ブログ

【離婚】 離婚とお金

今回は離婚にまつわるお金の話である。

離婚の際に動くお金は大別すると、婚姻費用、財産分与、慰謝料、養育費そして年金分割がある。

もっとも、年金分割は原則として0.5、すなわち夫と妻で半分ずつ分割することになるので、ケースによって異なるのが婚姻費用、財産分与、慰謝料、そして養育費である。

 

婚姻費用

「こんぴ」とも呼ばれるが、婚姻関係にある夫と妻が別居を始めると、原則として収入の高い方が収入の低い方に支払う費用である。

別居したって夫婦なんだから、二人が同じ生活水準を維持できるようにという理由で支払われるものである。

夫の収入が高いと、夫が妻に婚姻費用を支払うことになる。

養育費との違いは、養育費はざっくりいうと離婚後の子どもの生活費。

婚姻費用は受け取る側(例えば妻)が子どもを養っている場合、子どもの生活費に妻の生活費がのっかるイメージである。

あまり知られていないが、婚姻費用は別居から離婚まで継続して支払い続けないとだめなので、夫の収入が高いと総額で結構な支払いとなる。

 

財産分与

夫婦で築いた財産をその名義にかかわらず半分ずつに分けるのが財産分与である。

結婚前の財産や親の財産は対象とならないので、いくら夫や妻の実家が金持ちでも関係ない。

あくまで結婚してから別居するまでに二人で築いた財産が対象である。

夫の収入が高いと対象となる財産も高額となる。

一方、二人の財産はほぼ自宅だけ、その自宅もオーバーローン(その時点で売ることができる値段より住宅ローンン残高の方が多いこと)のケースではローンを誰が引き継ぐのか、あるいは任意売却(自宅を売ってローンの返済に充てること)が問題となる。

 

慰謝料

相手方配偶者の浮気が原因で離婚となった場合、慰謝料としていくら取れるのかがクローズアップされる。

しかし、日本の裁判所は慰謝料として高額な支払いを命じるケースは少なく、取れても上限500万円までだと考えておいた方がいい(500万円もの支払いが命じられるのはまれであるが)。

慰謝料は注目されるがさほどお金は動かない。

 

養育費

別れた後の子どもの生活費である。

別れた相手の収入が低いとあまり期待できないが、それでも離婚のときにしっかり決めておかないと取りはぐれることになる。

養育費の額は離婚のときの収入が目安となるが、その後の事情の変化(収入の上限や再婚など)に影響を受ける可能性があるので、最終的にどれだけ取れるのかは神のみぞ知るということになる。

 

その他の離婚に関するブログは

👉離婚

オールワンへの
お問い合わせ・ご相談予約