貿易実務

TOP > 法人のお客様 > 貿易実務 > FOB C&F(CFR) CIF〈京都弁護士会弁護士による貿易実務の法律相談〉

FOB C&F(CFR) CIF〈京都弁護士会弁護士による貿易実務の法律相談〉

 

貿易実務におけるFOB、C&F(CFR)、CIFについて弁護士法人オールワン法律会計事務所(京都弁護士会)の弁護士(京都弁護士会)が解説します。

 

1 FOB(Free on Board:本船渡)

 

代表的なトレードタームズです。

 

一般的にFOBに拠る場合は、売主は、貨物を本船で運送人に引き渡します。

 

本船を手配し、その費用を負担するのは買主です。

 

売主が危険を負担するのは、本船の手すりを貨物が超えるところまでです(ship`s rail)。

 

FOBでは、売主は危険の負担に加えて、輸出許可の取得、通関手続等を行う必要があり、その費用も負担します。

 

本船の手配は原則として買主が行うことになります。

 

売主が本船の手配をした場合、売主の入手した船荷証券(B/L:Bill of Lading)には売主が荷送人(Shipper)として記載されますが、売主は買主の代理人と解釈されます。

 

2 CFR(Cost and Freight:運賃込)

 

FOBでは、売主は本船渡までの諸費用を負担しますが、CFRではこれに加えて売主が本船を手配し、その費用を負担します。

 

したがって、売主が荷送人となります。

 

もっとも、その他の条件はFOBと同じですので、売主が負担する危険は貨物が本船の手すりを超えるまでです。

 

したがって、CFRの場合は、買主は解除保険契約を締結することが一般的です。

 

3 CIF(Cost Insurance and Freigt)

 

CFRでは、売主は本船渡までの諸費用に加え、本船の費用を負担しますが、CIFはこれに加えて売主が海上貨物保険を締結し、その費用を負担します。

 

売主が代金の支払いを受けることができるのは、荷為替手形に船荷証券、海上保険証券(Insurance Policy)、商業送り状(Commercial Invoice)を提供したときです。

 

【ご留意ください!】

 

本解説は、FOB、C&F(CFR)、CIFに関する基本事項を述べたものです。具体的な貿易実務の詳細については弁護士等の専門家にご相談いただくようお願いします。

 

--------------------

 

契約書作成等の会社法務に関する法律相談は京都市営地下鉄四条駅・阪急京都線烏丸駅直結の京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所(京都弁護士会)の弁護士・税理士にお任せ下さい。

よくあるご質問

ページ上部へ