ブログ

TOP > ブログ > 弁護士小沢一郎の読書感想文275 B勘あり!

弁護士小沢一郎の読書感想文275 B勘あり!

2017年08月27日

【B勘あり!】 飯田真弓 2015年 日本経済新聞出版社

DSC04435

岩崎美咲は新人の税理士。

ところが、勤め始めたばかりの税理士事務所の代表税理士が急病で倒れてしまう。

そこで、図らずも様々なクライアントを急きょ岩崎美咲が担当することになる。

初めての税務調査の立ち合い。

その中で思いもよらないクライアントの申告漏れが発覚する。

様々な端緒から申告漏れを発見する税務署の調査官。

なすすべもなくクライアントと一緒に調査官の指摘を受ける岩崎美咲。

税務調査における調査官とクライアントとの息詰まるやり取りが、リアリティ溢れる描写で描かれる。

著者の飯田真弓税理士は、高校卒業後に税務大学校に入所。

その後、26年間にわたり国税調査官として様々な税務調査に携わってきた。

本書は、こうした経験に基づいて描かれている。

トッカン、ナサケの女など、近年、税務署を舞台にした作品が注目されているが、リアリティにおいて本書の右に並ぶ作品はそう多くないだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

京都・大阪・滋賀・奈良での労働組合との団体交渉、残業代等の労働問題の法律相談は四条駅・烏丸駅直結、京都・四条烏丸の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

よくあるご質問

ページ上部へ