ブログ

弁護士の書評115冊目 筆跡鑑定入門

京都弁護士会の弁護士小沢一郎です。

今回は、遺言の偽造などで問題となる筆跡鑑定に関する著作です。

【筆跡鑑定入門】魚住和晃 2013年 芸術新聞社

DSC05634

著者は、本書の初めで次のようなことを述べています。

要旨、遺言は公正証書遺言が間違いないといわれる。

しかし、公正証書遺言が作成された日時より後の日付の自筆証書遺言が出てくると自筆証書遺言が優先する。

しっかりしているときに公正証書遺言を作成しても、判断能力が低下した後に悪意のある相続人によって自筆証書遺言を書かされたり偽造されたりすると公正証書遺言を作ったことが全く無駄になってしまう云々。

判断能力(遺言能力)がない人が作成した遺言は無効です。

相続人が遺言を偽造した場合、遺言が無効になるだけではなく、遺言を偽造した相続人は相続欠格に該当します。

ただ、いずれの場合も、遺言が無効であることを主張する相続人が、遺言作成者に遺言能力がなかったこと、遺言が偽造されたものであることを立証することは困難です。

筆跡鑑定は、遺言が無効(有効)であることを主張する相続人にとって有力な立証方法の一つです。

ただ、通常は筆跡鑑定で全てが決まるものではありません。

さらには、筆跡鑑定を依頼したことが吉と出るか凶と出るか、結果が出るまで分かりません。

このように悩ましい筆跡鑑定ですが、弁護士としては本書のような書籍で定期的に最新の筆跡鑑定に関する知識をブラッシュアップして、依頼者の期待に可能な限り応えていく必要があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

京都・大阪・滋賀・奈良の相続(遺産分割・遺言作成)・事業承継の法律相談、離婚(養育費・親権)の法律相談は京都四条烏丸の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

オールワンへの
お問い合わせ・ご相談予約