ブログ

vol542 今夜も赤ちょうちん/鈴木琢磨

【今夜も赤ちょうちん】 鈴木琢磨 2012年 ちくま文庫

 

 

本書は、毎日新聞の夕刊に週に1回連載された人気コラム「今夜も赤ちょうちん」、「酒に唄えば」から100を厳選して文庫としたもの。

 

当時毎日新聞の記者だった著者が、東京(ときどき京都)の酒場を飲み歩いた記録。

 

その合間に「吞んべえ列伝」という対談が挟まれている。

 

著者の鈴木さん、本当によく呑む。

 

こんなに呑んで大丈夫なのか、というくらい呑んでいる。

 

フアンの大竹聡さんも大したものだが、鈴木さん負けていない。

 

ところで、本書ではお店一つあたりおおよそ2頁で紹介されている。

 

ダラダラと長いばかりで何が書いてあるのか分からないコラムが多いなか(自らの反省の意味もある)、必要にして十分な分量。

 

さすが新聞記者である。

 

それにしてもちくま文庫は魅力的な本が多い。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続・遺言作成(公正証書遺言・自筆証書遺言)・事業承継のご相談は弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士まで(京都弁護士会所属)。

 

 

オールワンへの
お問い合わせ・ご相談予約