ブログ

TOP > ブログ

2014年7月

京都の弁護士が出会った駅弁vol.203【水戸黄門弁当・東京駅】

2014年07月31日

京都弁護士会所属の京都の弁護士小沢一郎です。

今回は京都から東京のキャピトル東急ホテルに相続・遺言セミナーの弁護士講師の仕事に行った帰りに東京駅で出会った駅弁のご紹介です。

【しまだフーズ 水戸黄門弁当】

2014年7月1日 東京駅・駅弁屋祭で購入(1300円)

DSC02147

今回ご紹介するのは強気の値段設定の駅弁です。1個1300円、これがコンビニだと500円の弁当と150円のペットボトルのお茶をそれぞれ2回ずつ購入できます。そこで水戸黄門弁当にコンビニ弁当2食分のパフォーマンスがあるのか問題です。もちろんコンビニ弁当2食分の「量」で勝負しているとは思えないので、コンビニ弁当2食分の「質」がこの駅弁にあるのかが問題です。

弁当のお品書きに拠れば、黄門様が食した「とされる」料理を調整元のしまだフーズがアレンジしたとあります。

DSC02151

とすれば、この駅弁の値打ちは、あの黄門様が食した料理をしまだフーズが再現したその手間暇にあるといえそうです。ただ、食した「であろう」ですから、信ぴょう性の程はかなり割り引いて考える必要がありそうです。

駅弁の中身ですが、豚の角煮、鮎の香り揚げ、えび焼売、ゆば野菜まんじゅう、鮟鱇唐揚、にしんみりん干し、がんもどき・人参・蒟蒻・蓮根・かぼちゃの煮物、松茸炊き込みご飯、鮭の親子ちらし、青梅甘露煮、しば漬、梅麩とかなり盛りだくさんです。

DSC02149 DSC02150

食べてみるとどれも材料や調理法が吟味されており、たとえこの食材を黄門様が食べていないとしても十分1300円を支払う値打ちがある駅弁でした。

ご馳走様でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、離婚の法律相談、交通事故の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

弁護士小沢一郎(京都弁護士会所属)の相続・遺言セミナー14.52【福岡・久留米編】

2014年07月30日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

7月14日は京都から福岡の久留米に相続遺言セミナーの弁護士講師の仕事に行ってきました。今年52回目の相続遺言セミナーの弁護士講師のご依頼です。

京都から久留米には、新幹線で久留米駅まで向かう方法と、博多まで新幹線を利用し、博多駅から地下鉄で天神に出て、西鉄で久留米に向かう方法があります。今回は京都からのぞみ号で新大阪、新大阪からみずほ号で博多、博多からさくら号で久留米のルートをたどりました。

ただ相続遺言セミナーの会場のメガバンクの久留米支店は西鉄久留米駅の近くにあります。JRの久留米駅からは結構な距離がありますので、タクシーを利用するかバスを待つ必要があります。

DSC02311

西鉄久留米駅前の商店がですが、こちらの商店街も今一つ元気がありません。1年ほど前に訪問したときにはまだ飾られていた「祝 九州新幹線全線開通」の垂れ幕も見られなくなっていました。

DSC02310

当日は小雨が降る生憎の天気でした。久留米市の花久留米つつじと筑後川をデザインしたマンホールも雨に濡れています。

DSC02309

さて、相続遺言セミナーですが、こちらは何時ものように相続・遺産分割対策としての遺言の重要性、相続税対策としての生前贈与の有効性をお話ししました。今回の相続遺言セミナーは信託銀行のコンサルタントの方とご一緒でしたので、私のパートは約1時間ほどでした。

相続遺言セミナーを無事に終了し、せっかくということで博多で途中下車して祇園山笠の飾り山笠を見物することにします。翌15日は追い山のため飾り山笠を見ることのできるチャンスです。まず祇園の大丸の中には「十七番山笠天神一丁目」が飾られていました。

DSC02314

飾り山笠を見るのは初めてですが、傍で見ると圧巻です。

 DSC02313DSC02312

そのまま祇園から博多駅に戻り、今度は「十一番山笠博多駅商店連合会」を見物します。

DSC02315

冬になるとXmasイルミネーションで彩られる博多駅前もこの時期は山笠一色です。

DSC02316 DSC02317

今年は仕事で叶いませんでしたが、来年こそは櫛田神社の追い山笠を見物したいものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、相続税の法律相談、遺産分割の法律相談、遺言の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

京都の弁護士が出会った駅弁vol.202【関西味めぐり 淡路SA】

2014年07月29日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会)。

今回は、京都から香川県の弁護士顧問先の企業を訪問した際、往路の淡路SAで出会った駅弁です。そもそも高速道路のSA(サービスエリア)で販売されている弁当を駅弁と呼称してよいのかという問題はありますが、製造元の淡路屋さんは関西の駅弁業界のトップを快走する駅弁屋さんのため、このブログでは駅弁とさせてもらいます。

【淡路屋 関西味めぐり】

2014年6月29日 淡路SA物販店で購入(850円)

京都から車で香川に向かうには、名神高速、阪神高速等から明石海峡大橋、鳴門海峡大橋、そして高松自動車道を経由する必要があります。淡路SAは京都から明石海峡大橋を渡り切った淡路島の入口にあるSAです。したがって今渡ってきた明石海峡を一望することができます。

DSC01052

香川の弁護士顧問先のお客様には普段高速バスを利用するため、高速バスが休憩停車する室津SAにしか立ち寄ることができません。したがって淡路SAに立ち寄ることができるのは自家用車で弁護士顧問先のお客様を訪問する時だけです。

さて淡路SAの物販店には、淡路島の特産品玉ねぎを使用した様々なお土産品や弁当を販売するコーナーがあります。その弁当売場の一角にわが淡路屋さんの駅弁コーナーが設けられています。もちろん私は浮気をせず淡路屋さんの駅弁を購入します。

駅弁の中身は、串カツ、タコ焼き、たこウインナー(以上大阪名物)、すき焼き(神戸名物)、鮭西京焼き、シバ漬、筍煮、だし巻玉子(以上京都名物、サツマイモ・かぼちゃ・タコ・きんちゃくの煮物、ご飯と続きます。

DSC02105 DSC02106

たとえ大阪名物でもタコ焼きが駅弁に入ることに異論を唱える方も多いかもしれません。しかし、ソースのよく滲みたタコ焼きは白ご飯の格好のおかずになります。

DSC02107

ご馳走様でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、離婚の法律相談、交通事故の法律相談、破産の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

弁護士小沢一郎の読書感想文.20冊目【団塊・シニアビジネス7つの発想転換 村田裕之】

2014年07月28日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

10年近く前ですが「2007年問題」という言葉がマスコミ等を通じて我々の耳に頻繁に入ってきた時期がありました。この問題は、労働力の確保という観点からリタイアした団塊世代の穴埋めをどのように確保するのかといった観点から論じられていましたが、一方でリタイアして余暇を持て余す団塊世代を対象とした商品・サービスを提供することで一大ビジネスチャンスが生まれるといった側面でも議論されていました。本書は、後者のビジネスの側面から団塊世代を対象とするマーケティングについて論じた本です。

【団塊・シニアビジネス7つの発想転換】 村田裕之 2006年 ダイアモンド社

DSC02393

本書の冒頭で著者はそもそも2007年問題などは起こらないと論じます。なぜなら、団塊世代の多くは60歳定年後も様々な形で労働を継続するか、逆に早期退職制度等を利用して50歳代で既に退職しているので団塊世代が60歳で一斉に退職するという前提がそもそも間違っていると論じています。

その上で、多くの団塊・シニアビジネスがつまづくのは、多くのマーケターが団塊世代の実情を理解していないことが最大の原因であると指摘します。

マーケターの多くは、団塊世代を「均質のマスマーケット」と捉え、団塊世代の好きなもの、必要なものはこれだ、という思い込みの下で商品・サービスの開発にあたります。しかし、団塊世代は情報を得ることが上手で、消費の志向も個別化してるため、万人受けをするという商品やサービスの提供では結局団塊世代の心をとらえることはできません。そこで著者は、団塊世代にはニッチ市場からのアプローチが適していると指摘します。

また、団塊世代にはお金と余暇が有り余っているので、他の世代と比較して高級志向の商品・サービスを提供しても団塊世代の財布のひもを緩めることができるというのも幻想であると指摘します。著者に拠れば、確かに統計上では日本の金融資産の多くが高齢者に集中していますが、一方で高齢になればなるほど健康不安、経済不安が増すため、高額な商品・サービスに手を出すことができるのは一部の富裕層に限られています。また、様々な情報に接することが容易なため、本当に提供される商品・サービスが価格に見合ったものか否かを吟味するため、内容を伴わない商品・サービスは団塊世代においても敬遠されます。

私普段、相続・遺言セミナーの弁護士講師として、あるいは相続・遺言セミナー終了後の個別の法律相談の機会に年配のお客様とお話しする機会が多数ありますが、相続の問題一つをとっても個々のお客様のニーズは千差万別のため、相続対策・相続税対策も当然ながら全てオーダーメイドになります。

本書は、そのほかにも団塊世代・シニア世代に関するマーケティングで参考になる手法が満載されています。相続を主として扱う弁護士やその他の士業の方も一読する価値ありです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、遺言の法律相談、遺産分割の法律相談、事業承継の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

相続支援の匠の相続・相続税セミナー【兵庫・西宮編】

2014年07月27日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

7月12日は京都から兵庫の西宮に相続支援の匠の相続・相続税セミナーに行ってきました。

この相続支援の匠とは、相続に関する問題をワンストップで解決することを目指して弁護士、税理士、司法書士がタッグを組んだものです。弁護士チームとして弁護士法人オールワン法律会計事務所から私と鈴木弁護士、工藤弁護士、エヴィス法律会計事務所の里内弁護士(車と阪神タイガースが大好きな私の友人です)、税理士チームとして税理士法人か岡野税理士、岡本税理士、税理士事務所えんの荒田税理士、司法書士チームとして司法書士法人グローバルの鈴木司法書士、中尾司法書士、森脇司法書士が参加しています。

当日は京都の自宅から阪急電車で梅田に出て、梅田から阪神電車に乗り換えて西宮を目指します。阪神梅田駅から乗車した山陽電鉄の姫路直通特急には黒田官兵衛のヘッドマークがかけられていました。

DSC02278 DSC02279

今回の会場は西宮市文化ホールアミティです。会場には西宮を始めとしてお隣の芦屋や神戸から多数のお客様が集まりました。最初は鈴木弁護士が遺産分割対策としての遺言の有用性を弁護士の立場で講演しました。

DSC02280 DSC02281

鈴木弁護士に続いて、次は岡野税理士が相続税対策の講演を税理士の立場で行いました。岡野税理士は日本全国で相続税対策の講演を行っており、主として医療法人や開業医の相続税対策を専門としています。普段相続税対策の講演を多数行っているだけありさすがに話しぶりが堂に入っています。

相続・相続税の講演の後は、希望したお客様と個別の法律相談会を開催しました。今回は特別に法律相談料無料で対応しましたので、こちらの法律相談にも多数のお客様がご参加されました。

法律相談終了後は、大阪の本町に戻ってPGF生命様の本町オフィスで次回の相続・相続税研修の打合せです。途中乗車した大阪市営地下鉄では期間限定のラッピングトレインに遭遇することができました。

DSC02274 DSC02277

本日は弁護士、税理士、司法書士の皆様お疲れ様でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、相続税の法律相談、遺言の法律相談、遺産分割の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

弁護士小沢一郎(京都弁護士会所属)の相続・遺言セミナー14.51【大阪・岸和田編】

2014年07月26日

弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

7月11日は京都からだんじりで有名な大阪の岸和田に相続・遺言セミナーの弁護士講師の仕事に行ってきました。今年51回目の相続・遺言セミナーの弁護士講師の仕事です。

京都から岸和田には、弁護士事務所の最寄駅阪急京都線烏丸駅から阪急電車で梅田に、梅田から地下鉄で難波に、難波から南海で岸和田へと約1時40分ほどかけて移動です。新幹線であれば京都から広島に行ける時間が必要です。

DSC02262

岸和田駅から岸和田駅前商店街のアーケードを通って相続・遺言セミナーの会場に向かいます。夏の昼間ということもあってか、あまり人通りがありません。これは岸和田に限りませんが、地方に行くと駅前の商店街は人通りもなく元気がありません。ちなみに地元の京都は、錦通商店街や三条通商店街を始めとして元気な商店街が数多くあります。

DSC02263

商店街のなかには少し前のNHKの朝の連ドラの「カーネーション」に因んだコシノ洋装店もまだありました。アーケードが尽きたあとの道路にも「カーネーション」のロケ地であることを知らせる看板が建っていました。終わってずいぶん経ちますので、「カーネーション」ネタを引っ張るのはそろそろ限界かと思われます。

DSC02265DSC02267

岸和田には「カーネーション」がなくても、由緒ある建物が数多くあります。

DSC02266 DSC02268

因みにこの辺りはだんじり祭りでだんじりが駆け抜ける通りです。

DSC02269

駅から10分ほど歩いて相続・遺言セミナーの会場浪切ホールに到着です。浪波切ホールの向こうはすぐ大阪湾の内海が広がっています。

DSC02270

浪切ホールの1階エントランスに入ると、周りは年配の男女だらけです。何事かと見ていると当日は北島三郎劇団の公演日にあたっていました。残念ながら相続・遺言セミナーのお客様ではなさそうです。以前にも大阪八尾のプリズムホールで相続・遺言セミナーを行った際、天童よしみさんのリサイタルにあたったり、東京の中野サンプラザで相続・遺言セミナーを行った際に韓国の自殺をした韓流スターの追悼式典にあたったりしたことがありました。因みに追悼式に参加していた妙齢のご婦人の数は相続・遺言セミナーのお客様の倍はいてました。北島三郎さんや天童よしみさんには勝てませんが、せめて自殺をした韓流スターには観客動員数で勝てるようになりたいものです。

DSC02271

さて、相続・遺言セミナーですが、こちらは何時ものように弁護士の立場で相続・遺産分割対策としての遺言の重要性や、相続税対策としての生前贈与の有効性を90分ほどお話ししました。相続・遺言セミナー終了後は、こちらも何時ものようにお客様からの相続に関する個別の法律相談にご対応して浪切ホールをあとにしました。

駅絵の帰り道、岸和田市のマンホールを確認すると、岸和田城と市の花のバラがデザインされていました。

DSC02272 DSC02273

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、相続税の法律相談、遺言の法律相談、遺産分割の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士にお任せ下さい。

京都の弁護士が出会った駅弁vol.201【あじ南蛮焼弁当・品川駅】

2014年07月25日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

今回は、京都から東京の杉並に相続・遺言セミナーの弁護士講師に行った帰り、品川駅で出会った駅弁のご紹介です。

【たごさく本社 あじ南蛮焼弁当】

2014年6月26日 品川駅・エキユートで購入(1008円)

この日の昼食は、相続・遺言セミナーの弁護士講師の仕事に出向いていた京王井の頭線の永福町駅前で大勝軒の大盛りラーメン(麺2玉!)でした。

DSC02076

夕方になって品川駅から京都駅に戻る新幹線に乗車する際も、昼食のラーメンの影響が色濃く残り、あまり空腹感を感じることはありませんでした。品川駅のエキユートに立ち寄るまでは、少し軽めの駅弁を購入して京都までの酒のアテにしようと思っていました。しかし実際に駅弁を買う段になると、どうしても同じ値段でボリュームのある駅弁を選んでしまします。やはり最後は損得勘定です。

DSC02078 DSC02080

駅弁の中身は、梅ちりめんおこわ、赤飯、ごもく鶏おこわ、鶏唐揚野菜甘酢餡かけ、アジ南蛮焼、枝豆豆腐すり身寄せ天ぷら、玉子焼、人参煮、白きくらげ柚子あえ、ひじきサラダと盛りだくさんで、かつボリュームも満点です。あえて問題を提起するとすれば、南蛮焼のたれに使用されている酢の刺激臭が常温で周辺に拡散する点でしょうか。新幹線の隣の座席に乗客がいいる場合、少し用心が必要です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、相続税の法律相談、遺言の法律相談は京都市営地下鉄四条駅直結の京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

弁護士小沢一郎(京都弁護士会)の相続・遺言セミナー14.50【東京・新宿編】

2014年07月24日

京都弁護士会所属の京都の弁護士の小沢一郎です。

7月10日は京都から東京の新宿に相続・遺言セミナーの弁護士講師の仕事に出かけてきました。今年50回目の相続・遺言セミナーの弁護士講師の仕事です。

DSC02253

今回の相続・遺言セミナーの会場は新宿にあるメガバンクの支店でした。支店長さんは前任地からお世話になっている方のため、久しぶりの再会でした。支店長さんをはじめ、メガバンクの行員さんはご転勤が多く、思わぬところで以前お世話になった行員さんと再会することがあります。そうした時は以前の勤務地での思い出話や、以前の同僚の方の近況のお話で盛り上がることも少なくありません。

さて、今回のセミナーも相続・遺産分割対策としての遺言の活用、相続税対策としての生前贈与の有効性を中心に90分ほどお話をさせていただきました。相続対策の2本柱は遺産分割対策と相続税対策といつもお話しするのですが、東京やその近郊で相続セミナーを開催すると、やはり皆さんの関心の中心は相続税対策です。地価の高い東京やその近郊で不動産を所有する方は、来年に控えた相続税の基礎控除の4割カットにより、相続税は避けて通れない問題となっています。相続・遺言セミナー終了後の個別の法律相談でも、やはり相続税に関するご質問が多くなります。今回の相続・遺言セミナー終了後の個別の法律相談でも、やはり相続税に関するご質問が相次ぎました。

相続・遺言セミナーでのお客様からの個別の法律相談終了後は、メガバンクの行員さんを対象とした相続・相続税研修の弁護士講師の仕事です。当日は関東地方に台風が接近しており、交通機関に乱れが生じる恐れがあったため、予定を早めて1時間弱で相続・相続税研修は終了しました。

相続・相続税研修の終了後は久しぶりに京都に帰京です。台風接近で帰りの新幹線が心配でしたが、無事に定時に京都駅に到着しました。お疲れ様でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続税の法律相談、相続の法律相談、遺産分割の法律相談、遺言の法律相談は京都の四条烏丸交差点そば、京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

祝200食\(^o^)/ 京都の弁護士が出会った駅弁vol.200【みやぎ蔵王弁当 東京駅】

2014年07月23日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

今回ご紹介するのは、京都から東京の豊洲に相続・相続税研修の弁護士講師の仕事に行った際に東京駅で出会った駅弁です。「京都の弁護士が出会った駅弁」なるブログを勝手に立ち上げて記念すべき200食目の駅弁です。

思えば弁護士の仕事で北海道から鹿児島まで日本全国に出張する都度、色々な駅弁と出会う中でせっかくだからブログで紹介しようと思い立ったのがスタートでした。沖縄を除くすべての都道府県の駅弁をご紹介してきましたが、これからも弁護士の仕事で全国行脚を続ける中で出会う駅弁をご紹介したいと思います。

【NRE大増 みやぎ蔵王弁当】

2014年6月24日 東京駅・駅弁屋祭で購入(1150円)

日本全国の駅弁を紹介してきたと書きましたが、それができたのは一重に東京駅で日本全国の駅弁を販売する駅弁屋祭さんのおかげです。弁護士の仕事では圧倒的に東京に出張することが多いので、やはり東京駅で出会う駅弁をご紹介することが多くなります。

駅弁の中身は、えごま塩むすび、秘伝豆味噌むすび、梅むすび、蔵王爽清牛のハンバーグ和風ソース仕立て、白石温麺パスタ風、キャベツ炒、ハーブ入揚げしんじょ、生芋蒟蒻のゆず酢と宮城の名産品が多数詰まっています。

DSC02063

食べてみると味付けも濃すぎず、お酒の肴に最適でした。ご馳走様でした。

DSC02061 DSC02062

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、離婚の法律相談、交通事故の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会所属)にお任せ下さい。

弁護士小沢一郎(京都弁護士会所属)の相続・相続税研修【東京・赤坂編】

2014年07月22日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

7月9日は、東京の赤坂で外資系銀行の行員さんを対象とした相続・相続税研修の弁護士講師の仕事でした。

研修の合間に時間があったので少し足を伸ばして巣鴨のとげぬき地蔵を訪問することにします。最寄駅は山手線の巣鴨駅、実は初めて下車する駅です。

DSC02243

駅前を100メートルほど進むと巣鴨地蔵通商店街の入口です。入口には立派なアーチ形の門がかけられています。

DSC02244

こちらの商店街、やはりとげぬき地蔵に参拝に来る年配の方向けの商品が多く、特に今は懐かしい洋品店などが元気に営業しています。

DSC02245DSC02250

商店街を入口から5分ほど進むと、とげぬき地蔵で有名な髙岩寺に到着です。当日は平日のせいか、参拝客もあまり見当たらず、境内の耳かき屋さんなども手持無沙汰にしていました。

DSC02246 DSC02251

髙岩寺にはよろず相談処が併設されており、法律相談にも対応しているようです。業として法律相談をしてしまうと弁護士法に違反するはずですが、中では弁護士さんが待機しているのでしょうか?

DSC02247

さらに商店街を進むと巣鴨郵便局です。局の前のポストにはマスコットのすがもんが鎮座しています。

DSC02248

さらにさらに商店街を進むと、やがて都電荒川線の庚申塚駅に到着です。ここで都電荒川線と出会えるとは意外でした。

DSC02249

商店街を散々冷かして、その挙句手ぶらで帰るのも何なので、髙岩寺近くの出店でおばちゃんから七味唐辛子を購入することにしました。容器の瓢箪のいれもの込で2100円でした。

DSC02252

その後、赤坂に戻り相続・相続税研修の講師の仕事が続きました。今回も相続・遺産分割対策としての遺言、相続税対策としての生前贈与、そして海外資産に関する相続税対策を午前、午後各3時間ほど弁護士、税理士の立場でお話ししました。

関係者の皆様、ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、相続税の法律相談、遺言の法律相談、遺産分割の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

弁護士小沢一郎(京都弁護士会)の相続・相続税研修【大阪・本町編】

2014年07月21日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

7月8日はPGF生命様のご依頼で、外資系銀行の行員さんを対象とした相続・相続税の研修の弁護士講師の仕事でした。

今回の相続・相続税研修は、午前9時~午後0時、午後4時~午後7時の3時間のダブルヘッダーです。途中休憩を挟みますが、私も受講される行員さんも大変です。今回の研修では、民法の相続編の基本事項、相続税法の基本事項を中心に解説しました。

外資系銀行の行員さん対象のため、質問で一番多かったのが海外資産の課税に関するものでした。オフショア―やタックスシェルターを使った租税回避行為が現状どのように規制されているのか、在外資産の当該国の税制と日本国の税制の二重課税の問題、各国の相続税制の比較といった高度なご質問があり、久しぶりにやりがいのある研修となりました。

午後7時に研修が終わった後は、翌7月9日に東京の赤坂で同じ研修を実施するため、そのまま新大阪から新幹線で東京に移動です。ホテルのある赤坂に到着したのは午後11時、この日はかなり疲れたので赤坂界隈を徘徊することなくホテルに直行しました。

お疲れ様でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、相続税の法律相談、事業承継の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。

弁護士小沢一郎(京都弁護士会)の相続・遺言セミナー14.49【大阪・難波編】

2014年07月20日

京都弁護士会所属の京都の弁護士小沢一郎です。

7月7日は京都から大阪の難波に出向いて相続・遺言セミナーの弁護士講師の仕事でした。今年49回目の相続・遺言セミナーの弁護士講師のご依頼です。

今回は「争族を防ぐ」と題して、相続財産としての不動産を巡り、遺産分割時にどのようなトラブルが生じうるのかを、遺産分割調停の代理人を何度も務めた弁護士の立場で解説しました。不動産を巡る問題点とは、端的に言えば複数の相続人で遺産分割を行う際、不動産は平等に遺産分割を行うことが困難なため、「争族」の原因となることが多いということです。一方で国税庁の統計資料に拠れば、相続税納税義務者が実際に相続する相続財産の過半数が土地・建物で占められているため、一般的には不動産に関する遺産分割対策が重要となります。

今回の相続・遺言セミナーにも、個人・法人を問わず多数のお客様が来場され、皆さん熱心に遺産分割対策や相続税対策を聴講されていました。皆さんありがとうございました。

京都への帰りの阪急電車には祇園祭のヘッドマークが装着されていました。

DSC02236 DSC02237

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、遺産分割の法律相談、遺言の法律相談、事業承継の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会所属)にお任せ下さい。

京都の弁護士が出会った駅弁vol.199【大宮弁当・東京駅】

2014年07月19日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

今回は、京都から東京の銀座に相続・遺言セミナーの弁護士講師の仕事に行った帰りに東京駅で出会った駅弁のご紹介です。

【NRE大増 大宮弁当】

2014年6月18日 東京駅・駅弁屋祭で購入(1200円)

駅弁屋祭さんでは日本各地の名物駅弁と出会うことができますが、今回は東京のお隣、埼玉の大宮の名物駅弁です。埼玉と駅弁はにわかにイメージがつながりませんが、それなりに埼玉及びその周辺の名物が入っているようです。

DSC02054

駅弁の内容は、牛タン、笹かま、舞茸煮、鮭塩焼、大学芋、くわい・ひじきのサラダ、蕪・筍・フキの煮物、菜の花おひたし、ネギ味噌、マス寿司風ちらし、いぶりがっこ、玉蒟蒻串、野沢菜天ぷら、長芋揚煮、ホタテ煮と盛りだくさんです。東京から京都までの2時間20分、ビールとハイボールの相手を務めるのに十分な内容でした。

DSC02051 DSC02052

ご馳走様でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、遺言の法律相談、事業承継の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会)にお任せ下さい。土曜・休日の法律相談にも対応します。

京都の祇園祭の山鉾巡行がありました

2014年07月18日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

7月17日は京都の三大祭の中でも最も人出の多い祇園祭の山鉾の巡行の日です。山鉾は、京都の四条烏丸の交差点を長刀鉾を先頭に出発すると、四条河原町、河原町御池、御池新町の順番に京都の中心部を巡行します。

私の弁護士事務所は大丸京都店の西隣にあるため、長刀鉾の鉾町になります。前日の16日は宵山で夜は大変な賑わいとなります。一番人気の長刀鉾は大変な人出でした。

DSC02333 DSC02334

重要有形民俗文化財に指定されている山鉾は、動く美術館といわれていて、様々な美術工芸品で装飾されています。

DSC02335 DSC02336

さて山鉾巡行の当日は、巡行コースにあたる京都市内の目抜き通りは通行止めです。御池通りには有料の観覧席が設けられています。

DSC02340

さて、いよいよ17日の午前9時に四条烏丸の交差点から山鉾巡行がスタートです。市場から縞の交差点は大変な人出でした。

DSC02341 DSC02342

仕方がないので、ビルの6階にある弁護士事務所から眺めることにします。弁護士事務所からは遮るものがないのでゆっくりと眺めることができます。

 DSC02344

少しの時間ですが京都の伝統行事を鑑賞することができました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

京都での法律相談は四条烏丸交差点そば、大丸京都店西隣の京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会所属)にお任せ下さい。京都市営地下鉄四条駅・阪急京都線烏丸駅に直結しています。

弁護士小沢一郎の読書感想文.19冊目【考証要集 大森洋平】

2014年07月17日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

今回は、NHKで時代考証を担当するシニアディレクターである著者による時代考証に関する書籍のご紹介です。

【考証要集】 大森洋平 2013年 文春文庫

突然ですが、その筋の方々が身体に入れる模様は「入れ墨」で正解でしょうか?

正解は×(バツ)です。江戸時代には「入れ墨」といえば刑罰を指し、前科犯数を縞や記号で腕や額に彫り付けるものをいい、葉やかな図柄を背中などに彫り付けるものは「彫り物」といって区別されていたそうです。

ではもう一問。人が亡くなった時の年齢を表すのに「享年○歳」は正解でしょうか?

正解はこちらも×(バツ)です。「享年」とは年を享くること○の意味で、これに歳をつけると同じ意味の繰り返しになるのだそうです。

その他にも、右舷・左舷の読み方は、日本海軍や海上自衛隊では「みぎげん」「ひだりげん」と呼称する、「射殺」「銃殺」の違いは、前者が鉄砲で撃ち殺すことを指し、後者は射殺による死刑を指す、武士の相続では父が隠居する場合を「家督相続」、父が死んだ場合を「跡目相続」と区別する、など目からうろこのお話が満載です。2013年12月に1刷、今年2014年5月には早くも7刷と隠れたベストセラーです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、遺言の法律相談、遺産分割の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会所属)にお任せ下さい。

弁護士小沢一郎(京都弁護士会所属)の相続・遺言セミナー14.48【大阪・ホテル阪急インターナショナル】

2014年07月16日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

7月4日は大阪・梅田にあるホテル阪急インターナショナルに相続・遺言セミナーの弁護士講師の仕事で出かけてきました。今年48回目の相続・遺言セミナーの弁護士講師の仕事です。

DSC02209

今回の相続・遺言セミナーは、「想いをつなぐ相続」と題して東京のキャピトル東急ホテル、名古屋のマリオットホテルで行った3回限定の相続・遺言セミナーの最終回です。何時ものように開演前はご主催のメガバンク、ご後援のPGF生命の皆様が開演前の準備にあたっています。

DSC02210

相続・遺言セミナー自体は、何時ものように弁護士の立場で相続・遺産分割対策としての遺言の必要性、生命保険を活用した代償分割の有効性、相続税対策としての生前贈与の有効性といったお話をさせていただきました。

DSC02216 DSC02220

大阪や神戸、そして私の地元の京都からも多数のお客様にご来場いただきました。ホテルでのセミナーはそれなりに気が引き締まり、良い刺激になります。また機会があれば頑張りたいと思います。

お世話になった皆様ありがとうございました。

DSC02231 DSC02234

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、遺言の法律相談、遺産分割の法律相談、事業承継の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会所属)にお任せ下さい。

弁護士小沢一郎の読書感想文.18冊目【永遠の旅行者・橘玲】

2014年07月15日

京都弁護士会所属の弁護士の小沢一郎です。今回ご紹介するのは元弁護士が主人公のお話です。

【永遠の旅行者】橘玲 平成20年 幻冬舎文庫

本書は次のような「註」から始まります。

「これから本書で紹介されるタックスヘブン等を利用した税務上の数々のテクニックは、あくまでも著者の想像上のものであり、税法及びその他の法律に関するコメントは私的見解である。読者が自らの責任においてこれらの手法を試みるのは自由だが、それが現実に効力を有する保証はない」

主人公は、昇進を約束されていた日本でも有数の弁護士事務所を退所した元弁護士です。現在は弁護士登録を抹消した後、居住地を特に定めずにアメリカを中心に世界を放浪しています。主人公の元弁護士は、いずれの国の居住者にもならないことで、永遠の旅行者(PT=Perpetual Traveler)として納税義務を回避しています。

物語は、元弁護士の下にある日本人から20億円の相続財産を1円の相続税も支払わずに孫娘に相続させる依頼がくるところから始まります。物語の舞台がシンガポール等の相続税・贈与税の制度がない国であれば問題がないのですが、日本はご存じのとおり相続税法が既定され、原則として国内外の相続財産に最高50%の相続税が適用されます。相続税の節税スキームとしてタックスヘブンやプライベートバンクを利用するスキームがありますが、元弁護士はあくまで日本の法律に抵触しないことを条件にこの任務を引き受けます。

本書ではいたるところに著者の法律や税制に関する鋭い指摘が述べられています。たとえば相続税制についても本書では次のとおりに指摘されています。すなわち、税の形態は大別して所得税・資産税・消費税に分類されるが、人が死ぬときに残した相続財産に課税される相続税を租税理論はうまく説明できない。所得税・資産税・消費税が課税された後の財産を全て浪費してしまえば相続税は課税されない一方、これを家族に残そうとすると最高50%の相続税が課税される。とすれば国は財産の浪費を相続税制を背景に推奨するのであろうか等。

元弁護士は、困難な状況を克服し、最後には元の同僚の弁護士の協力を得るなどして相続税0の困難な問題を解決します。その過程では最新の相続税回避スキーム等などがふんだんに紹介されています。弁護士の立場では自分の顧客に必ずしも紹介できる相続税回避スキームばかりではありませんが、物語としては最後まで面白く読ませていただきました。かなりお勧めの書籍です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、相続税の法律相談、遺言の法律相談、遺産分割の法律相談は四条烏丸そば、京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会所属)にご相談下さい。土曜・休日の法律相談も対応します。

京都の弁護士が出会った駅弁vol.198【青森故郷めぐりラブ青森弁当・東京駅】

2014年07月14日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

京都から東京の丸の内に相続・遺言セミナーの弁護士講師の仕事で出かけた際に東京駅で出会った駅弁のご紹介です。

【つがる惣菜 青森故郷めぐりラブ青森弁当】

2014年6月17日 東京駅・駅弁屋祭で購入(1000円)

東京の玄関口東京駅は、京都から東京に弁護士の仕事で出張する際の窓口のため、週に何度も利用しますが、数年前に新しくなった丸の内の駅舎は何度見ても本当に素晴らしい建物です。地元の京都駅も数年前にずい分モダンな建物に建て替えられましたが、残念ながら東京駅のような風格がありません。地元京都は本当に大好きですが、駅舎だけは東京に完敗です。

DSC02038

さて駅弁ですが、何時もの駅弁屋祭さんで購入しました。駅弁屋祭さんのショーケースには、駅弁の中身が分かる写真と一緒にお勧めの駅弁には簡単なPOPが添えられています。今回ご紹介する駅弁には「ボリューム満点!」とのPOPが添えられていました。この日は相続・遺言セミナーの弁護士講師の仕事を始めとして弁護士業務が多忙だったため、ろくに昼食を摂ることができず、POPを見て即購入を決めました。

POPに偽りはなく確かにボリューム満点です。駅弁の包み紙にも「ボリューム満点」と謳われています。

DSC02039

しかし、ボリュームだけではなく青森の地元の名産品を多数詰め込んだこちらの駅弁、味もなかなかのものです。内容は、生姜味噌おでん、八戸焼、いかメンチ、黒石焼きそば、八戸鯖の味噌煮、陸奥の貝焼みそ、五所川原の蜆ごはん、三沢の鶏牛蒡など普段なかなか頂くことのできないメニューもふんだんに盛り込まれています。

DSC02040 DSC02041

最近駅弁屋祭さんを覗いた時にも継続して販売されていたので、よく売れているのでしょう。お勧めの駅弁です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、遺言の法律相談、離婚の法律相談、交通事故の法律相談は四条烏丸そば京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会所属)にお任せ下さい。

京都の弁護士が出会った駅弁vol.197【新駅物語・小倉駅】

2014年07月13日

京都弁護士会所属の京都の弁護士の小沢一郎です。

今回ご紹介するのは、京都から北九州の小倉に相続・遺言セミナーの弁護士講師の仕事で出かけた際に出会った駅弁です。

【東筑軒 新駅物語】

2014年6月13日 小倉駅・新幹線改札内駅弁当売場で購入(1030円)

今回の駅弁は小倉駅で購入しました。小倉駅前には有名な小倉祇園太鼓の銅像が建っています。

DSC02031

小倉駅には新幹線改札内と在来線改札内の2カ所に駅弁当売場があります。扱う駅弁は微妙に違うようですが、売り切れている商品などもあり、実際に購入できる駅弁に大差ありません。ただ、毎回両方の売場を確認してから購入する駅弁を決めています。

DSC02032

今回の駅弁の謹製元は、折尾のかしわめしで有名な東筑軒さんです。かしわめし九州では比較的メジャーな駅弁だと思います。実際に食べたなかでは、以前宮崎に相続・遺言セミナーの弁護士講師の仕事で出張した際に西都城駅まで行って購入したせとやま弁当さんのものと、東筑軒さんのものがお勧めでしょうか。東筑軒さんのかしわめしは何時もいただいているので、今回は別の駅弁にしました。

駅弁の中身は、かしわ・錦糸玉子がのったかしわ飯、白身魚フライ、かぼちゃ、玉子焼、鶏唐揚、エビ天、牛肉しぐれ煮、里芋・筍・椎茸・人参・蒟蒻の煮物と、メニュー自体はオーソドックスですが、やはり出汁で炊かれたかしわめしが抜群です。かしわめし自体にしっかり味付けがされているので、これ単体でも酒の肴になるくらいです。

皆様も一度お試しください。

DSC02033 DSC02034

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、遺言の法律相談、交通事故の法律相談、離婚の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会所属)にお任せ下さい。

弁護士小沢一郎(京都弁護士会所属)の相続・遺言セミナー14.47【名古屋・マリオットホテル】

2014年07月12日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

7月3日は京都から名古屋に出向いて相続・遺言セミナーの弁護士講師の仕事でした。今年47回目の相続・遺言セミナーの弁護士講師の仕事です。

前にもお話ししましたが、京都から名古屋にはのぞみで36分、私の弁護士事務所の最寄駅京都市営地下鉄四条駅から京都駅までの地下鉄乗車時間4分を入れても40分ほどで到着です。今回の相続・遺言セミナーの会場は名古屋駅に隣接する名古屋マリオットホテルのため、名古屋到着後の移動時間はほぼ0です。本当に近くて助かります。

DSC02181

今回の相続・遺言セミナーは、メガバンクのご主催、PGF生命さんのご後援という大がかりなものです。会場では多くの関係者の皆様が準備にあたっていました。

DSC02182

いよいよ会場です。「想いをつなぐ相続」をテーマに、弁護士の立場で相続の現状、相続に関するトラブル、遺産分割対策としての遺言・代償分割、相続税対策としての生前贈与といったお話を80分させていただきました。

DSC02183 DSC02185 DSC02196 DSC02201

会場には昔からの知り合いの税理士さんも駆けつけてくれて、懐かしの再開を果たすこともできました。

相続・遺言セミナー終了後はすぐに京都に戻って弁護士業務です。今回も多くの皆様にお世話になりました。ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、遺言の法律相談、遺産分割の法律相談、相続税の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会所属)にお任せ下さい。

京都祇園祭の鉾建てが始まりました(弁護士小沢一郎)

2014年07月11日

京都弁護士会所属の京都の弁護士小沢一郎です。

昨日まで3日ほど東京に出張していたので、今朝は久しぶりに京都の弁護士事務所に出所です。ところが、何時も通る四条通が鉾建てのため片側2車線のうち1車線が通行できなくなっていて大渋滞です。何時もは5分もかからない堀川通から烏丸通まで10分以上もかかりました。

私の弁護士事務所は四条烏丸の交差点のそば、大丸京都店さんの隣のビルに入っていますが、この付近は長刀鉾の鉾町にあたります。

DSC02258

山鉾は巡行する際にくじでその順番が決まりますが、長刀鉾だけは「くじとらず」といい、必ず巡行の先頭に立ちます。また鉾に生稚児(いきちご)が乗るのも長刀鉾だけという由緒ある鉾です。

さて鉾建てですが、部材を固定するのに一切釘は使わず、荒縄で部材を締め上げて固定していきます。これを「縄がらみ」といいますが、縄で固定するため衝撃を吸収することができます。因みに一つの鉾に必要な荒縄の長さは約5キロにもなるということです。長刀鉾の保管庫にはこれから使用する荒縄が積み上げられていました。

DSC02260

そして鉾建てですが、これは全て職人さんの手作業で行われます。京都の伝統行事とはいえ、本当に蒸し暑い中での作業のため大変です。

DSC02259 DSC02261

祇園祭は17日の山鉾巡行に向かってこれから盛り上がりを見せます。この機会にぜひ京都にお越しください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、遺言の法律相談、遺産分割の法律相談、事業承継の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会所属)にお任せ下さい。

弁護士小沢一郎の相続・遺言セミナー14.46【香川・高松編】

2014年07月10日

京都弁護士会所属の京都の弁護士小沢一郎です。

7月2日は京都から香川の高松に相続・遺言セミナーの弁護士講師の仕事に行ってきました。今年46回目の相続・遺言セミナーの弁護士講師の仕事です。

高松には弁護士顧問先のお客様がいるので6月28日(土)と29日(日)に泊りがけで訪問させていただきました。3日と空けず香川を再訪です。

昼前に高松に到着したので、とりあえず腹ごしらえ、何時もの「さか枝」に向かいます。少し奮発してかま玉(中)320円也を注文します。さか枝のなかでかま玉は高めです。少し待って茹でたてにトッピング自由の天かすとネギを振りかけてできあがり。茹でたてだけあり麺の食感が違います。

DSC02155 DSC02156

相続・遺言セミナーの開始まで時間があったので、さか枝から高松港まで歩くことにします。高松港からは鬼ヶ島行のフェリーが出ています。この日は海風もなく蒸し暑いばかりで、高松港を散策する観光客もまばらでした。

DSC02162 DSC02163

しばらくして高松港の横にある玉藻公園と高松城址に戻ります。高松城は生駒親正が築城し、その後藩主となった松平家の居城でした。

DSC02161

この玉藻公園の入り口横には琴電の高松築港駅があります。この日は相続・遺言セミナーの弁護士講師の仕事があるので乗車できませんでしたが、何時の日かの乗車できることを祈念して1日フリー乗車券を購入しました。

DSC02158 DSC02159DSC02160

しばらく高松築港駅で待機して琴電の撮影に専念することにしました。琴電は編成ごとの塗装が全て違うのでしょうか。魅力的な車体が次々に入線してきます。

DSC02157 DSC02164 DSC02165 DSC02167

15分ほど写真撮影を行い、時間が来たので、ご主催のメガバンクの高松支社で支社長と合流し、相続・遺言セミナーの会場、香川県銀行協会に移動です。こちらの支社長さん、私の弁護士顧問先の企業を担当されている行員さんいずれも気持ちのいい方で、いつもお会いするのが楽しみです。

本日の相続・遺言セミナーはメガバンクとお取引のある法人さんが対象のため、実質的には事業承継セミナーです。「弁護士が実践する事業承継」をテキストにして、遺産分割対策、自社株対策、相続税対策を2時間ほどお話しさせていただきました。

本日も多くの皆様にお世話になりました。ありがとうございました。

DSC02166

(高松のマンホールには屋島の戦いで平家方の扇を射落としたとされる那須与一がデザインされています)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、事業承継の法律相談、相続税の法律相談、遺言の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会所属)にお任せ下さい。

京都の弁護士が出会った駅弁vol.196【豚とろ弁当・小倉駅】

2014年07月9日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

今回ご紹介するのは、相続・遺言セミナーの弁護士講師の仕事で京都から北九州に出かけた時に小倉駅で出会った駅弁です。

相続・遺言セミナーの会場は小倉駅前のリーガロイヤルホテルでした。

DSC02028

開演前の時間を利用して門司港を散策することにします。門司港は「門司港レトロ」という名前の観光スポットになっていますので、そこ此処に由緒ある建物があります。

DSC02022 DSC02024

こうした歴史的建造物は全て港のそばに建っています。この日はたまたま可動橋が開門する様子を見ることができました。

DSC02021 DSC02026

もちろん謎のバナナマンの等身大フィギュアも健在です。

DSC02027

港から少し入ったところには出光美術館があります。以前紹介した「海賊とよばれた男」で出光佐三氏が出光を門司で創業されたことを知りました。そうしたことを知った後で出光美術館をみると感慨も一入です。出光美術館の前には既に廃止された路面電車が展示されています。

DSC02017 DSC02018

【北九州駅弁当㈱ 豚とろ弁当】

2014年6月13日 小倉駅・新幹線改札内駅弁当売場で購入(1050円)

小倉駅で購入した駅弁は、せっかくですから旧0哩ポスト付近で食べることにします。この日も蒸し暑い天気でしたが、海風があり日影に入ると快適でした。

DSC02016 DSC02015

さて駅弁ですが、タイトルにあるようにとんこつが主役です。とんこつの炊き込みご飯の上に2種類の豚トロと錦糸玉子がのっかり、申し訳程度に桜漬大根が彩りを添えます。食べてみると、案外さっぱりとしており、特にとんこつで炊いたご飯が特に美味しく感じられます。ただ、やはり品数が少ないので、食事が途中から単調になることは否めません。値段を考えるとまずまずといった駅弁でしょうか。

DSC02011 DSC02012

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

交通事故の法律相談、破産の法律相談、相続の法律相談、離婚の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会所属)にお任せ下さい。

弁護士小沢一郎(京都弁護士会所属)の相続・遺言セミナー14.45【東京・永田町編】

2014年07月8日

京都弁護士会所属の京都の弁護士小沢一郎です。

7月1日は京都から東京の永田町にあるキャピトル東急ホテルに相続・遺言セミナーの弁護士講師の仕事に行ってきまいた。今年45回目の相続・遺言セミナーの弁護士講師の仕事です。

今回の相続・相続税セミナーは、東京、名古屋、大阪の3回限定で「想いをつなぐ相続対策」と題して行われました。私は「弁護士の考える今とるべき対策とは」をテーマに、各回80分公演を行います。

第1回目の会場であるキャピトル東急ホテルは首相官邸のすぐ横なので東京駅から歩いて向かうことにします。東京駅から大手町、霞が関の官庁街を通り約40分で到着です。当日は蒸し暑い日でしたので、ホテルに到着すると汗だくです。到着するとすぐに講師控室に通されクールダウンをすることになります。

今回が初回のため私以外の皆さんはかなりピリピリした雰囲気です。私も皆さん邪魔をしないようにしながら、会場の下見や照明・マイクの確認作業を行います。

DSC02115

会場をうろうろしているうちに開場時間となりました。蒸し暑い天気の中多数のお客さまがぞくぞく来場されてきます。開演時刻には広い会場もほぼ満席近くになりました。

DSC02123

私の講演時間は80分、何時もですと5分、10分の時間延長は全く気にしませんが、主催のメガバンク、後援のPGF生命さんのご担当者の様子を見ていると「時間厳守!」と無言の圧力を受けます。そこでいつもより心もち気持ちを引き締め、時間厳守で講演を行います。

DSC02130

講演の内容は、弁護士の立場での相続対策・相続税対策の2本柱のお話です。相続対策をとらないと遺産分割時にどのような不利益が生じるのかからお話がスタートし、事前の対策としての遺言作成と生命保険を活用した代償分割のお話を前半で、後半では相続税対策としての生前贈与のお話をさせていただきました。壇上からお客様を見ているとメモをとる方も多く、熱心にお話をきいていただけたようです。やはりお客様が熱心だと話し甲斐があります。

DSC02141 DSC02144

今回も多くの皆様にお世話になりました。ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相続の法律相談、遺言の法律相談、事業承継の法律相談、遺産分割の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会所属)にお任せ下さい。

弁護士小沢一郎の読書感想文.17冊目【亜玖夢博士の経済入門・橘玲】

2014年07月7日

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

【亜玖夢博士の経済入門】橘玲 2010年 文春文庫

あらゆる学問を修めた亜玖夢博士が歌舞伎町に開設する研究所を訪問する相談者の相談に、様々な経済理論を駆使して応えるお話です。著者は経済小説で有名な橘玲氏、以前同じ著者の「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」を紹介しました。

舞台設定自体は荒唐無稽です。全てのことに精通した亜玖夢博士に加え、亜玖夢博士の指示を実行する中国人の美少年は、中国マフィアから人民解放軍まで意のままに操れる設定になっています。この荒唐無稽な舞台設定のなかで、行動経済学、囚人のジレンマ、ネットワーク経済学、社会心理学、ゲーゲルの不完全性定理といった最新の経済学が素人にも分かりやすく解説されているため、最後まで一気に読了できます。

たとえば、消費者金融からの借り入れで首が回らなくなった債務者のお話では、行動経済学の考え方が説明されています。借金の額が一定限度までは不安感と借金の額が比例関係にあるが、一生かかっても返済できない金額を超えるとあとは不安感は増加しない。したがって、返済できない金額まで借金をすることで不安感の増加を抑えることができる。亜玖夢博士は相談者に対して、どうせ借金を返せないななら借金の額を増やした方が良いとアドバイスをします。こんなアドバイスを実際にすると大変なことになりますが、読んでいくうちに行動経済学のエッセンスにふれることができます。

他の経済理論にしても同じように面白おかしく解説されていてお勧めです。

DSC02235

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

交通事故の法律相談、相続の法律相談、離婚の法律相談は京都の弁護士法人オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会所属)にお任せ下さい。

1 / 212
よくあるご質問

ページ上部へ