ブログ

弁護士・税理士の相続・事業承継セミナー@大阪府高石市 生前贈与の有無と開示請求書

相続セミナーの講師を務めるため、大阪府高石市に行ってきた。

 

相続セミナーでは、トラブルになりやすい遺言作成の紹介、孫に対する生前贈与のポイントなどを90分ほど紹介した。

 

主催の三菱UFJ銀行羽衣支店の皆さん、関係者の皆さん、お世話になりありがとうございました。

 

 

さて今回は、生前贈与の有無の調査について紹介したいと思う。

 

今年の5月にリリースされた国税庁の「平成30年分の所得税等、消費税及び贈与税の確定申告状況等について (報道発表資料) 」に拠れば、贈与税の申告人員は49万4000人で、そのうち申告納税額がある者は36万人、申告納税額は2788億円である。

 

被相続人から相続人に対する生前贈与は、相続税の申告において生前贈与加算の対象となったり、あるいは特別受益として相続財産に加算の上で遺産分割を行う必要があるなど、その有無の調査は必須である。

 

さらには、平成25年の税制改正により、平成27年より20歳以上の孫に対しても相続時精算課税制度が適用されることになった。

 

相続時精算課税制度を利用した孫への生前贈与は、贈与者の相続時に、被相続人である贈与者から孫への遺贈として相続税を計算するため、やはりその有無の調査は必須である。

 

こうした場合に利用することになるのが開示請求書である。

 

参考

相続税法49条1項

相続又は遺贈により財産を取得した者は、当該相続又は遺贈により財産を取得した他の者がある場合には、当該被相続人に係る相続税の期限内申告書、期限後申告書若しくは修正申告書の提出又は国税通則法23条1項(更正の請求)の規定による更正の請求に必要となるときに限り、他の共同相続人等が当該被相続人から当該相続の開始前三年以内に取得した財産又は他の共同相続人等が当該被相続人から取得した第21条の9第3項の規定の適用を受けた財産に係る贈与税の申告書に記載された贈与税の課税価格の合計額について、政令で定めるところにより、当該相続に係る被相続人の死亡の時における住所地その他の政令で定める場所の所轄税務署長に開示の請求をすることができる。

 

この開示請求制度は、相続税の申告等をしようとする者が、他の相続人等が被相続人から受けた①相続開始前3年以内の贈与、又は②相続時精算課税制度適用分の贈与に係る贈与税の課税価格の合計額について、税務署長に開示を請求する手続きである。

 

贈与税の申告と納税は、贈与をした翌年の2月1日から3月15日までである。

 

したがって、開示請求手続きは、相続が開始した年の3月16日以降に行うことになる。

 

手続に必要な書類は次のとおりである。

 

① 全部分割の場合は、遺産分割協議書の写し

② 遺言書がある場合は、開示請求者及び開示対象者に対する遺言書の写し

③ 上記以外の場合は、開示請求者及び開示対象者に係る戸籍謄(抄)本

 

詳しくは、国税庁のホームページ

👉贈与税の申告内容の開示請求手続

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

京都・滋賀・大阪・奈良での相続に関する遺産分割協議、遺産分割調停、遺産分割審判に関する法律相談、自筆証書遺言・公正証書遺言作成の法律相談、相続税申告に関する相談は弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士・税理士までご連絡ください。

オールワンへの
お問い合わせ・ご相談予約