ブログ

vol534 食味歳時記/獅子文六

【食味歳時記】獅子文六 1997年 中公文庫 (初出 1979年 文春文庫)

 

 

本書の尾崎秀樹氏の解説によれば、獅子文六は、村井弦斎、木下謙次郎、本山荻舟、北大路魯山人、辻嘉一、小島政二郎、谷崎潤一郎にならぶ食通とのこと。

 

本書には昭和43年の1月から12月まで雑誌「ミセス」に連載された食に関するエッセイが収録されている。

 

1月は口取りの中に並ぶ栗きんとん。

 

2月は鍋料理。

 

3月は草餅にぬた・・・

 

獅子文六は横浜に生まれ、慶応予科を中退後、大森山王などで過ごした後フランスに遊学、帰国後は中のなどに住み戦時中は愛媛に疎開。

 

明治から戦前、戦後、獅子文六が過ごした土地土地の料理が登場する。

 

まさに「味覚随筆の名作」である。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

京都・大阪・滋賀・奈良の遺産分割、遺言作成、相続税申告などの相続の法律相談は京都駅から地下鉄で5分、阪急京都線烏丸駅直結の弁護士法人オールワン法律会計事務所(京都弁護士会)の弁護士・税理士にお任せ下さい。

オールワンへの
お問い合わせ・ご相談予約