ブログ

ご当地B級グルメ377 海軍和牛ビーフカツカレー/赤れんがカフェジャズ@京都・舞鶴市

京都府の北部、舞鶴市のお客様を訪問した帰り、赤れんがパークに寄ってみた。

 

赤れんがパークのホームページによると、

 

「舞鶴市には,1901年(明治34年)の旧海軍舞鶴鎮守府の開庁以降、明治期から大正期にかけて建設された赤れんが建造物が、数多く残っています。」

 

 

「なかでも北吸地区の赤れんが倉庫群は、全12棟のうち8棟が国の重要文化財に指定されるなど、わが国でも有数の歴史的価値の高い赤れんがの建築群です。」

 

とのことである。

https://www.akarenga-park.com/about.html

 

 

歴史的価値の高い赤れんがの建築群」なので、ありがたく見学させてもらう。

 

どこまでも同じような赤れんがの建物。

 

なんとか興味を持とうと頑張ってみるが、10分ほど見学すると見るところがなくなった。

 

そこで昼食である。

 

 

行ってきたのは「赤れんがカフェ ジャズ」。

 

メニューをしばらく眺めて、せっかくなので海軍鎮守府がおかれていた舞鶴市に敬意を表して「海軍」和牛ビーフカツレツを注文。

 

お値段1300円。

 

注文してから10分ほどで料理が運ばれてくる。

 

 

前回紹介した長州チキンカツレツの「長州」同様、どの部分が「海軍」なのかは分からない。

 

旧日本海軍では牛肉をつかったカツレツがよく食べられていた、ということなのか。

 

で、食べてみると普通のメンチカツの味がする・・・

 

舌の肥えた人ならもう少しマシなコメントができそうであるが、自分の場合はどうしてもメンチカツの味なのである。

 

 

海軍和牛ビールカツカレーを食べ終え、赤れんがパークを後にして最寄りの東舞鶴駅まで歩いて戻る。

 

時間になってやってきた特急まいづる号に乗って京都に戻った。

 

オールワンへの
お問い合わせ・ご相談予約