相続

TOP > 個人のお客様 > 相続 > 相続の基本知識> 相続税の計算方法〈京都弁護士会弁護士・税理士による相続税の法律相談〉

相続税の計算方法〈京都弁護士会弁護士・税理士による相続税の法律相談〉

 

相続税の計算方法について弁護士法人オールワン法律会計事務所(京都弁護士会)の弁護士(京都弁護士会)税理士(近畿税理士会下京支部)が解説します。

 

1 相続税の計算方法

 

相続税の計算方法の概要は次のとおりです。

 

1)課税価格の確定

 

課税価格

相続又は遺贈により取得した財産

相続又は遺贈により取得したものとみなされる財産】※1

相続人・受遺者が被相続人から3年以内に贈与された財産

非課税財産】※2

債務及び葬儀費用

 

※1 次のような契約形態の生命保険にかかる死亡保険金など

 

契約者・被保険者:被相続人 保険金受取人:相続人

 

※2 墓地や墓石、仏壇、仏具など

 

 ただし、骨とう的価値があるなど投資の対象となるものや商品として所有しているものは相続税がかかります。

 

2)基礎控除の控除

 

課税価格からで次の算式で求めた基礎控除の価額を控除して課税遺産総額を算出します。

 

3,000万円+法定相続人の人数×600万円

 

3)課税遺産総額の法定相続分による割付け

 

各法定相続人が民法に定める法定相続分に従って取得したものとして、各法定相続人の取得金額を計算します。

 

法定相続分に応ずる各法定相続人の取得金額

課税遺産総額

×

各法定相続人の法定相続分

 

4)相続税総額の基となる税額の算出

 

各法定相続人ごとの取得金額に税率を乗じて相続税の総額の基となる税額を算出します。

 

相続税の総額の基となる税額

法定相続分に応ずる各法定相続人の取得金額

×

税率

 

5)相続税の総額の算出

 

相続税の総額の基となる税額を合算して相続税の総額を求めます。

 

相続税の総額〉=【各法定相続人ごとの算出税額の合計

 

6)相続人ごとの相続税額の算出

 

全体の相続税額を、各相続人が実際に相続する割合に応じて按分し、各相続人ごとの相続税額を算出します。

 

相続人ごとの相続税額

相続税の総額

×

各人の課税価格

÷

課税価格の合計額

 

 7)2割加算等による修正

 

相続人と被相続人との関係、相続人等の属性により相続税額を修正します。

 

各相続人が納付すべき税額

相続人ごとの相続税額

相続税額の2割加算

暦年課税分の贈与税額控除

配偶者の税額軽減

未成年者控除

障害者控除

相次相続控除

外国税額控除

 

(参照:国税庁ホームページ)

 

2 相続税の計算例

 

例)被相続人母、相続人子3人、相続財産1億6,800万円

 

1)課税遺産総額の算出

 

1億6800万円[課税価格]

(3000万円+600万円×3人)[基礎控除]

1億2,000万円[課税遺産総額]

 

2)課税遺産総額の法定相続分による割付け

 

1億2,000万円

×

1/3人[法定相続割合]

4,000万円

 

3) 相続税総額の基となる税額の算出

 

4,000万円

×

20%

200万円

600万円

 

4) 相続税の総額の算出

 

600万円

×

3人

1,800万円

 

5)相続人ごとの相続税額の算出

 

この納税額合計1,800万円を、各相続人が実際に相続する財産の価額に応じて按分して納税します。

例えば、相続人Aが1億6,800万円の相続財産中、半分の8,400万円の相続財産を相続する場合、相続人Aの納税額は、

 

1,800万円×8,400万円/1億6,800万円=900万円

 

となります。

 

【ご留意ください!】

 

本解説は、基本的な考え方を示すものです。具体的な対策の立案や実行にあたっては、弁護士、弁理士、公認会計士、税理士等の専門家にご相談いただくようお願いします。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

相続対策の中心は、遺産分割対策と相続税対策です。相続税の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所(京都弁護士会)の弁護士・税理士(近畿税理士会下京支部)にお任せ下さい。

よくあるご質問

ページ上部へ