ブログ

vol575 オーナー経営はなぜ強いのか?/藤田勉 幸田博人

【オーナー経営はなぜ強いのか? 企業を成長させるコーポレートガバナンス戦略】

藤田勉 幸田博人 2018年 中央経済社

 

「近年、日本では、コーポレートガバナンス改革が積極的に実施されている。しかし、日本のガバナンス改革は道半ばである。」

「世界的な企業と比較すると、依然として、日本企業の成長力や収益力は低い。また、談合やデータ改ざんなどの不祥事が後を絶たない。」

(本書「まえがき」より。)

 

本書では、日本の経済不振の原因の一つとしてベンチャーが成長できていないことを指摘する。

本書では、世界的に株価上昇率が圧倒的に高いオーナー系企業やベンチャー企業のガバナンスの分析を通して、企業成長のカギ、日本経済復活のための戦略が提言されている。

文中では数多くの論文や研究者のレポートが紹介、そして引用されていて、非常に興味深い。

 

また、日本企業の成り立ちなども紹介されており、大変参考になった一冊である。

オールワンへの
お問い合わせ・ご相談予約