ブログ

TOP > ブログ

2014年9月

京都・木津川サイクリングロードでサイクリング(弁護士小沢一郎)

2014年09月30日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

秋分の日の9月23日、京都の嵐山と木津を結ぶサイクリングロードをシクロクロスで走ってきました。サイクリングロードの正式名称は八幡木津自転車道線です。以前は毎週末のように嵐山から木津まで走っていましたが、最近の週末は京都市内のランやトレッキングばかりで、数カ月ぶりのサイクリングです。

この日は快晴で、絶好のサイクリング日和です。サイクリングロードは、ソロやグループでサイクリングを楽しむ人たちでいっぱいです。京都は周りを山に囲まれているので、全行程が平坦なサイクリングコースは貴重です。

DSC02701

嵐山からしばらくは、桂川に沿って走ります。嵐山を出発して50分ほど走ると、木津川との合流点に到着です。八幡市にある桂川と木津川の中州は、公園に整備されており、河原でバーベキューを楽しむグループもいます。この公園で最初の休憩です。

DSC02702

八幡市の公園を出て15分ほど走ると通称「流れ橋」にさしかかります。流れ橋は昔ながらの木の橋で、時々時代劇の撮影に使われたりしていました。「流れ」橋の名前は、川の増水の度ごとに橋板が流されてしまうことに由来します。8月に京都に襲来した台風11号により、また橋板が流失してしまい、現在は無残な姿になっています。

DSC02703 DSC02704

流れ橋を過ぎると茶畑が目につくようになります。この茶畑で摘まれる茶葉が、京都が誇る宇治茶になります。

DSC02705

この日は気温も高く、まだまだ夏本番といった陽気でしたが、田んぼの畔では彼岸花が満開になっていました。

DSC02706

流れ橋を出た後は、ひたすらペダルを踏んで木津を目指します。嵐山周辺ではたくさん見かけたサイクリングを楽しむ人たちも、木津に近くなるに従い人数が減ってきました。

DSC02708

嵐山を出て2時間10分でゴールの木津に到着です。嵐山から45キロの行程でした。ゴール地点は、国道24号線の泉大橋のたもとにあり、サイクリングロードの起点標以外に何もありません。一方の起点である京都随一の観光地の嵐山と対照的です。

DSC02709 DSC02710

嵐山への復路は、往路と全く同じルートを走りました。嵐山に到着したのが出発してから4時間30分後、全行程90キロのサイクリングでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、離婚の法律相談、借金の法律相談は京都市営地下鉄四条駅・阪急京都線烏丸駅直結の京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

弁護士小沢一郎(京都弁護士会)の相続遺言セミナー14.64【大阪 千里中央編】

2014年09月29日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

9月22日は、京都から大阪の千里中央に相続遺言セミナーの弁護士講師の仕事に出かけてきました。今年64回目の相続遺言セミナーの弁護士講師のご依頼でした。

この日は午前中、大阪市内で私がメンバーを務める相続支援の匠の打合せでした。以前ご紹介しましたが、相続支援の匠とは、弁護士、税理士、司法書士などが相続問題をワンストップで解決するために組織された団体です。現在、一般社団法人化の準備を進めており、形だけですが私が代表に就任する予定です。

午前中に相続支援の匠の打合せを終え、大阪市営地下鉄御堂筋線で相続遺言セミナーの会場のある千里中央を目指します。この日は大阪市営地下鉄の最新鋭車両30000系に乗車することができました。

DSC02698 DSC02699

9月も後半になったとはいえ、この日の大阪は快晴で気温も30度ほどあり、日向を歩くとまだまだ汗ばむ陽気でした。

DSC02700

この日の相続遺言セミナーは、「争族を防ぐー円満な相続のために知っておきたい法律知識」と題して、相続に関する基本的な法律知識や、遺言作成の基本などを約90分にわたって弁護士の立場で解説しました。参加されたお客様は少なかったですが、多くの方からご質問が出るなど、盛会でした。相続遺言セミナー終了後は、何時ものようにセミナーに参加された方からの相続に関する個別の法律相談に対応して会場を後にしました。

10月、そして特に11月、12月は既に連日、相続遺言セミナーの弁護士講師のご依頼をいただいています。体調管理を万全にして、これからの相続遺言セミナーのご依頼に応えていきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、遺言の法律相談、相続税の法律相談は京都・四条烏丸、京都市営地下鉄四条駅直結の京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

京都の弁護士が出会った駅弁vol.218【元祖たこめし 岡山駅】

2014年09月28日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

今回は、相続遺言セミナーの弁護士講師の仕事で京都から岡山に行った帰り、岡山駅で出会った駅弁のご紹介です。

【浜吉 元祖たこめし】

2014年8月21日 岡山駅・新幹線改札内駅弁当売場で購入(980円)

東京駅の駅弁屋祭さん程ではないにせよ、岡山駅・新幹線改札内の駅弁当売場も結構インパクトがあります。目を引くのが、ドンキが駅弁販売を始めたのかと見紛う立体・雑然陳列です。狭い販売スペースを最大限活用しています。見ていて楽しく、目移りがしてなかなか駅弁を選ぶことができません。

DSC02499

色々な駅弁の中から、今回は浜吉さんの駅弁を選びました。岡山といえば三好野本店さんが有名で、店頭に並ぶ駅弁のほとんどが三好野さんのものです。今回は三好野さんの駅弁は1回休憩にして、久しぶりの浜吉さんの駅弁です。

DSC02501

今回の駅弁はたこ飯です。たこは、山陽地方の駅弁では、アナゴに次いでよくつかわれる食材と思われます。岡山駅以外でも広島の三原や福山、兵庫の神戸などでもたこ飯が駅弁とした販売されています。

駅弁の中身は、味付けご飯の上に、たこうま煮、錦糸玉子、うずら玉子、えび煮、たけのこ煮、しいたけ煮とシバ漬がのっています。

DSC02503

見た目ほど味付けは濃くなく、むしろあっさりとした味付けでした。「元祖」を名乗るだけあり、どれも美味しくいただけました。ご馳走様でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、離婚の法律相談、借金の法律相談は京都・四条烏丸、阪急京都線烏丸駅直結の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士にお任せ下さい。

京都・西山トレール2(弁護士小沢一郎)

2014年09月27日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

前回に続いて京都の西山にトレッキングに行ってきたお話です。

京都・西山のトレールルートは、阪急嵐山駅近く、月極め駐車場横の路地のような細道がスタートです。細道を進むとやがて竹林に分け入る道になります。DSC02689

最初はなだらかな道も、しばらく進むと勾配が急になってきます。

DSC02690

ただ、その急勾配の道も長くは続かず、15分も歩くと再びなだらかな勾配になります。この辺りから展望が開けてきます。写真の真ん中に写っているのは嵐山の渡月橋です。

IMG_1795

さらに進むと、トレールルートから嵐山城址に分岐するポイントにさしかかります。京都の嵐山にお城があったこと自体、地元の私も知りませんでした。せっかくですから嵐山城址を目指して脇道を進みます。分岐点から15分ほど歩くと手書きの「嵐山城址」の看板が見つかりました。ただ、その辺りには何か遺構のようなものがあるわけではなく、少し開けた山林に過ぎません。

IMG_1796 IMG_1798

この嵐山城址を過ぎてトレールルートとの分岐点に戻る途中に松尾山のピークを通ることになります。標高276m、小山といった高さでしょうか。

IMG_1799

分岐点まで戻り、再び西山のトレールルートを苔寺目指して進みます。トレールルートの所々には嵐山見渡すことのできるポイントがあります。

IMG_1797

トレールルートをさらに進むと、やがて京都市内を一望できるポイントにさしかかります。山上から一望すると、京都が山々に囲まれた盆地であることがよく分かります。遠くには京都駅前の京都タワーも眺めることができます。

DSC02691 DSC02692

嵐山駅そばの入山口からスタートして約1時間半ほどで苔寺(西芳寺)の横に到着しました。スタート直後に少しだけ急な勾配があるほかは、全体として歩きやすいルートになっています。京都の西山は、トレッキング初心者でも気軽に歩けるルートでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、離婚の保率相談、借金の法律相談、交通事故の法律相談は京都市営地下鉄四条駅・阪急京都線烏丸駅直結の京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

京都・西山トレール1(弁護士小沢一郎)

2014年09月26日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

先週末に京都の西山にトレッキングに行ってきました。今回はそのご報告です。

私が京都のトレッキングに出かけるときに参考にするのが淡交社の「京の絶景と名所旧跡めぐり」です。タイトルにあるように京都近郊のトレッキングコースを写真入りで分かりやすく解説しています。同書によれば、京都・西山のトレッキングルートの起点は阪急の嵐山駅です。とりあえず嵐山駅を目指して歩き始めます。松尾橋付近では、この日もバーベキューを楽しむ京都市民で大混雑です。

DSC02681

桂川沿いのサイクリングロードを嵐山を目指して歩くと、野球グランドに遭遇します。広々としたグランドでは少年野球の子供たちが愛宕山を背景に練習に励んでいます。

DSC02682

この桂川沿いのサイクリングロードは、嵐山と京都府南部の木津市、片道40キロほどを結んでいます。このため、京都市のローディー(ロードレーサーを愛好する自転車好きの人)の格好のサイクリングコースになっています。

DSC02683

阪急の嵐山駅は、阪急京都線の桂駅から分岐する嵐山駅までの単線です。京都随一の観光地の嵐山の玄関口だけあり、休日ともなると嵐山駅は大変な混雑です。

DSC02684

今回ご紹介する京都・西山のトレッキングコースの入口を目指し、嵐山駅の改札を出て左手(西方向)に進みます。進行方向左手のタクシー会社が目印です。

DSC02685

タクシー会社の前を通り、そのまま突き当りまで進むと簡易チェアに座った男性に行きあたります。実はこの突き当りを右折するルートは、車1台程度しか通れない道幅にも関わらず京都市営バス、京都バスが嵐山観光のお客様を乗せて頻繁に行き来します。そこで、この男性はバスが接近すると、渡月橋付近で待機する同僚に無線で連絡し、バスや京都の観光客の侵入を一時停止してもらう役割を担っています。

DSC02686

この突き当りを左折すると、すぐ右手に月極め駐車場が出てきます。京都一周・西山のトレッキングルートは、この月極め駐車場横の脇道がスタートです。初めて京都西山のトレッキングの挑戦される方の最初の関門が、この路地のような入山口を見つけられるか否かにかかっています。

DSC02687 DSC02688

さて、京都、西山のトレッキングルートのいよいよ出発です。ここから苔寺までの山道が京都のトレッキングルートに指定されています。

この続きは改めて本ブログでご紹介したいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、離婚の法律相談、交通事故の法律と相談は京都・四条烏丸の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京尾弁護士会)にお任せ下さい。

弁護士小沢一郎の読書感想文.31冊目【遺言の「落とし穴」 灰谷健司】

2014年09月25日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

今回ご紹介するのは、遺言にまつわるトラブル事例を紹介する中で、遺言作成のポイントを分かりやすく解説した書籍です。

【遺言の「落とし穴」】灰谷健司 角川新書 2013年

DSC02558

著者は、大手信託銀行の執行役員をされていました。「いました」と過去形になるのは、先日著者がご逝去されたためです。生前の著者は、信託銀行での業務にとどまらず、相続問題に関する執筆や講演活動、テレビ出演などをこなされていたのでご存じの方も多いと思います。最近、私は著者の信託銀行から相続遺言セミナーの弁護士講師の依頼を受けることが多くなり、たまたま訪問した信託銀行の支店で本書をいただきました。

本書は、タイトルにあるように遺言に関するトラブル事例を通じて遺言作成のポイントを分かりやすく解説しています。弁護士の立場で本書を読んでみても、遺言作成のポイントをこれだけ分かりやすく解説した書籍はあまりお目にかかったことがないと思います。

また、内容も「吉日と書かれた遺言」、「遺言は誰が書いた?」、「ペットに財産を残せるのか?」、「財産を渡す予定の人が先に亡くなった場合」、「遺言が見つからない」など、初めて遺言に関する書籍を手にする人も、興味深く最後まで読めるように工夫されています。実際、私は京都から東京に向かう新幹線の中で一気呵成に読了することができました。

弁護士の私が読んでも参考になるお話が多数ありました。また、これから遺言を作成しようと思う人などは、最初に本書を読むとその後の遺言作成がスムーズに行くこと請け合いです。大変参考になった1冊でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、遺言の法律相談、相続税の法律相談は京都・四条烏丸、京都市営地下鉄四条駅直結の京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

京都の弁護士が出会った駅弁vol.217【七つ街道めぐり長崎街道 博多駅】

2014年09月24日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

前回に続いて相続対策、相続税対策の弁護士講師の仕事で京都から福岡に出張した帰り、博多駅で出会った駅弁のご紹介です。

【中央軒 七つ街道めぐり 長崎街道】

2014年8月9日 博多駅・駅弁当で購入(930円)

駅弁とは直接関係ありませんが、最近、また寂しいニュースが流れました。JR西日本で在来線のサンダーバード号としらさぎ号の車内販売が中止になったというものです。理由は、端的に言って採算が取れないということでしょう。

確かに、車内販売のニーズは一昔前に比べて激減していると思います。そもそも移動時間の短縮により車内で飲食する機会が減りました。お腹が空いても少し我慢すれば到着した駅で飲食することができますし、事前にコンビニで買った弁当などを車内に持ち込むこともできます。また、車内販売で売られている幕の内弁当の値段は1000円前後ものが多く、コンビニ弁当の2倍程度します。出張などで少しでも安いビジネスホテルを探すサラリーマンが、コンビニ弁当の2倍の値段の幕の内弁当を車内販売で求めることはあまり期待できません。

車内販売では駅弁やお茶以外にも地方の特産品を販売していますが、あまり利用されている様子はありません。こうした特産品も普通は乗車前に駅専門店などで十分吟味して購入済みの人が多いのでしょう。

値段ではコンビニ弁当に太刀打ちできない駅弁ですが、将来性がないのかといえば私はそうは思いません。このブログに度々登場する東京駅の駅弁屋祭さんなどは何時行っても満員です。夜8時を過ぎて駅弁屋祭さんに行くと主だった駅弁は何時も売り切れになっている大人気店です。

駅弁屋祭さんの人気の秘密は、何といっても日本全国の駅弁が並べられている品ぞろえの豊富さでしょう。以前、ご当地に行く以外に地方の駅弁を食べようとすると、年に1度開催される京王デパートや阪神デパートの駅弁大会で行列をして求めるしかありませんでした。ところが、駅弁屋祭さんができて東京駅で何時でも地方の珍しい駅弁に出会うことができるようになりました。駅弁屋祭さんの成功を見ていると、やはり地方の珍しい駅弁であれば少しくらい高くても買ってみようと思う人が結構いることが分かります。

車内販売のお話に戻りますが、車内販売でもありきたりな幕の内弁当ではなく、地方色豊かな駅弁の販売を全面的に押し出して販売するべきだと思います。ワゴン販売の性質上、何十種類という駅弁を販売することはできませんから、名物駅弁を5.6種類くらいに絞って販売するのです。誰も買わないような土産物の販売をやめればこの程度の種類の駅弁をワゴンに乗せることは十分に可能です。さらに車内販売では売り子さん聞くまで物の値段が分からないため、駅弁がいくらするのか不安に思う方も多いと思います。そこで、車内放送で、車内販売している名物駅弁の名前と値段を案内するべきです。さらに採算を考えるのであれば、お昼と夕方、駅弁が売れそうな時間に限って車内販売を実施すればよいと思います。こうした工夫をすれば車内販売の復活も夢ではないと思います。

ずい分車内販売のお話が長くなりましたが、今回の駅弁は博多駅の駅弁当さんで購入しました。駅弁屋祭さんほどではありませんが、九州各地の名物駅弁が販売されています。

DSC02461

駅弁の中身は、かしわめし、焼鮭、煮えび、二色団子、和牛味噌焼、小芋巾着、おくら、もみじ麩、豚角煮、南瓜・筍・蒟蒻・椎茸の煮物、しゅうまい、蓮根煮、うみたけ粕漬、羊羹アマレットかけ、びわ、チェリー、はじかみと、博多から長崎にかけての街道筋に所縁のある品々です。

DSC02472

これだけ地方の特産品を集めてあれば930円の値段にも納得です。どれも美味しくいただくことができました。ご馳走様でした。

DSC02471 DSC02473

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、相続税の法律相談、遺言の法律相談、遺産分割の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

京都の弁護士が出会った駅弁vol.216【かしわ飯(復刻版) 博多駅】

2014年09月23日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

今回は、京都から福岡に相続対策・相続税対策の弁護士講師の仕事に行った帰り、博多駅で出会った駅弁のご紹介です。

【中央軒 かしわ飯(復刻版)】

2014年8月9日 博多駅・駅弁当で購入(720円)

博多駅の筑紫口と博多口を結ぶ中央コンコースに今回の駅弁を購入した駅弁当があります。立地がよく、また九州の地元の駅弁を幅広く扱っているので、京都に帰る新幹線に乗車する前によく利用する駅弁当屋さんです。今回の駅弁も駅弁当で購入しました。

DSC02460

購入した駅弁は、かしわ飯(復刻版)です。ご存じの方も多いと思いますが、九州はかしわ飯の駅弁が結構販売されています。今までに「京都の弁護士が出会った駅弁」でご紹介したものの中にも、東筑軒の「折尾のかしわめし」、宮崎の西都城駅前にあるお店まで買いに行ったせとやま弁当の「かしわめし」などがあります。

そのほかにも北九州駅弁さんもかしわ飯を販売していますが、今回は鳥栖駅前で創業した中央軒さんのかしわ飯のご紹介です。中央軒さんのHPによれば、「大正2年、当社の前身である「光和軒」の創業者、神武紀之絵によって考案、発売された、日本で最初の鶏めし駅弁です」とのことです。

中央軒さんのかしわ飯の掛け紙は復刻版のものでした。私は駅弁の掛け紙を収集しているので、こうした復刻版の掛け紙や凝ったデザインの掛け紙に出会うと思わずにんまりしてしまいます。

DSC02468

駅弁の中身ですが、かしわの出汁で炊いたご飯の上に刻み海苔、錦糸玉子、かしわがのり、付け合わせは大根・人参の焼酎漬と海苔の佃煮がのっています。見た目は折尾のかしわめしとほぼ同じでしょうか。メインのかしわとその出汁で炊いたかしわ飯はかなり甘みの味付けです。かしわの味は、小倉駅のホームで立ち食いで食べるかしわうどんと同じ味付けです。量は少し少なめで、大人の男性が完食して腹八分目といったところでしょうか。もっとも、この内容で720円はお買い得だと思います。

DSC02469

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、離婚の法律相談、借金の法律相談は京都・四条烏丸、阪急京都線烏丸駅直結の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

京都 高尾・錦雲渓トレッキング3(弁護士小沢一郎)

2014年09月22日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

先週末に京都の高尾、錦雲渓にトレッキングに行ってきたお話の最終回です。

JRバスの槇ノ尾バス停を通り過ぎ、京都一周トレイルのコースに入りしばらく歩くと指月橋(しげつきょう)が見えてきます。この辺りは京都屈指の紅葉の名所です。この指月橋を渡ると西明寺(さいみょうじ)ですが、今回は指月橋を眺めるだけにして先を急ぎます。

DSC02658

指月橋を過ぎ、あとは清滝川の川沿いを、保津川の合流点に向かい歩きます。しばらく歩くと小さなダムがありました。一応ダムの横に魚道が整備されていましたが、本当にこんな魚道で魚が遡行できるのでしょうか。

DSC02659

清滝川に沿った京都一周トレッキングルートは、時々ガレ場のようなところがありますが、よく整備されていています。行き交う人もあまりなく、考え事をしながら歩くのにもってこいです。

DSC02660

京都の銘木、北山杉の木立の中を進みます。ちょっとした森林浴ができます。

DSC02661

北山杉の木立を抜けると、潜没橋(せんぼつきょう)です。清滝川が増水すると通行止めになりますが、この日はもちろん通ることができました。

DSC02662

コースのところどころでは、清滝川に流れ込む小さな滝をみることができます。

DSC02663

改めて京都は小さくまとまったいい町だと思います。町の中心からバスで1時間ほどで、これだけ自然が豊かなトレッキングコースがあります。

DSC02664 DSC02665

高尾から1時間ほど歩いて愛宕山の登山道との合流地点に到着しました。

DSC02666

試峠(こころみとうげ)を超えて旧愛宕街道を下っていきます。勾配が急な試峠のピークには、登り側と下り側が反対からくる車を見通せるように上にカーブミラーが設置されています。

DSC02667

鳥居本の平野屋さんの横を通り、旧愛宕街道を進みます。

DSC02669

この日も家族へのお土産に森嘉の豆腐を求めることにしました。私が京都で気に入っている豆腐屋の一つです。目当ての辛子豆腐は売り切れのため、この日の収穫は嵯峨豆腐と厚揚げ、計630円也でした。

DSC02670

この後、自宅に帰るため天龍寺の門前町を通りましたが、3連休の最終日とあって、嵐電の嵐山駅や渡月橋周辺は京都にきた観光客で大変な混雑でした。結局、この日は5時間かけて25㎞ほどをトレッキングしました。

DSC02671 DSC02672

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

離婚の法律相談、相続の法律相談、交通事故の法律相談、借金の法律相談は京都・四条烏丸、京都市営地下鉄四条駅直結、大丸京都店西隣の京都弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

京都 高尾・錦雲渓トレッキング2(弁護士小沢一郎)

2014年09月21日

京都弁護士会の京都の弁護士小沢一郎です。

週末の休みを利用して京都の高尾から錦雲渓を経て嵯峨野までトレッキングに行ってきたお話の続きです。

京都の太秦にある広隆寺を出て北に向かうと東映映画村があります。実際に時代劇なども撮影されているのでしょうが、地元の京都ではテーマパークとしてとして知られ、週末は京都内外から訪れる家族連れで混雑します。この日は開場前の時間のため、人影はまばらでした。

DSC02649 DSC02650

映画村を過ぎ、丸太町通を越えてしばらく歩くと国道162号線(京都市内では天神川通り)に合流します。今回は、この国道162号線を京都随一の紅葉の名所、高尾まで歩く予定です。国道162号線に合流してからすぐに福王子の交差点があります。角にある福王子神社には年始の参拝によく訪れます。過日、年始の参拝でくじを引くとなんと1番の大大吉でした。そしてその年に司法試験に合格しました。今となってはいい思い出です。

DSC02652

福王子の交差点から高尾に向かって国道162号線を延々と歩くことにします。しばらくはガードレールで歩道と車道が分離されていましたが、やがてガードレールもなくなり、白線で区分された路側帯を歩きます。京都市内から高尾に向かうこの道は、ドライブコースとして人気があるので結構な数の車がスピードを出して横を通り抜けます。

DSC02653

福王子の交差点を出て約1時間ほどで御経坂(みきょうざか)峠に到着です。JRバスを利用すれば京都駅からでも1時間弱で到着しますが、今日は全行程歩いたので自宅から約2時間半の行程でした。

DSC02654 DSC02655

御経坂峠を過ぎてしばらく歩くと、左に曲がる国道162号線と別れて集落を通る小路があります。国道をショートカットできるので、小路を歩くことにします。

DSC02656

小路を10分ほど歩くと、再度国道162号線と合流です。そのまま国道を歩き続け、JRバスの槇ノ尾バス停を過ぎるとやっと京都一周トレイルのコースに合流します。自宅を出てここまで約3時間ほどかかりました。

DSC02657

この続きは次回のブログでご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、離婚の法律相談、借金の法律相談、交通事故の法律相談は京都・四条烏丸、京都市営地下鉄四条駅直結の京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

京都 高尾・錦雲渓トレッキング1(弁護士小沢一郎)

2014年09月20日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

先週末の3連休の最終日、京都の高尾から清滝川を経て嵯峨野までのトレッキングに行ってきました。

自宅を出て松尾橋を渡り四条通を東に向かいます。京都の今年の夏は大雨、長雨が続き、桂川の水は何時も茶色く濁っている印象でしたが、9月に入り本来の水の色を取り戻したようです。

DSC02638

四条通を東に進むと、やがて四条通と梅宮大社の参道が交差します。梅宮大社の看板が設置されていますが、周りの景色に溶け込んでしまい、注意しないと見落としてしまいます。

DSC02639

最寄駅の松尾大社駅から少し距離があるせいか、京都観光の客も梅宮大社ではあまり見かけません。しかし、梅宮大社は境内の四季の花々が有名で、特に春の霧島つつじ、平戸つつじの美しさは格別です。京都観光の隠れた穴場です。

DSC02640 DSC02641

境内には一斗樽が奉納されています。また、梅宮大社のHPにはチョーヤ梅酒の「飲み比べ3品種授与開始」が掲載されています。よく知りませんが、松尾大社同様、梅宮大社もお酒の神様と縁があるのでしょうか。

DSC02642 DSC02643

梅宮大社の散策を終え、四条通をさらに東に進むと、梅津段町の手前で四条通と交差する川に行きあたります。その川沿いを太秦に向けて北に進みます。河岸ではすでに彼岸花が満開になっていました。

DSC02644

そのまま路地のような細い道を北に上がると、やがて太秦(うずまさ)と帷子ノ辻(かたびらのつじ)を結ぶ大映通り商店街となります。商店街の名前は、おそらくかつての大映京都撮影所に由来するのでしょうが、現在は少し寂れた商店街になっています。

DSC02645

大映通り商店街をそのまま東に向かうと、三条通と交差する太秦の交差点となります。太秦の交差点の北側には太秦広隆寺があります。京都の広隆寺といえばやはり国宝の弥勒菩薩像が有名ですが、

DSC02648

境内には講堂などの重要文化財クラスの建物が多数あります。この日は先を急ぐので境内を散策する程度にして弥勒菩薩像は次回のお楽しみにします。

DSC02646 DSC02647

この続きは次回のブログでご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、離婚の法律相談、交通事故の法律相談は京都・四条烏丸、京都市営地下鉄四条駅・阪急京都線烏丸駅直結の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

弁護士顧問先でオペラ鑑賞(弁護士小沢一郎)

2014年09月19日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

先日、弁護士顧問先のお客様の年に一度の社員総会に招待いただく機会がありました。今回はそのお話です。

その弁護士顧問先の会長は、オペラの公演に頻繁に足を運ぶにとどまらず、オペラの関連団体の役員を務めたりするなど、日本でのオペラの普及に力を尽くされています。当然、オペラ歌手とも親交が深く、社員総会には親交のある歌手の方々がゲストとしてオペラを上演します。昨年の社員総会には残念ながら所用で参加させていただくことができず(代わりに鈴木弁護士が参加させていただきました)、1年ぶりに満を持しての参加となりました。

当日は、中国のお取引先も多数参加されており、オペラが上演される前から日本語、中国語、そして英語が飛び交うほどの盛況でした。やがて開演時間になると、第一級のソプラノとバリトンがこれも第一級のピアノ奏者の伴奏に合わせて会場のホテルのバンケット狭しと朗々たる歌声を響かせます。私は会場のご厚意で舞台の前のテーブルに着座していたので、正に目の前でオペラが上演されています。それまではNHKのBS等でオペラを鑑賞したことしかない私の前で本物のオペラが上演されています。直に鑑賞するオペラは、それは素晴らしく、今までの「食べず嫌い」を大いに反省しました。

オペラを鑑賞後、これも弁護士顧問先の会長のご配慮によりオペラの出演者とテーブルをご一緒する機会に恵まれました。出演者の方々と実際のお話をしてみると、皆さん気さくな方々ばかりであっという間に時間が過ぎていきました。

貴重な体験をさせていただいた会長には多謝です。

DSC02557

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、事業承継の法律相談、相続税の法律相談、顧問弁護士のご相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

香川の弁護士顧問先訪問(弁護士小沢一郎)

2014年09月18日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

9月6日に京都から香川の弁護士顧問先のお客様を訪問しました。前回は鈴木弁護士が訪問しましたので、私が訪問するのは3か月ぶりです。

今回は高速バスを利用することにして、まずは高速バスが出発する京都駅に向かいます。弁護士事務所の最寄駅京都市営地下鉄四条駅から地下鉄に5分ほど乗車すると京都駅に到着です。

DSC02562

出発まで時間があったので、北側の烏丸口と南側の八条口を結ぶ連絡通路を散策します。案内所では開所する前から京都観光の外国人が列をつくっています。

DSC02563 DSC02566

そしてバスの出発時間です。京都から弁護士顧問先の最寄りのバス停まで約3時間半の乗車時間です。

DSC02567

新幹線同様、高速バスの中も電話がかかってきたりしないので仕事や読書に最適です。香川の弁護士顧問先に高速バスで行くときには何時も新しい本を1冊持参します。往復7時間あるので大抵の本は読了します。今回も黒川博行氏の単行本を1冊携帯しましたが、京都に帰るまでに読了できました。

3時間半かけて到着した高松道の津田の松原SAから瀬戸内海の眺めです。天気の良い時には相当遠くまで見通すことができます。

DSC02572 DSC02571

この津田の松原SAから弁護士顧問先のお客様のところには何時も歩いて向かいます。お客様からは車で迎えに行くといわれますが、高台にあるSAから瀬戸内海に向かって下りていく道は歩いていて爽快です。ただ、この日は低気圧が接近しており、猛烈な暑さと湿気で、歩き始めて5分もすると汗が噴き出してきます。津田の松原を模したと思われるマンホールも暑さで歪んで見えます。

DSC02573

弁護士顧問先の法人のお客様は、瀬戸内海に面した広大な敷地にモダンな社屋を設けられています。隣が海なので、お約束より少し早目に到着したときは何時も堤防の上で瀬戸内海を眺めています。この日は本当に蒸し暑く、堤防の上で日影を探して座るのが大変でした。堤防越しに津田の松原を見ることができます。

DSC02576

津田の松原の反対を眺めるとドルフィンセンターが見えます。イルカと遊べるということなので、今度家族でお邪魔した時にはぜひとも訪問したいと思います。

DSC02577

時間になったので弁護士顧問先のお客様を訪問です。国内外のお客様と手広くお取引されている企業様のため、契約書のドラフトのリーガルチェックだけでも結構な数です。仕事を終えた後は、何時ものように社長と常務との楽しい歓談の時間です。特に社長のお話は何時も本当に面白く、これは話芸と言ってもいい領域にあるとお話を聞くたびに思います。

今回も何とか弁護士顧問先様の訪問を終えることができました。ありがとうございました。

DSC02574

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会社法務の法律相談、相続・離婚・交通事故の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

弁護士小沢一郎の読書感想文.30冊目【貧乏はお金持ち 橘玲】

2014年09月17日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

今回は、サラリーマンからフリーエージェント(自営業者)に転身することで豊かな生活を送るノウハウが紹介された著作の紹介です。

【貧乏はお金持ち】橘玲 2011年 講談社文庫

DSC02560

会社に雇われている限りお金持ちになるのは難しい。むしろ搾取されるばかりで、あげくにはフリーターや契約社員、派遣社員として安定的な雇用さえ約束されない。本書はそうした問題提起から始まります。原因は様々ですが、その解決策として本書はマイクロ法人の設立を提言します。

マイクロ法人とは、一個人が出資して株主となり、そのまま会社の代表者として活動するものです。本書に拠れば、マイクロ法人になることで様々なメリットを享受できることになります。

第一は税制上のメリットです。簡単に言えばサラリーマンは課税後のお金で生活費をまかなう必要がありますが、マイクロ法人にすることで生活費の一部を先に経費として収入から控除し、残ったお金に課税されることで課税上有利な取り扱いを受けるというものです。

一定以上の売上(収入)があるのであれば本書の言うとおりですが、この部分については特段目新しい主張ではありません。世に法人成りを扱った本はいくらでもあります。

本書が主張する第二のメリットは、マイクロ法人とすることで公的融資を引き出すことができ、その結果ほぼ調達コスト(借入金利)0で事業を継続したり拡大することができる点です。企業時に利用できる公的融資はかなりの数があり、また比較的審査が緩いためマイクロ法人でもこうした融資制度を利用できます。著者がすごいのは、様々な制度融資を紹介するだけでなく、実際に設立したマイクロ法人を利用して制度融資を受けている点です。本書では、融資を引き出すコツのようなものも解説されています。

本書では、こうしたマイクロ法人の話だけではなく、法人設立のノウハウや財務会計・税務会計の基本から、エンロンの実質的創業者のケネス・レイとその右腕でCOOであったジェフリー・スキリングがどのようにエンロンを巨大企業にし、そして破たんさせたのか、さらにはAIGが破たんした原因とされるクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の話まで詰め込まれています。ファイナンスの基本を分かりやすく解説しているので新任のFPさんなどにはお勧めの一冊です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、交通事故の法律相談、離婚の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

京都の弁護士が出会った駅弁vol.215【昭和の幕の内弁当 博多駅】

2014年09月16日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

今回ご紹介するのは、相続対策・相続税対策研修の弁護士講師の仕事で京都から博多に出張した帰り、博多駅で出会った駅弁です。

【北九州駅弁当 昭和の幕の内弁当】

2014年8月9日 博多駅・新幹線ホームキオスクで購入(920円)

駅弁を購入した8月9日は、前日から九州地方への台風の接近が報じられており、事実、沖縄から本州に向かう飛行機は軒並み欠航になっていました。とはいっても次の仕事のある身、何が何でも博多から京都に帰る必要があります。博多発ののぞみ号を予約していましたが、事と次第によっては早い時間ののぞみ号に変更しようと、少し早目にホテルを出て博多駅に到着しました。案の定、台風接近と盆休みのスタートが重なった博多駅は朝から大変な混雑です。幸い乗車予定ののぞみ号は定刻の発車予定となっていたので、駅弁の物色にかかります。この日は家族への土産を含めて3つ駅弁を購入しました。まずは新幹線ホームのキヨスクで購入した駅弁のご紹介です。

博多から新幹線に乗車する際、何時も駅弁を購入するのは新幹線の改札を入ってエスカレーターで1階上がったところにある駅弁販売所です。↓

DSC02462

しかし何時も決まった行動パターンを繰り返すと脳の老化の観点からによろしくないと反省し、これまで駅弁を購入したことのないホームのキヨスクを利用することにしました。ホームやキヨスクの中は、飛行機から新幹線にコンバージョンしたお客さんや帰省のお客さんで大混雑です。

DSC02463

キヨスクでは、冷蔵ケースに並ぶ駅弁を吟味しましたが、「復刻」!「昭和」!の掛け紙のコピーでこの駅弁に決定です。

DSC02464

駅弁の中身ですが、幕の内だけあり特段変わったメニューではありませんでした。チキンカツ、蓮根・椎茸・人参の煮物、マス西京焼き、えび煮、えのき昆布、蒲鉾、玉子焼、ウグイス豆、金平牛蒡、みかんシロップ漬というメニューでした。

この中で昭和を感じるのはやはりみかんの「シロップ漬」でしょうか。成人病が気になる今では考え難いことですが、子供の時にはシロップ漬けのみかんの缶詰はご馳走でした。また、駅のキヨスクや映画館では冷凍ミカンが3つ4つ、ビニールのネットに入れられて売られていたのを覚えています。

他方、チキンカツは昔の駅弁であまりお目にかからなかったメニューです。フライといえば鮭が一般的で、時々やたらとでかいフライがあると中身が玉ねぎで食べてがっかりした記憶があります。

DSC02467

このメニューが昭和的であるかはともかく、しばらく昔の思い出に浸ることのできる内容でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、相続税の法律相談、離婚の法律相談は京都・四条烏丸の京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

弁護士小沢一郎(京都弁護士会)の相続遺言セミナー14.63【大阪 千里中央編】

2014年09月15日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

8月22日は、京都から大阪の千里中央に相続遺言セミナーの弁護士講師の仕事に行ってきました。今年63回目の相続遺言セミナーの弁護士講師の仕事です。

京都から千里中央には阪急電車と大阪モノレールを利用します。弁護士事務所の最寄駅、阪急京都線烏丸駅から阪急電車で南茨木駅に、南茨木駅から大阪モノレールで千里中央駅に、約1時間ほどで到着です。

DSC02510 DSC02511

以前、このブログで書きましたが、子供のころよく自転車に乗って千里中央のセルシーというショッピングセンターに遊びに来ていました。小学生くらいの時ですからお小遣いもさほどなく、セルシーに来ても何かを買う訳でもありません。ただ、自宅からセルシーに向かう途中にアサヒという自転車屋さんがあり、そのショーウインドーにビアンキ、デローザ、コルナゴといったイタリヤ製のロードレーサーが展示されていました。当然当時は高嶺の花で、ショーウインドー越しに眺めているだけでしたが、その時の気持ちが残っていたせいか大人になって最初に買ったロードレーサーはチェレステカラーのビアンキの自転車でした。因みにそのアサヒという自転車屋さんは、その後サイクルベースアサヒという名前で日本一の自転車屋さんになりました。

千里中央はその後再開発が進み、周りの古い団地が新しいマンションに建て替えられました。この日のセルシーも平日の割に結構な人出でした。

DSC02507 DSC02508

さて相続遺言セミナーですが、この日の会場はサロンのような設えになっており、お客様がソファーで寛ぎながら私の話を聞く形式でした。お客様の人数も比較的少なく、お一人お一人のお客様からの質問に答えながら相続遺言セミナーを進めていきました。相続遺言セミナー終了後には、何時ものように相続や相続税に関する個別の法律相談に対応し、2時間ほどで無事にこの日の相続遺言セミナーも終了しました。

8月の相続遺言セミナーもこの日でひと段落、9月はセミナーで使用するテキストの見直しや改定をして10月からの相続遺言セミナーに備えたいと思います。

DSC02509

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、遺言の法律相談、相続税の法律相談、遺産分割の法律相談は京都・四条烏丸、阪急京都線烏丸駅直結の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

京都の弁護士が出会った駅弁vol.214【炭焼風あなご重 東京駅】

2014年09月14日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

今回は、京都から東京に相続遺言セミナーの弁護士講師の仕事に行った帰り、東京駅で出会った駅弁のご紹介です。

【まねき食品 炭焼風あなご重】

2014年8月7日 東京駅・駅弁屋祭で購入(1100円)。

今回も、東京出張の帰り、京都に向かう新幹線に乗車する前の時間を利用してお馴染み駅弁屋祭さんに寄ってきました。

この日の胃袋が無性にウナギ系の食品を欲しがるのでその方向で駅弁を物色していたところ、最初に目に付いたのがウナギならぬアナゴの駅弁でした。名のある店で食べ比べると当然違いはあるのでしょうが、駅弁になってしまうとウナギもアナゴもあまり変わりありません。むしろ同じような味なら少しリーズナブルなアナゴの方がお得感があります。

ということで、姫路のまねき食品さんの駅弁をチョイスして京都に向かう新幹線に乗車しました。このアナゴ弁当のような「タレもの」を食べるときに何時も思うのですが、タレや山椒が別の小袋になっている場合、新幹線の狭い座席で小袋を開け、それをこぼさずにアナゴにかけるのは結構神経を使います。特に隣の座席に乗客がいる場合、袋を開けるときに勢い余ってタレが飛び散り、万が一にデモ隣の乗客の服にかかったりしないよう、いきおい袋を開く作業が慎重になります。お腹が減っているときなどは結構イライラの原因となるので、最初からタレはアナゴにかけておいてほしいものです。

DSC02441 DSC02443

駅弁の中身は、出汁で炊いたご飯の上に刻みあなご、焼あなご、錦糸玉子、椎茸煮、生姜漬がのり、上にゴマとノリがふりかけられ、付け合わせは金平牛蒡と菜の花ゴマ和えでした。それなりに高価なアナゴを使用しているため、それほどのボリュームはありませんでしたが、食べ終わると満腹でした。ご馳走様でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、離婚の法律相談、借金の法律相談は京都・四条烏丸の京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

京都・北山西部のトレッキング3(弁護士小沢一郎)

2014年09月13日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

京都の北山の西部、清滝川沿いにトレッキングに行ってきた時のお話は今回が最終回です。

試峠を超え、そのまま京都バスの清滝バス停の横を通過すると愛宕山の登山口に続く道が二手に分かれます。今回は進行方向左手の道を進みます。歩き始めるとすぐに急な勾配となり、そのまま清滝川の河岸まで下ることになります。

DSC02617

道を下りきったところの清滝川に猿渡橋がかかります。猿渡橋から見る清滝川はなかなかのものです。清滝川の河原は、京都の水遊び場でとしても有名です。

DSC02618 DSC02619

この清滝川に沿って京都一周のトレッキングコースが整備されています。今回は、保津川に向かって清滝川を下るルートをとります。トレッキングコースは、ところどころ岩場があったり、ぬかるんだりしているところもありますが、整備されていて、勾配もさほどなく歩きやすいコースになっています。

DSC02621

猿渡橋をスタートして30分ほど歩くと、やがて保津川との合流地点となります。ここで一旦トレッキングコースから上がり、落合橋を渡ると保津川と清滝川の合流地点を見下ろすことのできるビューポイントとなります。この写真では分かりにくいのですが、左手前の岸壁は、京都が舞台となるサスペンスで、人が突き落とされたり、飛び降りたりすることで有名な撮影スポットです。

DSC02622 DSC02623

絶景ポイントで小休止し、今渡った落合橋を戻って今度は別のルートを通って鳥居本に戻ります。ここからは急傾斜の道が延々と続きます。時々車も通るので気をつけて歩き続けます。

DSC02624 DSC02625

落合橋から30分ほど歩くとピークに到着です。今度は急こう配の坂道を15分ほど下って鳥居本に到着です。ここからは旧愛宕街道をだらだらと下って嵐山に戻ります。途中、清凉寺横の森嘉に立ち寄り、豆腐を買うことにします。京都には有名な豆腐屋が数多くありますが、個人的には森嘉の豆腐が一番です。ただ、休日は何時も行列ができるので、そこが唯一の難点です。この日も10ほど並んで豆腐一丁(443円也)を買いましたが、持ち帰ってたべた冷奴は格別でした。

DSC02626 DSC02627

この日のトレッキングは、移動距離18㎞、所要時間4時間弱でした。京都の周りにはまだまだ素晴らしいトレッキングコースがありますので、またご紹介したいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、離婚の法律相談、借金の法律相談は京都・四条烏丸、京都市営地下鉄四条駅・阪急京都線烏丸駅直結の京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

京都・北山西部のトレッキング2(弁護士小沢一郎)

2014年09月12日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

京都の北山の西部、清滝川にトレッキングに行ったお話の続きです。

嵐山で京都観光の客に混じって小倉山や嵯峨野の竹林を散策し、天龍寺前の府道29号線を北に向かいます。この道は休みとなると京都観光の人と車で大混雑となるので車は北向きの一方通行となります。

DSC02608

丸太町通を越えてしばらく歩くと、国宝の釈迦如来立像を本尊とする嵯峨釈迦堂として有名な清凉寺です。境内には、京都観光の人に混じって一休みする年配のハイキング姿のグループの姿がありました。

DSC02609 DSC02610

清凉寺を過ぎて、あとはひたすら旧愛宕街道を登ります。緩やかな坂道で、両側に料理屋や土産物屋が並ぶ街道です。

DSC02611

旧愛宕街道の中ほどに約8000体の石仏・石塔が境内狭しと並ぶことで有名な化野念仏寺(あだしの ねんぶつじ)があります。境内にろうそくが並ぶ千灯供養は有名ですが、残念ながら実際の千灯供養は見たことがありません。

DSC02612

旧愛宕街道をそのまま進むと一之鳥居が見えてきます。一之鳥居横の平野屋さんは江戸自体から続く京都の老舗料理屋さんで、私の大好きな池波正太郎の鬼平犯科帳にも登場します。

DSC02613DSC02614

旧愛宕街道と新愛宕街道が合流する地点で進行方向が二手に分かれます。真っ直ぐに進むと清滝トンネル、側道に入ると試峠(こころみとうげ)になります。清滝に抜けるには清滝トンネルが近道ですが、中は真っ暗な上に、歩道と車道の分離がない狭い道を乗用車や京都バスが結構なスピードで走るので生きた心地がしません。そこで試峠を上がることにします。試峠は、この峠を登ただけなのに、そのあまりに急な勾配のために、この峠と愛宕山を勘違いする男が登場する落語の愛宕山に登場する峠です。落語ほどではありませんが、結構な勾配です。

DSC02615

試峠を過ぎると愛宕山が間近に迫ってきました。

DSC02616

この続きは次回のブログになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

離婚の法律相談、相続の法律相談、借金の法律相談は京都・四条烏丸の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士にお任せ下さい。

京都・北山西部のトレッキング1(弁護士小沢一郎)

2014年09月11日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

先週末に京都の北山の西にある清滝川にトレッキングに行ってきました。毎週末、自宅で過ごす時間ができると桂川沿いをランしていますが、最近はランに加えてトレッキングがマイブームになっています。

まずは松尾橋付近を出発します。京都で手軽に行けるべキュースポットは、従来、東の出町柳付近と西の松尾橋付近の2カ所が有名でしたが、出町柳がバーベキューと花火が禁止となりました。おかげで松尾橋付近は、毎週末、京都市内外からバーベキューにやってくるグループで大にぎわいです。

DSC02599

そのまま桂川沿いに整備されたサイクリングロードを遡上し京都有数の観光スポット嵐山を目指します。当日は快晴で、遠くの愛宕山もくっきり見ることができます。

DSC02600

松尾橋を出て30分ほどで嵐山に到着です。ところで、嵐山には鉄道の駅が3つあります。JRの嵯峨嵐山駅、阪急の嵐山駅、京福(嵐電)の嵐山駅です。嵐山界隈をランニングしていると、結構な確率で京都観光の客から嵐山駅までの道を尋ねられますが、どの嵐山駅なのかを確認しないと道案内ができません。写真は阪急の嵐山駅です。

DSC02601

嵐山駅を過ぎるとすぐに渡月橋です。渡月橋の手前から対岸を撮ります。真ん中のまん丸い山が小倉百人一首で有名な小倉山、右の奥が愛宕山です。この日の桂川は増水しており、後で知りましたが名物の鵜飼も中止になったとのことでした。

DSC02602

渡月橋を北にわたり、すぐに左折して西に向かうと小倉山の登り口があります。途中には有名な京都の嵐山吉兆などがあります。

DSC02603

小倉山は標高200メートルほどの小山です。山頂までの道はさすがによく整備されています。中ほどに周恩来さんが来日した時の記念碑があるため、京都に来る中国人観光客の姿をよく見ることができます。

DSC02604

小倉山の山頂付近には展望台が整備されており、保津峡を一望することができます。何時もであれば京都名物の保津峡下りの船を散見できますが、この日は増水で川下りも中止のようでした。

DSC02605

展望台から、時代劇などで活躍した往年の大スター大河内傳次郎の別邸を改装した大河内山荘の横を過ぎると有名な嵯峨野の竹林です。京都を舞台にしたテレビドラマでは頻繁に撮影場所として使われています。早朝、人影のない朝もやに包まれた竹林は、それは幻想的ですが、昼間の京都観光の人たちでごった返している竹林は、ただの通りづらい通路です。

DSC02606

この日の竹林も大変な人出でしたが、びっくりしたことにその混雑の中を人力車がカップルの男女を乗せて走っていました。大したものです。

DSC02607

ずいぶん長くなりましたので、続きは次回のブログにしたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、離婚の法律相談、借金の法律相談は京都・四条烏丸、京都市営地下鉄四条駅・阪急京都線烏丸駅直結の京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

弁護士小沢一郎の読書感想文.29冊目【日経MJトレンド情報源2014 日経MJ】

2014年09月10日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

今回ご紹介するのは、毎年出版されるたびに愛読している日経MJの2014年版です。

【日経MJトレンド情報源2014】 日経MJ 2013年 日本経済新聞出版社

DSC02559

ご存じの方も多いと思いますが、本書の構成は、業界・業態ごとの各種データと、現在のトレンドや今後の消費動向について日経MJ編集部が解説するパートからなっています。各種データもそれなりに参考になりますが、やはり読んで楽しいのは現在のトレンドや今後の消費動向を解説した部分です。

消費の2極化が言われて久しいですが、その一方の高額消費は、本書に拠れば過去のバブル期にみられた高額消費と内容を異にするとのことです。過去のバブル消費はとにかく高額なものであればどんなものでも飛ぶように売れました。ところが現在の高額消費は「3コウ」志向といわれています。すなわち、素材やつくりが「高品質」であること、デザインや雰囲気に「好感」がもてること、消費者に明確な「効果」を訴求できること、こうした「3コウ」が揃った高額品が売れているとのことです。

また高額消費と少し違うBOBOS(ボボス)族消費というのも現在のトレンドトレンドの一つとのことです。BOBOSとは、ブルジョワ・ボヘミアンの頭文字を結ぶ付けたもので、従来の価値観にとらわれず、自由な発想と美的センスを兼備した経済的な成功者のことです。彼らは、見えを張るための高額消費に興味がない代わり、納得のいく商品の購入にお金を惜しみません。本書で紹介されているのは、防寒着を購入する時にはラグジュアリーブランドより「南極探検にも耐えられる」防寒着を、台所のカウンターに大理石を張りつめるよりプロが使用する設備を導入する、といった人たちです。

弁護士顧問先のお客様にはメーカーさんもありますので、こうしたトレンドを短時間で確認できる本書は本当に重宝します。

最後に本書の名物、ヒット商品番付は次のようになっていました(2012年版)。

【東】 東京スカイツリー(横綱)、LCC(大関)、N BOX(関脇)、阪急梅田本店(小結)、【西】7インチタブレット(横綱)、LINE(大関)、マルちゃん正麺(関脇)、メッツコーラ(小結)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、離婚の法律相談、交通事故の法律相談は京都・四条烏丸、京都市営地下鉄四条駅直結の京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

京都の松尾大社の夏祭りに行ってきました(弁護士小沢一郎)

2014年09月9日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

9月7日に自宅の近所にある松尾大社の夏祭りに娘と行ってきました。京都の目抜き通りである四条通は、東の八坂神社から西の松尾大社を結んでいます。ちなみに松尾大社の夏祭りは、京都で一番遅い夏祭りです。

まずは鳥居をくぐって境内に入ります。一番込み合うのは夕方以降と思われますが、それでも結構な参拝客の数です。

DSC02578

本殿の手前に有名な亀の石造があります。知っている人は、隣にある手水から柄杓で水を汲んで、亀の背中にかけています。

DSC02588

亀の石造を過ぎると、これも松尾大社名物の樽占いです。松尾大社は、中世以降京都の酒の神様として信仰を集めているので、酒樽が境内いたるところに奉納されています。この樽占いは、矢を射って的の一斗樽に矢が入ると願いが成就するといわれています。

DSC02587

樽占いの横には、近所の子供たちが絵を描いた提灯が展示されています。

DSC02586

そして一斗樽の神輿です。これも酒の神様らしい趣向です。

DSC02584

そしていよいよ参拝です。何時もは散歩の途中に立ち寄るため小銭の持ち合わせがなく、賽銭も入れずに願掛けをしているのですが、この日はしっかり賽銭を入れて願掛けをしました。

DSC02582 DSC02583

参拝を済ませると、いよいよ娘の楽しみ、お待ちかねの屋台探索です。松尾大社についてから、一刻も早く私を屋台に誘導したい娘は「早く行こ」「早く行こ」とずっと私のズボンを引っ張っていました。

さて屋台ですが、午前中に行ったこともあり食べ物を商う屋台は半分ほどしか店を開けていません。仕方がないのでまずは金魚すくいです。といっても、この金魚すくい、生きている金魚ではなくおもちゃの金魚を先に磁石の付いた竿で釣り上げます。はっきり言って大人の私は面白くも何ともありませんが、娘はそれなりに楽しんでいるようでした。お土産は釣り上げた金魚3匹でした。

DSC02590 DSC02592

次はスマートボールです。4×4で16個の穴に向かって20球ほどのボールを弾いて、ボールが入った穴がたて・よこ・ななめ、いずれかに揃うと景品がもらえます。結果は健闘むなしくあと一つが入らず、残念賞として懐かしの風船ガムと鉛筆をもらっておしまいでした。

DSC02594 DSC02597

娘はまだまだ遊び足りない様子でしたが、お昼ご飯の時間となったので帰ることにしました。今年は出張の日程と重なり祇園祭に行けなかったので、久しぶりの祭の縁日を楽しむことができました。

 DSC02598

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、離婚の法律相談、交通事故の法律相談は京都・四条烏丸そば、阪急京都線烏丸駅直結の京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

弁護士小沢一郎(京都弁護士会)の相続遺言セミナー14.62【岡山 岡山市編】

2014年09月8日

京都弁護士会の京都の弁護士の小沢一郎です。

8月21日は、京都から岡山に相続遺言セミナーの弁護士講師の仕事に行ってきました。今年62回目の相続遺言セミナーの弁護士講師のご依頼でした。

京都から岡山には何時ものように新幹線を利用します。岡山での相続遺言セミナーは、普段は昼の2時スタートのため、利用する新幹線が決まっているのですが、今回は午前中のスタートのため、のぞみ1号に乗車します。

DSC02494

京都駅から岡山駅まではジャスト1時間、車内で読書をしているとあっという間に到着です。駅前では何時ものように桃太郎の銅像がお出迎えしてくれます。

DSC02495

この日も朝から蒸し暑く、岡山駅前からアーケードのある商店街を通って相続遺言セミナーの会場に向かいます。

DSC02496

この日も相続遺言セミナーでは、相続・遺産分割対策としての遺言作成の重要性や、相続税対策としての生前贈与の有効性のお話をさせていただきました。生前贈与では、安易に子や孫名義の銀行預金に資金を振り替えているだけでは後の税務調査で名義預金の指摘を受ける可能性があるため、お金の「渡し方」についてお話をしました。相続遺言セミナー後の質疑応答や個別の法律相談では、参加された皆さんが熱心に質問され、法律相談の時間を制限する必要があるほどした。岡山のお客様は「すれていない」方々が多く、熱心にかつ素直にお話を聞いてもらえるので弁護士講師としてやりがいがあります。

相続遺言セミナーを無事に終了し、岡山駅に戻るときに岡山市内を100円で循環する「めぐりん」に遭遇しました。何時か乗車したいと思いながら今までのところ乗車する機会がありません。時間があるときには100円でずっと乗車できるので、喫茶店で時間をつぶすより経済的かなと思ったりしています。

DSC02497 DSC02498

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、遺言の法律相談、相続税の法律相談、遺産分割の法律相談は京都・四条烏丸そば、京都市営地下鉄四条駅直結の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

京都の弁護士が出会った駅弁vol.213【ハローキティのえびめし 岡山駅】

2014年09月7日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

今回は、京都から岡山に相続遺言セミナーの弁護士講師に行った帰りに出会った駅弁のご紹介です。

【三好野本店 ハローキティのえびめし】

2014年8月6日 岡山駅・新幹線改札内駅弁当売り場で購入(1100円)

駅弁は、その土地土地の名産を詰め合わせることによって、コンビニ弁当より高い価格設定が許されます。どこでも食べられる食材ばかり入っているのであれば、何も割高な駅弁を購入する理由はありません。

そして、地元の名産を使用するのと並んで、パッケージを工夫することも重要です。掛け紙や容器の形状を工夫することで、客の目を楽しませて財布のひもを緩める作戦です。この容器の工夫の一つに、持ち帰って再利用できる容器を使用するというものがあります。古くは横川の峠の釜めしに使用される陶器の容器から、最近では兵庫の淡路屋さんの新幹線を模した陶器の容器があります。

もっとも、こうした陶器の容器は、持ち帰られる頻度は高いものの、実際にはほぼ再利用されることはありません。家で釜飯を食べることはまずありません。仮に釜飯を作っても、わざわざ駅弁の容器に詰め替えることもありません。したがって、この手の陶器製容器は、ほぼ100%の確率で台所の肥やしと成り果てます。

一方、キャラクターがデザインされた子供用の容器の再利用率は、こうした陶器製容器と異なり、格段に高くなります。わが家でも、秋田新幹線の車内で購入したE6系を模した駅弁の容器はその後も再利用されています。今回のキティを模した駅弁の容器も、再利用できるようにしっかりと作られています。

DSC02431

ただ、この手の駅弁は、代金の少なくない部分が容器制作費用に充てられるので、相対的に内容が貧弱になります。多くは貧弱なお子様ランチといった内容のため、大人が移動中に車内で食べるというよりは、土産に持ち帰り子供が食べることになります。

この駅弁の中身ですが、エビフライ、鶏唐揚、肉団子、錦糸玉子、かまぼこ、えびめし(えび、玉ねぎ入)とお子様ランチ的な内容でした。自宅に持ち帰り子供が食べましたが、おいしそうにいただき、完食しました。可愛らしい容器なので、お弁当箱として利用するのが楽しみです。ごちそうさまでした。

DSC02432 DSC02433

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、離婚の法律相談、借金の法律相談は京都・四条烏丸、京都市営地下鉄四条駅直結の京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せください。

 

京都市の無料法律相談に行ってきました(弁護士小沢一郎)

2014年09月6日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

8月20日は、京都弁護士会が京都市から委託を受けている無料法律相談の担当日でした。私の今年の担当は、京都市西京区の洛西支所です。京都市の西にある西京区のさらに一番西の支所で開催する法律相談の担当です。昨年度は京都市左京区の法律相談担当だったため、京都の四条烏丸にある私の弁護士事務所からは遠くなりました。

さて四条烏丸から洛西支所に移動です。前回は車で向かいましたが、今回は京都市の市バスを利用することにします。道路の渋滞を考えて相談開始の1時間30分前のバスに乗車することにします。四条烏丸の池坊短期大学前のバス停で洛西バスターミナル行のバスを待ちますが、時間になってもバスが来ません。四条烏丸のバス停が始発なのに不審に思っていると、隣で同じバスを待っているおばさんが、「このバスは何時も10分、15分遅れるんや」と教えてくれます。実際、バスは10分以上遅れて到着しました。四条烏丸が始発なのにこれだけ遅れるのは如何なものでしょう?

DSC02483

とにかくバスに乗車できました。バスは京都市の目抜き通り四条通をひたすら西に向かいます。松尾大社前で物集女(もずめ)街道を南に下り、千代原口で国道9号線に入り、国道9号線を西に向かいます。京都の市バスは基本料金が230円ですが、洛西バスターミナルまで乗車すると追加料金が70円かかり、300円の運賃になります。特に渋滞もなく到着しましたが、それでも1時間かかりました。

DSC02484

京都市の洛西支所での法律相談では、何時ものように離婚や相続、隣人間のトラブルといった問題に対応しました。京都市の担当者によれば、本日の法律相談も予約で一杯でとのことでした。3時過ぎの時間いっぱいを使って法律相談も無事に終了しました。

DSC02486

法律相談を終え、この日は時間があったのでバスで来た道を歩いて戻ることにします。国道9号線沿いは交通量の多い退屈な道ですが、国道9号線線を超えると東海自然道が整備され、歩いて散策するのにうってつけの道になります。京都市洛西支所を出て1時間ほど歩くと苔寺(西芳寺)です。苔寺への参拝は予約制のため中に入ることはできません。それでも苔寺の前を流れる川に沿って歩くと、既に紅葉したモミジを見ることができました。

DSC02488 DSC02487

苔寺から鈴虫寺に向かう道すがらには、かぐや姫竹御殿なるものがあります。私は京都在住ですが、かぐや姫伝説が京都と縁があるとは今日まで知りませんでした。

DSC02490 DSC02489

かぐや姫竹御殿の前を過ぎると50メートルほどで鈴虫寺です。縁結びにご利益があるとかで、休日には若い女性のグループやカップルで大にぎわいの鈴虫寺ですが、平日の夕方は参拝客の姿もなく静かでした。

DSC02491

鈴虫寺を過ぎ、そのまま東海自然道を北に進みます。周りは静かな住宅街です。

DSC02492

鈴虫寺から10分ほど歩くと、なぜかマイセン陶器を集めた資料館があります。私はマイセンにさほど興味があるわけではないのですが、機会があれば一度くらい入ってみようと思います。

本日の法律相談も何とか無事に終了しました。お疲れ様でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、離婚の法律相談、交通事故の法律相談は京都・四条烏丸の京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

1 / 212
よくあるご質問

ページ上部へ