ブログ

京都の弁護士が出会った駅弁531 モー太郎弁当@松阪駅

【駅弁のあら竹 モー太郎弁当】 松阪駅・新竹商店売店で購入(1500円)

 

 

松阪駅、新竹商店の駅弁シリーズ第2弾。

 

今回は、これまで阪神百貨店の駅弁大会(阪神の有名駅弁とうまいもんまつり)で何度か購入したことがある「モー太郎弁当」である。

 

掛け紙がかぶせてあると分かりにくいが、駅弁の容器はそれなりにインパクトがある。

 

小さな子供が夜見ると泣き出すかもしれない迫力、である。

 

 

中身は、黒毛和牛と土生姜を使ったすき焼きがご飯の上にドーンとのっていて、こちらも迫力満点。

 

そして、ふたを開けると童謡の「ふるさと」のメロディーが流れる仕掛けになっている。

 

ただ、子どもはとも角、大人は一度聴いたらもう十分で、何度もふたを閉めたり開けたりして「ふるさと」を聞き直すことはまず、ない。

 

 

お味の方は黒毛和牛を使っているというだけあり、旨い!と言い切れる。

 

1500円は駅弁の中でも少しお高めだが、それだけのお値打ちはあると思う。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

病院・診療所の医療に関する法律相談、医療スタッフの労働問題に関する法律相談、医業承継に関する法律相談は京都弁護士会所属の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士・税理士までご連絡ください。

オールワンへの
お問い合わせ・ご相談予約