定相続分はその2分の1の3000万円。

次男が3000万円の法定相続分を主張すると長男に4000万円の自宅を遺せない・・・

【解決策】

A子さんから相談を受けて遺言書作成を提案した。

遺言書を作成しない場合、遺産分割は相続人間の協議で行われ、分割の基準となるのは法定相続分。

法定相続分は、長男・次男共に3000万円づつ(6000万円/2人)

遺言を作成すれば、次男に遺留分相当の財産を遺せば、ほかの財産は全て長男に相続させることができる。

相続人である子の遺留分は、法定相続分の半分なので、次男の遺留分は1500万円。

そこでA子さんは次のような遺言書を作成することにした。

1 自宅の土地・建物は長男に相続させる。

2 預金はその2分の1を長男に、2分の1を次男に相続させる。

その上でA子さんは長男に対して、預金の2分の1で次男の遺留分に足りないときは、自分(長男)が相続する預金から足りない分を支払うように話すことにした。

遺言書は、できるだけ費用を抑えたいというA子さんの希望で自筆証書遺言で作成することにした。

当事務所で遺言書の下書きを作成し、それをA子さんが写して自書することで内容の間違いない自筆証書遺言が作成できた。

A子さんの自筆証書遺言は、現在A子さんが保管しているが、2020年7月10日以降、遺言保管所が設置されれば、遺言保管所に保管を依頼する予定である。

オールワンへの
お問い合わせ・ご相談予約