労働問題

TOP > 法人のお客様 > 労働問題 > 整理解雇・懲戒解雇・雇い止め〈京都弁護士会弁護士による労働問題の法律相談〉

整理解雇・懲戒解雇・雇い止め〈京都弁護士会弁護士による労働問題の法律相談〉

 

整理解雇・懲戒解雇・雇い止めといった労働問題を弁護士法人オールワン法律会計事務所(京都弁護士会)の弁護士(京都弁護士会)が解説します。

 

解雇とは、使用者による一方的な労働契約の解約で、従業員の承諾は必要とされていません。

 

一方で、解雇された従業員は、賃金のみならず時には会社の寮・社宅を出て行く必要がある等大変な不利益を被ります。

 

そこで、会社が従業員を解雇するには様々な条件を満たす必要があります。

 

1 労働契約法第16条

 

労働契約法第16条は「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合には、その権利を濫用するものとして、無効とする」と規定しています。

 

したがって、会社は、個別法令上の解雇禁止規定に触れない場合にも、単に解雇予告手当を支払えば従業員を自由に解雇できるわけではありません。

 

従業員を解雇する場合には、「客観的に合理的な理由」が必要であり、当該解雇が「社会的相当」であると認められる必要があります。

 

2 個別法令上の解雇禁止規定

 

労働基準法、雇用機会均等法、育児介護休業法等の法規には、労働者保護の観点から一定の場合は、使用者の解雇権が制限される規定が設けられています。

 

例えば、労働基準法第19条は、業務上の疾病による休業期間とその後の30日間は解雇できないと規定しています(但し、労働基準法第81条の打切補償が支払われた場合、天災事変等のやむを得ない事由で事業の継続が困難となり、労働基準監督署長の許可を受けた場合等は例外)。

 

3 整理解雇

 

会社の経営事情を理由として従業員を解雇する場合は、次の要件を充足する必要があります。

 

① 会社に人員削減の必要性があること

 

② 会社が解雇を回避するための努力を尽くしていること

 

③ 解雇する従業員の選定基準と実際の選定が合理的といえること

 

④ 会社が従業員に対して説明や協議を十分に行ったこと

 

これらの要件を満たさない解雇は労働契約法第16条に反する解雇として無効となります。

 

4 懲戒・諭旨解雇

 

懲戒・諭旨解雇とも、従業員の企業秩序違反行為に対する制裁罰としての懲戒処分として行われるものです。

 

いずれも解雇予告・解雇予告手当の支給ともなく即時になされ、また退職金の全部または一部が不支給になるなど、従業員が受ける不利益は著しいことから、次のような要件を充足する必要があります。

 

① 就業規則等に懲戒事由等を明定する合理的な規定が存在すること

 

② 従業員に規定に該当する懲戒事由が認められること

 

③ 罪刑法定主義類似の原則(不遡及の原則・一時不再理の原則)、取扱いの平等、処分の相当性、適正手続(従業員に弁明の機会を与えているか等)の要件を充足していること

 

なお、上記3.の要件は、個々の裁判例で問題となったものです。

 

5 有期雇用契約の雇い止め

 

有期雇用契約の場合、当該雇用期間(上限は原則3年、例外的に5年[労働基準法第14条])が満了すれば契約関係も終了するのが原則です。

 

しかしながら、次のような事情があり、こうした原則を適用することが不適当と認められる場合には、有期雇用契約の雇い止めにあっても解雇に関する法理が適用される可能性があります。

 

① 有期雇用契約が実質的に期間の定めのない契約(いわゆる正社員としての雇用契約のこと)と異ならない状態で存在している場合

 

② 従業員に有期雇用契約の契約更新に対する合理的な期待が存在する場合

 

具体的には、次のような基準を元に判断されます。

 

・ 当該雇用が臨時的なものか、常用性のあるものか

 

・ 更新の回数

 

・ 雇用の通算期間

 

・ 契約更新手続きの状況

 

・ 雇用継続に期待を持たせるような使用者の言動の有無

 

・ 従業員が雇用継続を期待することが相当と認められる事情の有無

 

このような基準に従い、労働基準法第16条の解雇基準を類推適用することが相当と判断されると、当該雇い止めが解雇基準を充足しているか否かが判断されることになります。

 

その結果、当該雇い止めが無効と判断されると、従来と同様の労働契約が更新されたものとして取り扱われることになります。

 

【ご留意ください!】

 

本解説は、労働問題の基本的な考え方を示すものです。具体的な解雇等の労働問題の解決については、弁護士等の専門家にご相談いただくようお願いします。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

解雇・雇い止め等の労働問題に関する法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

よくあるご質問

ページ上部へ