ブログ

京都弁護士会の法律相談 法律相談時間を有効に使うポイント

京都弁護士会が毎週木曜日、南丹市の国際交流センターで開催している法律相談に行ってきた。

南丹市の法律相談では時にボウズ(相談者が0)になることもあるのだが、この日は幸い法律相談の予約があった。

法律相談の内容別では、正確に統計を取ったことはないが、離婚、相続に関する法律相談が一番多いのではないか。

この日の法律相談も相続に関するものだった。

いつも寒い廊下で受付をしてくれている係員の方、お世話になりました。

 

南丹市国際交流センター

 

さて今回は法律相談時間を有効に使うポイントをご紹介したい。

 

法律相談の時間は、弁護士会主催の法律相談、法律事務所での法律相談とも30分で5000円(消費税込みだと5500円)とされていることが多い。

次の法律相談の予約が入っていなかったり、弁護士の予定が空いていると法律相談時間の延長にも応じてもらえる場合もあるが、その場合でも基本的には延長した時間に応じた法律相談料を支払う必要がある。

それでは、どのような準備をすれば限られた法律相談時間を有効に使えるのか、紹介したいと思う。

 

1 相談内容を時系列順に書き出してくる。

弁護士は法律相談を行う際、まず把握したいのが何が起こったのか、という事実である。

相談者の意向に沿った事件解決のためのアドバイスをするためにも、まずは事実を聞き出したいと思っているのである。

事実が把握できていない場合、的確なアドバイスができないばかりではなく、時に誤ったアドバイスをしてしまうことになる。

ところが、事前の準備なく何が起こったのかを説明しようとすると、どうしても自分の事件に対する思い込みバイアスとなって正確な説明ができなかったりする。

そこで、何が起こったのか、できれば時系列に従って書き出してくると事件の説明が容易となり、結果として弁護士が短時間で正確に事件の内容を把握することができる。

具体的には、離婚事件の場合、何時婚姻したのか、子どもがいる場合その子供は何時生まれたのか、何時離婚の原因となる事実(不貞行為など)が発生したのか、その後にどのような話し合いが行われたのか、現在別居しているのか同居しているのか等を書き出してくれば法律相談時間を有効に使うことができる。

 

2 相続の相談では相続関係図(被相続人と相続人の関係)を作成しておく

相続に関する法律相談を数多く受けている弁護士の場合、口頭の説明でも被相続人と相談者との関係などを理解することができる。

それでも相続関係図があったほうがより短時間でより正確な事実関係の把握ができる。

相続関係図を作るさいは、被相続人を中心として作成すると全体としたバランスの良い関係図を作成することができる。

また、関係者の生年月日、亡くなった日を併せて記載しておくとより有用な関係図となる。

 

3 相手方の主張も併せて説明する

法律に関するトラブルの原因は関係者双方に認められることもある。

そこで自らの主張ばかりではなく、相手方がどのような主張をしているのか、その主張の根拠は何なのかも併せて説明する。

こうしたことで争点が何であるのかの把握が容易となる。

 

できる範囲内でこうした準備をしておけば短い法律相談時間をより有効に活用することができる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オールワン法律会計事務所の法律相談は、1時間で5500円(消費税込)です。

👉https://allone-law-acc.com/inquiry

オールワンへの
お問い合わせ・ご相談予約