ブログ

【離婚】離婚裁判@山口家庭裁判所2

他方、離婚裁判は、他の民事裁判と同様、原則として原告と被告の主張は準備書面等の書面に整理されて裁判所に提出される。

 

裁判期日(弁論期日、弁論準備期日等)では予め提出していた準備書面を陳述し(実際に陳述するわけではなく、裁判官から陳述しますねと聞かれて「はい」と答えるだけ)、これも予め提出していた証拠を裁判官、原告、被告で確認し、今後の進行について協議する。

したがって事件によっては一回の期日が5分、10分程度で期日が終了することも珍しくない。

 

弁護士にとっても時間が取られないので助かる。

(もちろん準備書面や書証の作成には時間を要する)

 

この日の手続きは「弁論準備手続」。

弁論準備手続とは、争点や証拠の整理を目的として公開の法廷で行われる口頭弁論とは別の手続きである。

非公開であるが、当事者双方の立会いが保障され、裁判所が適当と認めた者や当事者が求めた者が傍聴を許される。

ラウンドテーブルを挟んで裁判官と代理人弁護士が正に争点等をざっくばらんに話し合う手続きである。

裁判官も事件に対する心証を話してくれるので、その内容によっては訴訟方針を変更、修正できる弁護士にとってありがたい手続きである。

この日も原告、被告双方の代理人弁護士が提出していた準備書面を陳述し、提出した証拠の原本を裁判官、双方代理人弁護士で確認し、裁判官から法的な争点に対する指摘がなされ、今後の進行について協議がなされた。

 

弁論準備手続が終わったのは弁論準備室に入ってから15分ほど経ってから。

裁判官退席の後、相手方の代理人弁護士と今後の進行について簡単に打ち合わせをする。

この弁護士同士の打合せ、中には相手の弁護士と口裏を合わせているのではないかと勘ぐる依頼者も時おりいるので気を遣う。

自分の場合、相手方弁護士と打ち合わせをした場合、依頼者にその内容を伝えるようにしている。

この日は相手方の弁護士と5分ほど打ち合わせた後、山口家裁を後にした。

 

 

その他の離婚問題については

👉離婚問題

オールワンへの
お問い合わせ・ご相談予約