交通事故

TOP > 個人のお客様 > 交通事故 > 交通事故の損害賠償請求 ①示談交渉〈京都弁護士会弁護士による交通事故の法律相談〉

交通事故の損害賠償請求 ①示談交渉〈京都弁護士会弁護士による交通事故の法律相談〉

 

示談による交通事故の損害賠償請求について弁護士法人オールワン法律会計事務所(京都弁護士会)の弁護士(京都弁護士会)が解説します。

 

1 示談交渉とは

 

示談とは、一般的には、裁判外において、当事者間の任意の話し合いで問題を解決する方法です。

 

交通事故の示談交渉とは、交通事故の加害者と被害者が話し合いにより、交通事故の加害者の責任の有無・程度、交通事故の加害者から被害者への賠償金支払い条件等を決めることを指します。

 

2 示談交渉を選択するメリット

 

交通事故で示談交渉を選択するメリットとしては、次のようなものをあげることができます。

 

1)

迅速かつ比較的容易に解決可能

 

交通事故の被害者が裁判所等の手続きによって解決する場合、解決までに長期間かかる場合があります。

 

交通事故の被害者は証拠を収集し、その証拠に基づき裁判所に提出する訴状等の書面を準備し、その上で裁判に臨みます。

 

交通事故の被害者が弁護士に依頼する場合も相応の時間が必要となります。

 

こうした裁判手続きと比較すると、示談交渉による交通事故の解決は迅速かつ比較的容易であることが期待できます。

 

2)

費用が低廉

 

交通事故を裁判所等で解決する場合、被害者が単独で訴訟をできない場合、弁護士に依頼すると弁護士費用の負担が生じます。

 

交通事故の示談交渉を、交通事故の被害者本人が行う場合は、弁護士費用は不要です。

 

3 示談交渉を選択するデメリット

 

他方、交通事故を示談交渉で解決する場合のデメリットは次のとおりです。

 

1)

被害弁償の履行確保が困難

 

示談交渉は、当事者間での話し合いに過ぎないため、交通事故の加害者が、交通事故の被害者に対して、交通事故の被害弁償をするか否かは加害者の気持ち次第です。

 

交通事故の加害者が交通事故の被害弁償の履行しない場合、交通事故の加害者は改めて裁判手続き等を起こす必要があるため、結局二度手間になってしまします。

 

さらには、交通事故の被害者による交通事故の証拠収集が不十分な場合、交通事故の加害者が当初認めていた過失等を否定する可能性もあります。

 

このような事態となると、被害者に有利な交通事故の証拠が時間の経過で散逸する可能性があるため事態は深刻となります。

 

2)

事件屋等の不適切な者が代理人となる危険

 

交通事故の被害者が、弁護士ではなく、いわゆる事件屋等を代理人として交通事故の示談交渉を進めた場合、十分な被害弁償が得られない危険に加え、示談金を事件やに横領されたり、法外な報酬を請求されたりすることもあります。

 

3)

不満足・不公平な示談結果となるおそれ

 

当事者の多くは交通事故の示談交渉の経験がありません。

 

したがって、当事者間の話し合いで交通事故を解決する場合、交渉能力や知識に劣る当事者にとり不満足・不公平な示談結果となるおそれがあります。

 

4 示談交渉のまとめ

 

示談交渉には、費用が低廉で、迅速かつ容易に交通事故を解決できるメリットがあります。

 

しかし、こうしたメリットは、手続が不安定で、かつ示談交渉の結果を加害者に守らせることが容易でないことの裏返しに過ぎません。

 

したがって、当事者いずれにも弁護士が代理人としてつき、弁護士が専門的知識を駆使して交渉するような場合を除き、示談交渉で交通事故を解決することはあまりお勧めできません

 

交通事故の被害者自らが示談交渉をしようとする場合も、少なくとも、弁護士会や法テラスが主催する法律相談等で弁護士の意見を聞いて参考にすることをお勧めします。

 

【ご留意ください!】

 

本解説は、交通事故を示談交渉で解決する際の基本的な考え方を示すものです。具体的な示談交渉の進め方等については、弁護士等の専門家にご相談されることをお勧めします。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

京都・滋賀・奈良・大阪の交通事故の法律相談は弁護士法人オールワン法律会計事務所(京都弁護士会)の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

よくあるご質問

ページ上部へ