ブログ

京都の弁護士が出会った駅弁53 宮城牛肉ひとめぼれ@東京駅

 今回紹介する駅弁は最近はやりの即席加熱方式を採用したものです。

 

本来駅弁は、ごく一部の例外を除いて冷えても美味しく頂ける食材を使ったものが大半でした。

 

必然、獣肉関係は冷えると食感や味が劣るため、どうしても駅弁の食材としては見劣りしていました。

 

少なくとも駅弁の中では冷えても美味しく頂ける魚関連の食材(蒲鉾を含む)が幅を利かせていました。

 

ところが、即席加熱方式が駅弁に採り入れられてから、獣肉関係の食材も十分美味しく頂けるようになりました。

 

そこで今回ご紹介する駅弁です。

 

【こばやし 宮城牛肉ひとめぼれ】

2012年12月24日 東京駅・駅弁屋祭で購入(1000円)

 

名は体を表すのとおり食材がそのまま駅弁の名前になっています。

 

牛蒡などの食材も使用されていますが、宮城牛を使用した牛丼です。

 

牛丼で1000円は高いのではないか、と思われるところですが、ブランド牛とブランド米を使用し、移動しながら温かな駅弁を食することができるので、こうした批判はあたらないと思います。

 

唯一難点をいえば、加熱装置を作動する際(駅弁容器の底部についているヒモを引くだけですが)、思いのほか大量の水蒸気があがりますので要注意です。

 

私の場合、京都に帰る新幹線で食しましたが、運悪く隣席の乗客に加熱中ずっと水蒸気が流れ随分と気まずい思いをしました。

 

できれば隣席が空席の時に加熱することをお勧めします。

 

IMG_0586 IMG_0587

 

女性弁護士が女性の離婚にまつわる悩みに対応します。離婚届出書にサインする前に、オールワン法律会計事務所の弁護士にご相談ください。

オールワンへの
お問い合わせ・ご相談予約