交通事故

TOP > 個人のお客様 > 交通事故 > 交通事故・損害賠償請求の必要書類〈京都弁護士会弁護士による交通事故の法律相談〉

交通事故・損害賠償請求の必要書類〈京都弁護士会弁護士による交通事故の法律相談〉

 

交通事故の被害者が損害賠償請求をする際の必要書類について弁護士法人オールワン法律会計事務所(京都弁護士会)の弁護士(京都弁護士会)が解説します。

 

損害賠償請求をするにあたって必要となる書類は、交通事故の態様、損害の状況等によって異なりますが、代表的なものは次のとおりです

 

1 交通事故証明書

 

交通事故発生を警察に届け出ている場合、所轄の自動車安全運転センターで発行してくれます

 

2 登録自動車の登録事項等証明書

 

相手方車輛の登録内容を知りたい時等に取得します。

 

陸運局または自動車検査登録事務所にて、請求する必要があります。

 

3 診断書診療報酬明細書等医療記録

 

ケガの状態やかかった医療費を明らかにする際に取得します。

 

医療機関等にて請求します。

 

4 刑事記録

 

交通事故により、人損が発生している(事故の被害者がケガあるいは死亡している)場合、実況見分調書等刑事記録が作成されます。

 

刑事記録は、交通事故の被害者であれば、閲覧・謄写が認められる可能性が高くなります。

 

刑事記録の閲覧・謄写は、裁判所や検察庁に請求することになりますが、どのように請求するかは、その事故についての刑事裁判の状況によって、異なります。

 

5 休業証明書源泉徴収票納税証明書確定申告書の写し

 

逸失利益や休業損害を算定するために必要となります。

 

6 修理費の見積書代車費用の明細書

 

物損の請求をする際に取得します。

 

【ご留意ください!】

 

本解説は、交通事故の被害者が加害者や保険会社に対して損害賠償請求する際に必要な基本的な資料を述べたものです。具体的に必要となる書類の選定及び収集については弁護士等の専門家にご相談いただくようお願いします。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

京都・滋賀・奈良・大阪で交通事故に関する弁護士への法律相談は烏丸駅・四条駅直結、京都・四条烏丸の弁護士法人オールワン法律会計事務所(京都弁護士会)の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

よくあるご質問

ページ上部へ