ブログ

鶴見線/国道駅2

今回も川崎に相続遺言セミナーに行った際に足を伸ばした鶴見線の国道駅の話です。

 

国道駅のすぐ横には第一京浜(国道15号)が通っており、これが駅名の由来と思われます。

 

DSC04482

 

駅は高架になっており、その下には昭和の風情が漂う商店などが軒を並べます。もっとも私が訪問したときには、どのお店も営業をしている様子はありませんでした。

 

DSC04474

 

この国道駅を始め、鶴見線は全線無人駅になっています。自動改札機はなく、スイカの簡易読み取り機が設置されています。

 

DSC04479

 

ホームに上がる階段も年代物です。

 

DSC04478

 

人気のない階段をホームに上がると、1時間に数本しかない鶴見線の電車が入ってくるところでした。

 

DSC04475

 

しかし、乗降客はゼロ。国道駅に到着してから一度も人の姿を見ていません。

 

DSC04477

 

国道駅のホームはカーブになっており、上部には年代物の鉄骨むき出しのアーチが架かっています。

 

DSC04476

 

鶴見駅に戻る次の電車の時間まで30分ほどもあるので、帰りも歩いて戻ることしました。ホームから改札に戻る途中、どこからか女性の叫び声のようなものが断続的に聞こえてきます。相変わらず人の姿はなく、ほとんどバイオハザードの世界です。

 

DSC04480

 

相続遺言セミナーの弁護士講師の仕事の時間が迫ってきたので、国道駅には結局10分ほどしか滞在できませんでしたが、想像以上にディープな駅でした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

債務整理(自己破産・個人再生)、相続(遺産分割・遺言作成)の法律相談、離婚(養育費・親権・慰謝料請求)の法律相談は京都四条烏丸の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

オールワンへの
お問い合わせ・ご相談予約