相続

TOP > 個人のお客様 > 相続 > 具体的な対策> 遺言作成のポイント〈京都弁護士会弁護士による相続の法律相談〉

遺言作成のポイント〈京都弁護士会弁護士による相続の法律相談〉

 

遺言作成のポイントについて弁護士法人オールワン法律会計事務所(京都弁護士会)の弁護士(京都弁護士会)が解説します。

 

自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言を作成する場合のポイントは次のとおりです。

 

1 財産を把握・整理する

 

遺言者が、遺言中、個々の財産を相続人の誰に相続させるのかを指定するには、そもそも個々の財産が何処にどれだけあるのかを明示しておく必要があります。

 

したがって、遺言作成にあたっては、遺言作成者が自らの財産を把握・整理する必要があります。

 

遺言に財産を明示しておけば、相続人が相続財産を捜索する手間を省くことができ、相続税の申告にあたっては申告漏れの防止にもなります。

 

2 遺言執行者を決めておく

 

遺言者が遺言の内容を決定しても、遺言執行者がいない場合、実際に遺産分割の各種手続きを行うのは各相続人です。

 

多忙等の理由で相続手続きに協力できない相続人がいる場合や、遺言内容に不満を持ち相続手続きに協力しない相続人がいる場合、実際には他の相続人の相続手続きも進行しないことになります。

 

遺言中、遺言執行者を予め指定しておくと、遺言執行者が単独で各種の手続きを行うことができますので、このような事態を避けることができます。

 

また、遺言で、1.認知、2.相続人の廃除、その取り消し、3.一般財団法人の設立を行う場合には、遺言執行者を指定する必要があります。

 

次に、遺言執行者として誰を指定するのかについては、各相続人から各種手続きについて円満な協力が期待できる場合であれば、相続人中から遺言執行者を指定することも可能です。

 

他方、遺言の内容について一部の相続人からの反発が予測されるような場合、弁護士のような専門家を遺言執行者として指定することも検討する必要があります。

 

3 配偶者の生活の安定に配慮する

 

配偶者がいる場合、やはり配偶者に配慮した遺言を作成することが重要です。

 

遺言作成者名義の自宅に配偶者が居住を希望しているような場合には、配偶者がそのまま自宅に居住できるよう、自宅を配偶者に相続させます。

 

預貯金を配偶者に大目に相続させる配慮も必要になります。

 

受け取る年金以上に配偶者に生活費が必要な場合には、相続した預貯金を配偶者が使うため、結果として相続税の2次相続対策にもなります。

 

4 付言を活用する

 

付言とは、遺言者が遺言を作成するに至った思いや経緯を遺言に付け加えたものです。

 

遺言者が、どれだけ各相続人のことを慮って遺言を作成しても、各相続人の相続分を完全に平等にすることは困難です。

 

他の相続人と比べて相続分の指定が少なかった相続人は、どうしても遺言の内容について不平や不満を有することになりがちです。

 

そうしたときに、遺言者が自らの言葉で、遺言を作成したときの思いを付け加えることで、円満な相続を実現することも可能となります。

 

[付言の例]

 

遺言者である私、加藤太郎は、妻京子、長男和夫、次男隆の理解もあり、これまで平穏に暮らしてきました。

しかし、私も還暦を迎え、今後も私の家族、そして私が社長を務める株式会社加藤の今後を考え、ここに遺言をのこします。

遺言では、私が亡くなった時点で、私名義となっている株式会社加藤の株式を長男和夫に相続させることにしています。

株式会社加藤には、私や常務の長男和夫を慕って働いてくれる多くの従業員やその家族がいます。

そして株式会社加藤には、多くのお取引先様やその従業員、その家族がいます。

こうした多くの方々の生活を考えたとき、私が亡くなった後、事業の承継に渋滞があることは許されません。

そこで、株式会社加藤の事業を常務の長男和夫に承継するため、こうした遺言の内容にしました。

次に、妻京子には、私名義になっている不動産と預貯金を相続させることにしています。

これは、これまで私と一緒に株式会社加藤の礎を築きあげ、そして家族のために一所懸命働いていた妻京子が、これからも平穏に生活ができることを考えてのことです。

最後に、次男隆には不動産と預貯金の一部を相続させることにしています。

次男隆の相続分は、長男和夫の相続分よりも少なくなりますが、これは株式会社加藤の将来を考えてのことです。

私は、次男隆のことも長男和夫と同様に大切に思っています。

どうか、次男隆は、私の信条を理解してください。

最後に、長男和夫と次男隆は、お母さんを助けて、これからも家族仲良く生活してください。

 

【ご留意ください!】

 

本解説は、遺言作成時のポイントについて述べたものです。具体的な遺言作成にあたっては弁護士等の専門家にご相談いただくようお願いします。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

遺言作成・遺言執行・相続財産の調査・相続税の申告等、相続の法律相談全般に税理士資格を有する弁護士が対応します。お気軽に京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所(京都市下京区四条通東洞院東入・京都証券ビル6階)にご相談ください。ご予約いただくと土曜日・日曜日・休日の法律相談にも対応します。

よくあるご質問

ページ上部へ