ブログ

vol98 幸せの仕事術/小山薫堂

【幸せの仕事術】 小山薫堂 2012年 NHK出版

 

小山薫堂氏の文章を初めて目にしたのは、クレジットカード会員向け雑誌の連載エッセイでした。

その時に小山氏が「おくりびと」の脚本家というだけではなく、様々な方面でマルチに活躍されていることを知りました。

 

本書でも紹介されていますが、特に印象に残っているのが、小山氏が日光の金谷ホテルの再生をお手伝いした時のお話です。

金谷ホテルの再生をお手伝いすることになったのは、小山氏が金谷ホテルに宿泊したときに不満に感じた点を、オーナーの井上氏に率直に伝えたことがきっかけでした。

 

その後、井上氏から請われて小山氏は再生のお手伝いをするようになりました。

再生に着手した当初、覇気があまりなかった従業員を奮起させるため、小山氏は様々な意識改革に着手します。

その一つが従業員一人一人に名刺を持たせることでした。

名刺を持たせることで、従業員に金谷ホテルの一員であるという自覚が生まれましたが、それだけではありません。

名刺の裏には、その従業員が金谷ホテルで一番素敵だと思う場所の写真が印刷されています。

宿泊客には従業員の名刺を集めると写真集ができるとアナウンスすると、子供などが名刺をもらおうと従業員に話しかけます。

すると、話しかけられた従業員と宿泊客の間には、どんどん接点が生まれ、従業員は自然に宿泊客が喜ぶようなサービスを提供するようになるということです。

 

何もないところから、なかなかこうしたアイデアは出てこないですよね。

本書には、小山氏のアイデアがどのような思想から生まれてくるのかなどにも触れられています。

弁護士の仕事をするうえも様々なヒントを得ることができた一冊でした。

オールワンへの
お問い合わせ・ご相談予約