ブログ

vol525 死に金/福澤徹三

【死に金】 福澤徹三 2016年 文春文庫

 

 

福澤徹三さんの本にハマっている。

 

福澤さんの本は、ホラーともっぱらアウトローが主人公になるものの2系統。

 

ハマっているのは後者。

 

金になる事ならなんでもやってきて数億円をため込んだと言われている矢坂が末期のガンに侵されてしまう。

 

しかし矢坂は誰にも金のありかをしゃべろうとしない。

 

矢坂の金を何とか自分のものにしようと矢坂の別居中の妻、付き合いのあったヤクザがあの手この手で金のありかを探そうとする。

 

矢坂の金で人生の大逆転を狙う人たちが最後に迎える結末は・・・

 

文句なしに面白い一冊だった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

滋賀、奈良、大阪、京都の事業承継、M&A、相続税対策、資産承継対策の法律相談は京都市営地下鉄四条駅・阪急京都線烏丸駅直結の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)、税理士(近畿税理士会下京支部)まで。

オールワンへの
お問い合わせ・ご相談予約