ブログ

京都の弁護士が出会った駅弁46 めはり寿し・新宮駅

今回は紀勢本線が県を南北に縦断する和歌山の駅弁です。

 

紀勢本線には過日大阪や京都などの都市部で活躍し、引退前に紀勢本線で現役を続けている車両が数多く存在します。

 

そのうち113系は、111系を改造した車両で、関西では主として快速電車として活躍していました。

 

湘南カラーといわれるオレンジとグリーンのツートンに塗装され、スマートなイメージがありました。

 

ところが、紀勢本線に投入されると、先頭部分が103系と見紛うような空力の悪そうな仕様に変更されました。

 

この車両をみて往年の113系をすぐに連想できる方はいないのではないでしょうか。

 

DSC01147

(2013年1月1日 紀伊田辺駅で撮影)

 

【丸新 めはり寿し】

2013年1月1日 新宮駅の立ち食いうどん店を兼ねた駅売店で購入(630円)

 

めはり寿しの名前の由来は多々あるようですが、目を見張るほど美味しい、目を見張るほど大きい、といったところが起源とされているようです。

 

丸新のめはり寿しは、さほど大きくないですが、様々な具入りのおにぎりを、高菜で包んで仕上げられており、大きさや食べやすさ(高菜でおにぎりが包まれているので手が汚れにくい)について工夫がなされています。

 

食べる前は少し物足りない量と思いましたが、米飯だけあり十分満腹になりました。

 

DSC01158 DSC01159

△△

女性弁護士が交通事故の相談に応じることも可能です。京都大丸西隣、四条烏丸交差点から河原町・八坂神社方向に東に約100メートル、京都のオールワン法律会計事務所(京都弁護士会所属)の弁護士に一度ご相談ください。

オールワンへの
お問い合わせ・ご相談予約