ブログ

TOP > ブログ > 弁護士小沢一郎の読書感想文181冊目【パート主婦が明かす奇跡のサービス】

弁護士小沢一郎の読書感想文181冊目【パート主婦が明かす奇跡のサービス】

2016年07月16日

【1年で駅弁売上を5000万円アップさせた パート主婦が明かす奇跡のサービス】

三浦由紀子 2009年 ダイアモンド社

DSC00275

著者の三浦さん。

青山学院付属高校から青山学院大学史学科に進学するも、子を授かり学生結婚をして大学を中退。

その後、子育てに専念し、44歳でパートとして上野駅で駅弁を販売。

様々な苦難を乗り越え、パートから契約社員、52歳で正社員となり、正社員となって1年後に大宮の営業所長に。

本書では、パートに過ぎなかった著者がなぜ大宮営業所長に抜擢されることになったのか、著者の仕事への様々な哲学が紹介されている。

後進の接客指導を通じてタイトルにあるように駅弁の売り上げを飛躍的にアップさせることになるまでの苦心談。

最初、タイトルの「駅弁」という言葉が目に留まり本書を手に取った。

軽い気持ちで読み始めたが、けっこう仕事に役立ちそうなアイデアが書かれている。

特に最終章の「主婦の経験は必ず生きる!子育ては「奇跡のサービス業」です」。

一見あまり仕事を進めるうえで役に立ちそうにない専業主婦の経験を、著者は見事に仕事に生かし切っている。

大宮駅ではこれまで何度も駅弁を買ってきたが、舞台裏で著者のこうした活躍があったことを、本書を読むまで知らなかった。

次に大宮駅で駅弁を買う時の店員さんの接客が今から楽しみである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

債務整理(自己破産・個人再生)、相続(遺産分割・遺言)の法律相談、離婚(養育費・親権・慰謝料請求)の法律相談は京都四条烏丸の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

よくあるご質問

ページ上部へ