債務整理

TOP > 個人のお客様 > 債務整理 > 個人再生の標準的スケジュール〈京都弁護士会弁護士による債務整理の法律相談〉

個人再生の標準的スケジュール〈京都弁護士会弁護士による債務整理の法律相談〉

 

個人再生手続きの標準的なスケジュールについて弁護士法人オールワン法律会計事務所(京都弁護士会)の弁護士(京都弁護士会)が解説します。

 

東京地裁民事第20部(破産再生部)が発表している個人再生手続の標準的なスケジュールです。

 

1 申立…0日

 

2 個人再生委員選任…0日

 

3 手続開始に関する個人再生委員の意見書提出…3週間

 

4 開始決定…4週間

 

5 債権届出期間…8週間

 

6 再生債権者の債権認否一覧表・報告書の提出期限…10週間

 

7 一般異議申述期間の始期…10週間

 

8 一般異議申述期間の終期…13週間

 

9 評価申立期限…16週間

 

10 再生計画案提出期限…18週間

 

11 書面決議又は意見聴取に関する個人再生委員の意見書提出…20週間

 

12 書面による決議に付す旨又は意見を聴く旨の決定…20週間

 

13 回答書提出期限…22週間

 

14 認可の可否に関する個人再生委員の意見書提出…24週間

 

15 再生計画の認可・不認可決定…25週間

 

裁判所によってはスケジュールが異なる場合もありますので、申し立ての際に確認をするようにお願いします。

 

【ご留意ください!】

 

本解説は、個人再生手続きの標準的なスケジュールを示すものです。具体的な個人再生手続き等の申立にあたっては弁護士等の専門家にご相談下さい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

自己破産の弁護士への法律相談、債務整理の弁護士への法律相談、個人再生の弁護士への法律相談は、京都市営地下鉄四条駅・阪急京都線烏丸駅直結の京都の弁護士法人オールワン法律会事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

よくあるご質問

ページ上部へ