ブログ

弁護士・税理士の相続・事業承継セミナー・研修@大阪銀行協会 事業承継のポイント

今回は、大阪の谷町四丁目にある大阪銀行協会に、主として法人オーナーを対象とした事業承継セミナーに行ってきた。

事業承継というと難しく聞こえるが、これも資産承継対策の一つである。

中小企業の事業承継とは、法人オーナーが有する非上場株式という個人資産をいかに後継者に承継していくのか、という問題である。

 

 

事業承継のポイントを挙げるならば、

① 非上場株式をいかにして後継者に集中して承継させるのか、

② 換金性が低い非上場株式にかかる相続税(贈与税)の納税資金をどうするのか、

③ 後継者がいない場合に会社そのものをどうするのか、

ということであろうか。

 

①非上場株式の後継者への集中については、後継者への非上場株式の移転手段の検討(譲渡するのか、贈与するのか)、遺言の作成、生命保険を使った代償分割、といったことが対策として考えられる。

 

②非上場株式にかかる相続税の納税資金については、事業承継税制採否の検討、金庫株による資金調達、金融機関からの借入れ、といったことが対策となる。

 

最後に、③後継者不在の問題については、事業の清算、M&A やIPOの可否の検討がポイントとなる。

 

その他にも非上場株式の移転コスト(贈与税、相続税、所得税及び法人税等)を軽減するための株価対策なども必要に応じて検討する必要がある。

むろん、こうした法務面、税務面の対策だけではなく、経営そのものをいかに後継者に引き継ぐのかといった実務面の対策も必要となる。

いずれにせよ、事業承継対策には相応に時間がかかるのであるから、どのタイミングで何をするのか、といった計画が重要になる。

 

その他の相続問題は

👉遺言・相続・遺産分割

 

オールワンへの
お問い合わせ・ご相談予約