ブログ

TOP > ブログ

2013年11月

京都の弁護士の遺言・相続セミナー【京都・四条烏丸編・聖護院編】

2013年11月30日

こんにちは。

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

11月27日は、久しぶりに地元京都で遺言・相続セミナーの講師を務めてきました。

午前中は、京都の四条烏丸にあるメガバンクの京都支店が会場です。

四条通を挟んで私の法律会計事務所からは徒歩1分、数ある遺言・相続セミナーの会場の中では最も近い会場です。

当日は60名ほどのお客様に対して、私が作成した「弁護士に相談のあった相続事例」をテキストに、何時ものように遺産分割対策における遺言作成の有効性と代償分割、相続税対策としての生前贈与を中心に約90分ほどお話をさせていただきました。

また、今回の遺言・相続セミナーには、将来の講師デビューの勉強のため、私の事務所の鈴木弁護士を同行して聴講してもらいました。

DSC00797 DSC00799

昼からは、同じく京都市内の左京区聖護院にあるメガバンクの支店で、今度は『弁護士がみた「幸せな相続」「不幸な相続」』をテキストにして、遺言と生命保険の活用といったお話を中心に遺言・相続セミナーの講師を務めさせていただきました。

四条烏丸にある私の事務所から聖護院へは、普通であれば車で約10分ほどで到着しますが、当日は観光客が多いせいか道がずい分と混んでおり倍の20分程度かかりました。

今回は珍しく午前・午後とも京都の会場でしたので、東京や大阪で遺言・相続セミナーの講師を務めることと比べると移動も楽で時間の節約ができました。

地元京都ですので、また機会があればぜひ遺言・相続セミナーの講師に呼んでいただければと思います。

□□□

交通事故で泣き寝入りしないために。損害保険会社との交渉で疑問がある場合は、大丸京都店西隣にある京都のオールワン法律会計事務所(京都弁護士会所属)の弁護士にご相談ください。

京都の弁護士の遺言・相続研修【神奈川・横浜編】

2013年11月29日

こんにちは。

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

11月26日は、先週に続いて京都から横浜に出向いて入行2年目の(日本一の)地銀の行員さんに対して遺言・相続研修の講師を務めてきました。

移動は何時ものように京都駅から新幹線ですが、新富士駅を通過する前の富士山が一番よく見えるスポットで久しぶりに富士山を眺めることができました。

毎日のように新幹線を利用しているのに、きれいな富士山を眺めることができたのはずいぶん久しぶりです。

DSC00787

さて、遺言・相続研修ですが、ご主催をされたPGF生命様のご要望により、何時もの遺言を活用した遺産分割対策、生前贈与を活用した相続税対策に加え、事業承継対策・不動産の有効活用の初歩を研修内容に加えました。

事業承継では、自社株の移転手段としての贈与と譲渡(売買)の比較、不動産の有効活用では、アパート・マンション経営のメリットと問題点を解説しました。

また、遺言に関しては、何時ものように自筆証書遺言と公正証書遺言を比較して、それぞれのメリット・デメリットを解説しました。

私の雑感としては、さすがに日本一の地銀の行員さんだけあって、皆さん相続や遺言に関する基本的な知識は十分あり、レベルの高い研修を行うことができました。

PGF生命様をはじめ、関係者の皆様には大変お世話になりました。

△△△

女性弁護士が交通事故の相談に応じることも可能です。京都大丸西隣、四条烏丸交差点から河原町・八坂神社方向に東に約100メートル、京都のオールワン法律会計事務所(京都弁護士会所属)の弁護士に一度ご相談ください。

京都の弁護士の出会った駅弁vol.106【秋満載三色丼・東京駅】

2013年11月28日

こんにちは。

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

今回の駅弁ブログは、前回に引き続き「痛恨の」姫路のまねき食品さんの駅弁のご紹介です。

前にもお話ししたように、まねき食品さんの駅弁自体は大変美味しいのですが、「翌週に」姫路に出張する予定があったのに、「東京駅」で姫路の駅弁を「2つも」購入したことが痛恨の極みでした。

駅弁を購入した駅弁屋祭さんは、何時も混雑しているので、冷静に品定めができなかったことが買い物を誤った最大の要因です。

今後は、後ろから押されようと、カートのローラーで足を踏まれようと冷蔵ケースの前で踏みとどまり、駅弁を吟味したいと思います。

【まねき食品 秋満載三色丼】

10月5日 東京駅・駅弁屋祭で購入(850円)

味付けご飯の上に秋刀魚の照り焼きがどーんとのっかっており、迫力満点です。

付け合わせに秋鮭のほぐし身、しめじ煮、山菜がご飯の上に展開しています。

秋刀魚の照り焼きは少し味が濃い目で、ご飯にもお酒にも最適です。

味付けの濃い秋刀魚や鮭のほぐし身を食べる合間に、しめじ煮や山菜がよい箸休めになります。

見た目はシンプルですが、それなりに考えられた駅弁です。

2013.10.4 6 2013.10.4 7

※※

示談交渉、民事調停、ADR、訴訟等、交通事故に関する様々な解決方法をご提案できます。京都のオールワン法律会計事務所にご相談ください。

京都の弁護士のみちのく一人旅【東北新幹線・青森編】

2013年11月27日

こんにちは。

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

今回は、東北地方のお客様から、相続対策の相談をしたいとご依頼をいただいて訪れた青森のお話です。

京都から青森へ向かうには、普通であれば飛行機でしょうが、私の場合はもちろん鉄道を利用します。

早朝、京都駅から東海道新幹線のぞみ号で一旦東京駅に出て、東京駅から午前9時36分発はやぶさ9号に乗車しました。

DSC00572 DSC00573

普段なかなか東北新幹線に乗車できないので、グランクラスを利用しました。

このグランクラスですが、さすがJR東日本が売りにしているだけあって、本当に快適です。

座席が横に2・1の3席で、進行方向右手の座席は完全に独立しており、前後の間隔も十分あるために後ろの乗客に気兼ねすることなくフルリクライニングにすることができます。

DSC00580 DSC00581

グランクラスには専属の女性アテンダントが付いており、東京駅を出発すると早々に食事や飲み物の注文を聞きに来てくれます。

食事は和食・洋食から一つをチョイスしますが、ワインやビールなどの飲み物はお代わりが自由のようでした。

私は和食とアップルジュースをお願いしました。

本当は白・赤のワインを飲みたいところですが、仕事で乗車しているのでさすがに我慢しました。

ちなみに、最近は飛行機の国内線を利用しても紙コップで飲み物が提供されるなか、アップルジュースはグラスで提供してくれます。

DSC00584

東京駅から新青森駅まではやぶさ号で3時間ほどですが、グランクラスを利用するとあっという間に到着です。

料金は東京ー新青森間が約2万6000円、飛行機を利用することを考えると断然お勧めです。

到着した新青森駅は、さすがに寒く、あちらこちらに雪が残っています。

DSC00588

新青森駅から、五能線への乗り換えのために青森駅に向かうには、JR北海道の789系スーパー白鳥号に乗車します。

私は今回の出張でJR東日本の周遊切符を利用したのですが、新青森駅ー青森駅間は自由席に限ってスーパー白鳥号に特急券なしで乗車できました。

DSC00589

新青森駅を出発してほどなく青森駅に到着です。

DSC00595

駅の近くにある青森港には、昔の青函連絡船「八甲田丸」が係留されているので、青森駅で駅弁を購入して徒歩で青森港に向かいました。

当日は寒さのせいかあまり人出はありませんでしたが、青森港はよく整備されて地元の観光スポットになっているようです。

DSC00602 DSC00605

八甲田丸を眺めながら駅弁をいただき、五能線を走る「リゾートしらかみ号」に乗車するために早々に青森駅に戻りました。

五能線のお話は次回に続きます。

□□

交通事故の京都でのご相談は、阪急京都線烏丸駅、京都市営地下鉄四条駅に地下道で直結、オールワン法律会計事務所(京都弁護士会所属)の弁護士にお任せ下さい。

京都の弁護士の遺言・相続セミナー【大阪・江坂編】

2013年11月26日

こんにちは。

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

11月25日の午前中は、京都四条烏丸にある私の事務所に、法律顧問をさせていただいている大阪の企業の役員の方の訪問を受けました。

ご相談の内容は事業承継に関するもので、約1時間にわたり事業承継に関する法律・税務に関してご相談をさせていただきました。

いつも思うのですが、事業承継に関するご相談は、事業の承継先(子供に事業を承継するのか、役員に事業を承継するのか、M&Aで売却するのか等)が明確であれば、後は法律・税務だけの話ですので比較的容易です。

しかし、この事業の承継先が明確でない場合、法律や税金の話以前の段階で話が堂々巡りになってしまい結構大変です。

午後は、京都から大阪の江坂にあるホテルに出向いて遺言・相続セミナーの講師を務めてきました。

テキストは『弁護士が見た「幸せな相続」「不幸な相続」』を用いて、相続対策、とりわけ遺産分割対策における遺言の重要性や、年末までに実行したい生前贈与について約90分お話をさせていただきました。

最近の「終活」ブームで、遺言や争族(相続)をテーマにしたセミナー、講演には関心の高いお客様が多く、既に自筆証書遺言を書かれている方も少なくありません。

しかし、残念ながら多くの方が書いている自筆証書遺言(場合によっては公正証書遺言も)は、遺産分割対策に役立たないことが多いのです。

今回の遺言・相続セミナーでは、多くの方が陥りやすい遺言の問題点を詳しくご説明しました。

せっかく書いた遺言が相続(遺産分割)対策に役立たないのでは勿体ないので、これからもセミナー等々通じて「正しい」遺言の作り方を広げていきたいと思います。

DSC00781

△△△

弁護士があなたに代わり保険会社と交渉します。交通事故で後悔しないために阪急京都線四条烏丸駅・京都市営地下鉄四条駅直結のオールワン法律会計事務所(京都弁護士会所属)の弁護士に一度ご相談ください。

京都の弁護士の遺言・相続セミナー【大阪・千里中央編】

2013年11月25日

こんにちは。

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

11月22日は、午前中に大阪市内の法律顧問をさせていただいているメーカーさんを訪問後、いったん京都の事務所に戻り、昼から改めて大阪の千里中央に出向いて遺言・相続セミナーの講師を務めてきました。

私の事務所のある阪急京都線烏丸駅から千里中央に向かうには、阪急京都線南茨木駅で乗り換え、大阪モノレールの千里中央駅で下車するのが最短です。

大阪モノレールは、大阪国際空港(伊丹空港)に向かう時に何時も利用するのですが、この日は「大阪王将」のラッピングトレインに乗車しました。

DSC00752 DSC00753

先日、大阪の交野市に遺言・相続セミナーの講師に出向いた際にも京阪電鉄の機関車トーマスのラッピングトレインに乗車しましたが、同じ乗るなら変わった電車に乗りたいものです。

千里中央の遺言・相続セミナーは、資産家を対象としたメガバンクのプライベートサロンがご主催で、これまでにも定期的に講師として呼んでいただいているものです。

今回も6名のお客様を対象として、約90分にわたりより実践的な遺言の作成方法や相続税対策としての生前贈与の活用といったを話をさせていただきました。

遺言・相続セミナー終了後は、午前中とは別の法律顧問先の企業の社長夫妻と会食のために大阪市内に戻りました。

少し時間があったので、大阪市営地下鉄御堂筋線の淀屋橋駅から会場の日本料理店まで歩いていると、偶然に神農祭が行われていました。

余興でしょうか、あの有名な「改源くん」や、初めて見る「神農さん」が、私のような通行人とのツーショットで撮影されていて、とりわけ「改源くん」は大人気でした。

DSC00755 DSC00756 DSC00754

その後、社長夫妻と会食を終え、京都の自宅に帰り着いたのは夜の10時でした。

一日お疲れ様でした。

△△

交通事故に関する保険会社が提示する治療費、休業損害、慰謝料等の金額が納得できない方、一度京都のオールワン法律会計事務所の弁護士にご相談ください。ご予約により土曜日・日曜日・休日の法律相談にも対応いたします。

京都の弁護士の遺言・相続研修【神奈川・横浜編】

2013年11月24日

こんにちは。

京都弁護士会所属の京都の弁護士の小沢一郎です。

11月21日は、外資系生命保険会社のご主催で、横浜にある某日本一の地方銀行の行員さん向け研修の講師を務めてきました。

研修の内容は、もちろん私の専門分野の相続です。

私は京都在住ですが、仕事柄横浜にもよくお邪魔させていただきます。

私は駅弁が大好きなので、横浜駅の名物駅弁は?という観点から見ると、横浜駅は間違いなく崎陽軒さんの牙城です。

駅のホーム上にある売店から、連絡通路にある売店まで、横浜駅で駅弁を求めると、必然的に崎陽軒さんの駅弁を求めることになります。

DSC00744

DSC00746 DSC00748

駅弁を離れて横浜駅およびその周辺をみると、横浜と言えば港町のせいか、街中には運河が縦横にはしり、運河にかかる橋の欄干には羽根を休めるカモメの姿が見られます。

DSC00745 DSC00747

さて、相続研修ですが、バックアップはお世話になっているPGF生命さんです。

内容は、相続対策及び相続税対策の演題を中心に、より実践的な遺言の活用方法・遺言・相続税に関するお話を約90分にわたりさせていただきました。

遺言に関しては、自筆証書遺言・公正証書遺言の比較を中心として、実践的な遺言作成方法をお話しました。

また、相続税対策のお話では、生前贈与の有用性をお話しました。

対象となった入行2年目くらいの行員さんは、さすがによく勉強されており、相続、遺言、相続税に関する基本的な知識は全て習得済みで、研修もスムーズに進みました。

翌週にも同じ銀行の別の行員さんを対象とした相続・遺言の研修を行いますので、今から楽しみです。

◆◆◆

阪急京都線烏丸駅・京都市営地下鉄四条駅直結。京都の交通事故のご相談は、オールワン法律会計事務所の弁護士におまかせください。

京都の新人女性弁護士 鈴木順子の奮闘記-イベント編vol.1

2013年11月23日

こんにちは、京都の女性弁護士の鈴木順子です。

今日は、先日開催されたイベントに関してのブログです。

京都弁護士会は、毎年11月ころ憲法と人権を考える集いというイベントを開催しています。市民の皆さまと一緒に憲法や人権に関する問題を考えるというものです。

毎年テーマは異なりますが、今年は、冤罪をテーマに、映画監督の周防正行さんをメインゲストにお招きしました。周防監督は、「それでもボクはやっていない」で痴漢冤罪をテーマに現在の刑事司法の問題点をえぐりだされ、現在は法制審議会新時代の刑事司法制度特別部会委員もつとめておられます。集いのタイトルもずばり「刑事裁判の現在(いま)~それでも冤罪は起こっている~」。第1部は周防監督の講演を、京都弁護士会所属の弁護士による寸劇をはさんで、第2部はパネルディスカッションを行い、元裁判官の木谷明さんと布川事件の冤罪被害者である桜井昌司さんにもパネリストとして参加していただきました。

私は、集いの実行委員として企画に携わってきたのですが、当日は総合司会をつとめさせていただきました。イベントの司会を任せていただくのは初めてで、当日の準備段階から緊張していましたが、開演前、徐々に埋まっていく客席(最終的な来場者数は約600名、ほとんどの座席が埋まりました)を見て、さらに緊張感が一気に高まりました。本番では、何とか司会の任務を全うすることができ、ゲストの方には「初々しかった」と温かいお言葉を頂きました。とはいえ反省点もたくさんありましたので、次に大勢の人の前でお話する機会があるなら、今回の反省点を活かしていきたいと思っています。

IMG_0063

※京都・大阪・滋賀で弁護士をお探しの方、相続・離婚・交通事故・債務整理(自己破産・個人再生)や事業承継・労働問題など、法律に関するご相談は、オールワン法律会計事務所(京都弁護士会所属)の弁護士にお任せください。

 

京都の弁護士が出会った駅弁vol.105【豚蒲重・東京駅】

2013年11月22日

こんにちは。

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

今回ご紹介するのは、おなじみ東京駅・駅弁屋祭さんで10月5日に購入した「痛恨の」姫路のまねき食品さんの駅弁です。

なぜ「痛恨の」という大げさな表現を用いているのかというと、もちろんまねき食品さんの駅弁が美味しくないといった理由ではありません。

実は、2日後の10月7日に姫路に出張することが決まっており、まねき食品さんの駅弁は地元の姫路で購入することができたに、日本全国数ある駅弁の中から、わざわざ東京駅で姫路の駅弁を2つも購入したことが痛恨の出来事だったのです。

そうなのです。

実はこの日は家族へのお土産に駅弁を3つ購入したのですが、そのうち2つが姫路の駅弁だったのです。

京都に向かう新幹線の発車時間が迫っていたとはいえ、十分に検討せずに駅弁を選んだ自分が悪いのですが、後悔しきりです。

【まねき食品 豚蒲重】

2013年10月5日 東京駅・駅弁屋祭で購入(1000円)

内容は、タレのよくしみ込んだご飯の上に豚肉の蒲焼がのっかり、その上にいろどりのしし唐が2本のっかっています。

付け合わせはポテトサラダにお漬物です。

パッケージに書いてあるところによると、この豚肉の蒲焼は岡山にある行列のできる豚蒲焼の専門店「かばくろ」さんとのコラボのようです。

自宅に持ち帰り、レンジで温めてから食べると、やはり豚肉特有の臭みもなく、料理してから時間が経過しているのにジューシーな食感を楽しむことができました。

また、駅弁の付け合わせであまり見ることのないポテトサラダも美味しくいただくことができました。

2013.10.4 8 2013.10.4 9

交通事故にまつわるご相談は、京都弁護士会所属の京都のオールワン法律会計事務所の弁護士にお任せ下さい。

京都の弁護士の遺言・相続セミナー【大阪・大阪市編・交野市編】

2013年11月21日

こんにちは。

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

11月19日は、午前中に大阪の大阪市中央区淀屋橋で、午後に大阪の交野市でそれぞれ遺言・相続セミナーの講師を務めてきました。

午前中の遺言・相続セミナーには、ご主催のメガバンクの行員さんの奮闘で100名近いお客様にお集まりいただきました。

DSC00732

セミナーでは、何時ものように『弁護士が見た「幸せな相続」「不幸な相続」』を使用して、遺産分割対策における遺言の重要性、相続税対策における生前贈与対策の重要性を中心に約90分にわたりお話をさせていただきました。

とりわけ、遺言に関するお話では、「遺言」と名前が付くものを書いていれば遺産分割対策になるわけではなく、どのような遺言を作成するのかが重要であること、また形式としては自筆証書遺言ではなく公正証書遺言を作成することがお勧めであるといったことをお話ししました。

セミナー終了後の質疑応答でも、遺言や法定相続に関するご質問が多数出て大いに盛り上がりました。

セミナー終了後、所用のため梅田から阪急京都線で京都の四条烏丸にある私の事務所に戻り、昼から今度は祇園四条駅から京阪電車で交野市に向かいました。

交野市へは枚方駅で交野線に乗り換える必要があるのですが、交野線では「機関車トーマス」のラッピングトレイン、パーシー号がお出迎えしてくれました。

DSC00733 DSC00734

交野市の遺言・相続セミナーの会場は、メガバンクの支店内にある20名ほどが入ると満員のセミナールームでした。

決して広くはない会場ですが、それでも定員一杯のお客様にお集まりいただきました。

午前中の大阪・淀屋橋での遺言・相続セミナー同様、遺言の重要性を中心として、生命保険の活用といったお話をやはり90分ほどさせていただきました。

セミナー終了後の質疑応答では、遺言・生前贈与・遺留分といった事項に関する多数のご質問をいただきました。

この日のセミナーは京都のお隣の大阪でしたので、セミナー終了後は早々に事務所に戻ることができました。

やっぱり東京などの遠方での遺言・相続セミナーと比べるとずい分身体は楽ですね。

資力要件等、法テラスの利用要件を充たす場合には法テラスの利用も可能です。協議離婚・調停離婚・裁判離婚に関するご相談はお気軽に京都のオールワン法律会計事務所(京都弁護士会所属)の弁護士にご相談ください。

京都の弁護士の遺言・相続セミナー【東京・虎ノ門編】

2013年11月20日

こんにちは。

京都弁護士会所属のオールワン法律会計事務所の弁護士の小沢一郎です。

11月18日は、何時ものように京都からではなく、朝一番に東北地方で仕事を済ませ、昼一番に東京に戻ってくるという少々多忙なスケジュールの中で遺言・相続セミナーの講師を務めてきました。

今回の遺言・相続セミナーの会場は、東京都港区虎ノ門です。

東北新幹線で東京駅に到着後、東京メトロ丸ノ内線で2駅目の霞が関で下車し、徒歩約10分で虎ノ門に到着です。

DSC00725

会場は、国会議事堂や皇居を眺望することのできるビルの35階です。

皇居近くの森は、紅葉が始まっていました。

DSC00726 DSC00728

今回の遺言・相続セミナーには、約130名のお客様が参加され、広い会場もほぼ満席の商況でした。

主催されたメガバンクの担当者の方々が、頑張ってお客様に声をかけられた成果です。

遺言・相続セミナーは、私が作成した『弁護士が見た「幸せな相続」「不幸な相続」』を使用しました。

まずは、遺産分割でトラブルになると解決に数年かかることもあり、その場合には相続税の納税資金に被相続人名義の預貯金が使えなくなることを説明の上で、遺産分割対策の重要性をお話ししました。

この遺産分割対策の切り札は、やはり遺言です。

もっとも、単に「遺言」と名前が付くものを遺すことが重要ではなく、どのような内容の遺言を作成するのが良いのか、また、手軽に作成できる自筆証書遺言より、少し手間はかかりますがより安全な公正証書遺言がお勧めであるといったことをお話ししました。

エンディングノートや遺言に関心をお持ちの方も多いため、遺言のお話は多くのお客様が関心を持って聞かれます。

また、セミナーの後半では、相続税対策のお話をさせていただきました。

資産家のお客様が多かったせいか、こちらも多くのお客様が熱心に聴講されていました。

DSC00727

セミナー終了後は、近くのメガバンクの支店に移り、行員の皆様を対象とした遺言・相続も研修を行いました。

この日は秋田からの移動で慌ただしかったのですが、遺言・相続セミナー、研修とも熱心な聴講者に恵まれた充実した1日を過ごすことができました。

※※

すでに家庭裁判所で離婚の調停、審判、裁判となっている方も、後で後悔しないために京都弁護士会所属のオールワン法律会計事務所の弁護士にご相談ください。女性弁護士が対応することも可能です。

京都の弁護士が出会った駅弁vol.104【特製鯛めし・静岡駅】

2013年11月18日

こんにちは。

弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

今回ご紹介するのは、京都から東京に向かう新幹線ひかり号の静岡駅での停車時間を利用して購入した駅弁のご紹介です。

前にも書きましたが、京都駅から新幹線のぞみ号に乗車してしまうと、停車駅は名古屋・新横浜・品川の各駅のみで、停車時間も短いために一旦乗車すると駅弁を購入するには車内販売を利用するしかありません。

ところが、同じ京都から新幹線に乗車する場合も、ひかり号に乗車するとのぞみ号より3駅よ分に停車し、そのうち2駅はのぞみ号の追い越し待ちで5分程度停車するので、ホーム上の売店で駅弁を購入することができます。

私がよく利用するひかり号は、浜松・静岡・熱海の各駅に停車し、浜松・静岡では駅弁を購入することが可能です。

今回の駅弁は、新幹線静岡駅の11号車が停車する付近の売店で購入したものです。

【東海軒 特製 鯛めし】

2013年10月5日 静岡駅・新幹線ホーム上売店で購入(760円)

静岡駅といえば東海軒さん、東海軒さんといえば鯛めしが代表でしょうか。

鯛めしには、普通の鯛めしと、今回購入した特製があります。

内容は、鯛の煮付け・鯛そぼろがのった桜飯(味付けご飯)、フキ・蒟蒻・人参・牛蒡・蓮根の煮物、大根醤油漬け、キュウリ漬け、とシンプルなものです。

鯛そぼろは、噛めば噛むほど味が滲みだしてきて、鯛のうま味を感じることができます。

値段も手ごろで(東海軒さんの駅弁は全体的にお手頃価格です)、お勧めの駅弁です。

2013.10.4 1 2013.10.4 2

京都での離婚における財産分与の税金問題などには税理士資格を有する弁護士が対応します。離婚問題は、京都弁護士会所属のオールワン法律会計事務所の弁護士にご相談ください。

京都の弁護士が出会った駅弁vol.103【秋の色彩弁当・大阪交通科学館】

2013年11月17日

こんにちは。

京都の弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

今回は、大阪の弁天町にある交通科学博物館で購入した駅弁のご紹介です。

埼玉県大宮の交通博物館、名古屋のリニア鉄道館、京都の梅小路蒸気機関車館と並んで大阪にも交通科学博物館があります。

ただ、前3者と比べると少しばかりマイナーな感じは否めません。

そのためか、近い将来、京都に設置される大型の鉄道博物館に統合され、現弁天町の建物は廃止されることになりました。

そこで、今のうちにということで、家族で遊びに行きました。

大阪環状線の弁天町駅を降りると、すぐそこに交通科学館の展示物である80系湘南電車がお出迎えしてくれます。

IMG_1465

懐かしの80系はこの車両です。

IMG_1492

館内は、懐かしのこだま号に使用された151系から、その151系に代わり東海道の主要交通手段となった初代新幹線0系が展示されています。

IMG_1476 IMG_1484

私個人としてはキハ80系、はつかり型と呼ばれた通称「ブルドック」が大好きです。

IMG_1490

もちろん、実現がいよいよ現実的になってきたリニアの初代実験車輛ML500も展示されています。

IMG_1477

今でも宮崎から大分に向かう日豊本線に並行して、国鉄時代のリニア実験線の遺構を見ることができます。

もちろん、「交通」博物館ですから昔のドリーム号なども展示されています。

IMG_1486

さて、駅弁のご紹介です。

【淡路屋 秋の色彩弁当】

2013年9月23日 交通科学博物館駅弁当売場で購入(1000円)

内容は、普通の白ごはん・山菜ごはん・キノコピラフ、鶏うま煮、鮭味噌焼き、大学芋、木の葉の飾り包丁の入った南瓜、いかアーモンド揚げ、牛肉うま煮、蒲鉾、きんぴらごぼう、昆布巻きが入り、デザートにおもちが付きます。

よく言えばバランスの良い、悪く言えば特徴のない駅弁ですが、一つ一つのおかずは丁寧な仕事がしてあります。

毎日食べるのであれば、こうした駅弁が身体に良いのでしょうね。

IMG_1487 IMG_1488

※※

女性弁護士が京都の女性の離婚にまつわる悩みに対応します。離婚届出書にサインする前に、オールワン法律会計事務所(京都弁護士会所属)の弁護士にご相談ください。

京都の弁護士の遺言・相続セミナー【福岡・小倉編】

2013年11月16日

こんにちは。

弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

11月15日は、京都から北九州市小倉のリーガロイヤルホテルに出向き、遺言・相続セミナーの講師を務めてきました。

京都から小倉へは、普通に行けば新幹線で行けば2時間ほどで到着します。

今回は京都駅から新大阪駅までの1駅をのぞみ号に乗車し、新大阪駅からみずほ号に乗車して小倉に向かいました。

小倉駅にはセミナー開始の2時間ほど前に到着したので、セミナー開始前に下関と門司港にお邪魔しました。

小倉から下関へは、各駅停車で15分、駅にして4駅程度です。

小倉を出発すると進行方向左手に海が見えてきたと思ったらすぐに関門海峡トンネルに入り、トンネルをくぐったら下関駅です。

下関駅は初訪問で、駅弁でもないものかと駅員に尋ねたりしたのですが、残念ながら下関駅で常時販売されてる駅弁はなく、駅ビルにあるレストランが休日のみ駅弁を販売しているようでした。

DSC00544 DSC00551

下関駅前には、フグのオブジェ以外に見るべきものも特になかったので、滞在時間15分ほどで門司港に向かうことにしました。

門司港へは門司駅で電車を乗り換えて二駅目です。

この乗り換えの門司駅のホームには、昔東京と大分・熊本間を走っていたブルートレインの富士・はやぶさ号の乗車位置のマークが残っていました。

DSC00552 DSC00553

門司港には今年の夏にもお邪魔したのですが、港の周りに戦前に建てられたクラシックな建物が点在しており、レトロな雰囲気を売り物とした観光地です。

また、門司港はバナナのたたき売りの発祥地ということで、バナナにまつわるお土産などが数多く販売されています。

DSC00556 DSC00554

ちょうどお昼どきだったので、昼食は門司港名物の焼きカレーを、とあてにしてきたのですが、どの店も観光客や修学旅行生で混雑しており、時間がかかりそうなので、今回は残念ながら食べることができませんでした。

そこで、小倉駅に戻り、小倉駅名物の「かしわそば」をいただくことにしました。

以前、かしわ「うどん」は食べたことはあったのですが、「そば」をいただくのははじめてです。

ちなみに、「うどん」は350円、「そば」は380円と、そばの方がうどんより30円高い値段設定となっています。

DSC00559 DSC00560

かしわそばでお腹がいっぱいになったところで、今回の遺言・相続セミナー会場である駅前のリーガロイヤルホテルへと向かいました。

前回小倉に遺言・相続セミナーの講師として呼んでいただいた時に続き、こちらのホテルでお話をするのは2回目です。

今回のお客様は約30名ほど、ご年配のご夫婦から若い女性まで、比較的年齢層は広めのようです。

DSC00562 DSC00564

セミナーのテキストは、私が作成した「弁護士が考える資産承継」と、今回の遺言・相続セミナーを主催されたメガバンクが作成した資産承継の冊子を使用しました。

何時ものように、前半では、不動産等の相続人間で平等に分割が困難な資産を保有する資産家にとっての遺産分割対策の必要性を説明した上で、遺言の重要性を自筆証書遺言と公正証書遺言の具体例をあげてお話しさせていただきました。

後半では、最高税率が50%となる日本の相続税制のもと、対策を怠ると代替わりする度ことに少なくない資産が税金に消えてなくなってしまうことを説明した上で、具体的な計算例をあげて生前贈与対策の有効性をお話ししました。

セミナー終了後の質疑応答では、住宅取得資金贈与に関するご質問等がお客様から出たので、私の知るところをご説明しました。

今回のセミナーで改めて感じたのですが、最近は終活ブームで年配の方を中心に遺言やエンディングノートに対する関心が高く、自筆証書遺言を既に作成されているという方も少なくありません。

しかし残念ながら、民法の規定に則っていない遺言も少なからずあるため、せっかく遺言を作成しても遺言が無効となってしまうこともあります。

今回のようなセミナーを通じて、多くの方が「正しい遺言」を遺すことができるきっかけとなれば良いと思います。

セミナーは1時間40分ほどで終わりましたので、小倉駅からみずほ号に乗車し、新神戸駅でのぞみ号に乗り継ぎ、京都の帰り着いたのは8時ころでした。

△△

京都における離婚のご相談は、四条烏丸交差点そば、大丸京都店西隣のオールワン法律会計事務所(京都弁護士会所属)の弁護士におまかせください。ご予約により土曜日・休日の離婚のご相談にも対応いたします。

京都の弁護士の遺言・相続セミナー【東京・錦糸町編・銀座京橋編】

2013年11月15日

こんにちは。

オールワン法律会計事務所(京都弁護士会所属)の弁護士小沢一郎です。

11月14日は、京都から東京に出向いて相続セミナーの講師を2件、相続研修の講師を1件務めてきました。

午前中は、錦糸町のホテルでの相続セミナーです。

京都から錦糸町へは、京都駅から新幹線で東京駅に向かい、東京駅から横須賀総武線の快速で3駅目、移動時間にして3時間弱です。

DSC00530

駅の北口で東京での相続セミナーでお世話になっているPGF生命のご担当者と合流し、会場のホテルに向かいました。

今年の7月にも同じ会場で相続セミナーの講師を務めさせていただいたのですが、今回も前回にも増して多くのお客様にお集まりいただきました。

メガバンクご主催のセミナーですので、集客を担当された行員さんの奮闘により、約130名ものお客様が来場されました。

DSC00531

今回は、『弁護士が見た「幸せな相続」「不幸な相続」』をテキストにして、相続でトラブルにならないための遺言の重要性、資産家のための生前贈与のすすめといったお話を約1時間半にわたりお話しさせていただきました。

セミナー終了後の質疑応答では、実際に自ら作成された自筆証書遺言を持参の上で内容の検証を依頼するお客様、自筆証書遺言と公正証書遺言の作成方法やメリット・デメリットを何度も確認されるお客様などがあり、会場を後にしたのはセミナー終了後30分以上経ってからでした。

さて、錦糸町のホテルを出た後は、錦糸町駅から横須賀総武線で東京駅に戻り、東京駅から歩いて次の相続セミナーの会場がある銀座・京橋に向かいました。

京橋では、同じく『弁護士が見た「幸せな相続」「不幸な相続」』をテキストにして、やはり遺言の有効性、生命保険を活用した遺産分割対策、生前贈与による相続税対策といったお話をさせていただきました。

京橋の会場でも、セミナー終了後、自らの家族構成を説明の上で誰が相続人となるのか確認されるお客様、相続税に有利なマンションの購入方法等を質問されるお客様などがつづきました。

私が受ける質問の内容は、税理士としての相続税関連の質問が半分、弁護士としての法律(民法、相続)関連の質問が半分、といったところでしょうか。

お客様向けのセミナー終了後は、メガバンクの行員向けに相続税の基礎、相続税対策の研修を30分ほど行い銀座・京橋の会場を後にして歩いて東京駅に向かいました。

外はすっかり暗くなっており、クリスマスシーズンを控えた街路樹のイルミネーションが綺麗でした。

DSC00533

東京駅から新幹線で京都駅まで約2時間20分、自宅にたどり着いたのは夜の10時前でした。

本日も多くの皆様にお世話になりました。

ありがとうございます!

※※

ご希望により、男性弁護士、女性弁護士をお選びいただけます。離婚に関するご相談は、阪急京都線烏丸駅・京都市営地下鉄烏丸線四条駅直結のオールワン法律会計事務所(京都弁護士会所属)におまかせください。

京都の弁護士の遺言・相続セミナー【広島・広島市編】

2013年11月14日

こんにちは。

弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

11月13日は、京都から広島に出向いて相続セミナーの講師を務め、併せてお世話になっているお客様を訪問しました。

京都から広島へは通常、新幹線ののぞみ号に乗車すれば乗り換えなしですが、この日久しぶりに九州新幹線に乗車したいと思い新大阪駅で乗り換えました。

京都駅から新大阪駅までは、新型のN700A型のぞみ号に乗車しました。

やはり車内設備も新しく、乗車していても気持ちいいですね。

DSC00517

さて、新大阪駅でホームが代わって「さくら555号」に乗り換えです。

九州新幹線は8両編成で、かつ人気が高いので何時も混んでいますが、普通指定席を利用すれば2×2の座席配置のため、のぞみ号のグリーン車とほぼ同じ座席幅となるので楽です。

DSC00518 DSC00519 DSC00520

京都駅を出発して約1時間40分で広島駅に到着です。

本日のお仕事第1弾は、メガバンクの広島支店での相続セミナーの講師です。

市内では、いつも利用する広電を利用して移動です。

DSC00521

使用するテキストは、私が作成した『弁護士が見た「幸せな相続」「不幸な相続」』、セミナーの時間は約1時間30分です。

この日のセミナーには小さな子供さんを連れたお客様もいて、にぎやかなスタートになりました。

子どもが騒ぐとセミナーに差しさわりがあるのではと行員さんがずい分と気を遣ってくれましたが、時々大人でも騒がしいお客さんもいるので、全く気になりません。

むしろ、わからない話を静かに聞くことを強いられる子供さんがかわいそうでした。

セミナーのテーマは何時ものとおり、遺言や生命保険を活用した遺産分割対策、生前贈与対策を活用した相続税対策といったお話させていただきました。

今回のセミナーは、終了後の質疑応答でお客様から様々なご質問が出ました。

自筆証書遺言・公正証書遺言それぞれもメリット・デメリット、公正証書遺言の実際の作成手順、平成25年度税制改正要綱の内容といったところは質問の定番ですが、今回は遺言による相続人の廃除に関する質問も出ました。

結局、こうした遺言等に関する質問を一通りお答えして相続セミナーが終了したのは開始から2時間後でした。

その後、銀行の支店から歩いて開業医のお客様のもとを訪ねました。

市内目抜き通りのアーケードには恵比須さんの提燈が…、何かお祭りごとでもあるのでしょうか?

DSC00522

開業医のお客様のところでは、少し時間より早く到着しましたのでインフルエンザの予防接種をしていただきました。

さすがに、アポなしで診察していただいたので先生もビックリされていました。

その後、先生と先生のお母様と約1時間にわたり懇談させていただき、一緒に種々の問題を検討させていただきました。

先生とそのお母様は本当に気持ちの良い方々で、お会いするたびに私の方が何か温かい気持ちになることができます。

広島での最後の仕事を気持ちよく終え、京都の自宅に帰り着いたのは夜の10時半でした。

※※

子どもの親権や離婚後の養育費、離婚するときの財産分与や慰謝料の額など、離婚にまつわるお悩みは、阪急京都線烏丸駅・京都市営地下鉄烏丸線四条駅から直結のオールワン法律会計事務所の弁護士にご相談ください。女性弁護士が対応することも可能です。

京都の弁護士の相続セミナー【神奈川・武蔵小杉編】

2013年11月13日

こんにちは。

弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

11月12日は、神奈川県川崎市中原区の武蔵小杉で午前・午後の2回、相続セミナーの講師を務めてきました。

新幹線で京都から東京に向かう時、新横浜駅を過ぎ、品川駅に到着するまでの間に進行方向左手に見える高層タワーマンションが林立している処が武蔵小杉です。

京都からは、京都駅から新幹線で新横浜駅に向かい、新横浜駅から横浜戦で1駅目の菊名駅で東急東横線に乗り換え、渋谷駅に向かう通勤特急に乗車して2駅目が東急武蔵小杉駅です。

さてセミナーですが、私が作成した『弁護士が見た「幸せな相続」「不幸な相続」』を使用して、公正証書遺言・自筆証書遺言を活用した遺産分割対策、生前贈与を中心とした相続税対策を午前・午後の2回お話ししました。

いつもセミナーの講師を務めていて思うのですが、資産家の皆さんは相続と言えば相続税の対策が中心となっていて、遺産分割のために事前の対策が必要であることに気付いていない方も少なくありません。

しかし、遺産分割が上手にできずに親族間でトラブルになってしまうと、親族関係が事実上悪化するだけではなく、相続税の納期限である10か月の時点で被相続人名義の預貯金等を納税資金として活用できない等、相続税の納税にも悪影響を与えるのです。

したがって、遺産分割をスムーズに行うために事前の対策は不可欠です。

そして、遺産分割対策の中心となるのが遺言です。

遺言作成者が、その有する遺産一つ一つを親族の誰に遺すのか遺言で指定しておけば、遺言作成者の死後、遺言作成者の遺産は既に誰が相続するのか指定されているので、原則として改めて遺産分割協議を行う必要がないのです。

また、遺言を作成するのであれば、できれば自筆証書遺言ではなく、公正証書遺言を作成すべきです。

自筆証書遺言は、残念ながら我流で作成すると、せっかく作成した自筆証書遺言も無効になったりするおそれがあります。

その点公正証書遺言は、公証人役場の公証人が作成に関与するため、自筆証書遺言と比べると無効となるリスクを低減することができます。

このように公正証書遺言の作成は遺産分割でトラブルとならない切り札ですので、これからも様々なセミナーの場で公正証書遺言の有用性を伝えていきたいと思います。

△△

△△

離婚した後で後悔しないために。

離婚届出書にサインする前に、京都弁護士会所属のオールワン法律会計事務所の弁護士にご相談ください。

ご要望に応じて女性弁護士がご相談に対応することも可能です。

京都の弁護士の相続研修【東京・永田町編】

2013年11月12日

こんにちは。

弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

11月11日は、京都から東京都千代田区永田町にあるPGF生命様に出向き、メガバンクにご出稿される方々に対して、相続研修の講師を務めてきました。

時間は3時間、前半は遺産分割対策としての遺言の有用性と生命保険を活用した代償分割を中心に、民法の基礎知識の確認を行い、後半は相続税対策としての生前贈与の有用性と生命保険の活用を中心に、相続税法の基礎知識についてお話をしました。

今回参加された方のほとんどが生命保険の販売経験があるので、相続や生前贈与の基礎知識は、一部の方を除いて皆さんお持ちのようでした。

もっとも、遺言における包括分割と指定分割の相違点、相続税対策としての不動産の有効活用に関する講義については、皆さん関心が高いのか本当に熱心に話を聞いていただきました。

聞けば来年1月より出向が開始するとのこと、皆さんそれぞれが出向先で今まで以上に活躍されることをお祈りしています。

頑張ってください!

※※

協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚、離婚に関するご相談は、オールワン法律会計事務所の弁護士(京都弁護士会所属)にご相談ください。

京都の弁護士の相続セミナー【長崎・長崎市編】

2013年11月11日

こんにちは。

弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

今回は、博多から佐世保経由で長崎に向かい、長崎市で相続セミナーの講師を務めてきました。

博多から佐世保にはみどり23号を利用しました。

JR九州のグリーン特急券は、ネットの早割を利用すると窓口で購入する普通指定席券より安く購入できます。

DSC00409 DSC00413

みどり23号は早岐(はいき)までは8両編成で運行されますが、早岐で4両を分離し、終着駅の佐世保には4両のみ運行されます。

ちなみに、早岐駅からは進行方向が逆転します。

DSC00417

早岐を出発すると、いよいよ終着駅の佐世保に到着です。

博多からは2時間以上かかりますが、やっぱり電車の旅はいいですね。

今回は夜間の乗車で外の景色を楽しむことはできませんでしたが、次回は昼間に乗車したいと思います。

DSC00420

さて、佐世保に一泊した翌日は、長崎に向かう前に松浦鉄道に乗車することにしました。

第3セクターの松浦鉄道は、国鉄時代の松浦線が前身ですが、国鉄時代よりも駅・電車運行本数とも増加している珍しい会社です。

JR佐世保駅の一部が松浦鉄道の佐世保駅として利用されています。

DSC00429 DSC00430

佐世保駅から松浦鉄道に乗車して最初にびっくりしたのは、乗客が多いことです。

私はよく地方の第3セクターの鉄道に乗車するのですが、車内が混雑するのは地元の高校生が乗車する朝夕の時間帯だけで、今回乗車した9時台の電車などは閑散としています。

ところが松浦鉄道では、乗客がひっきりなしに乗車してきます。

「大学」駅で長崎県立大学の学生が降車するまでは車内はほぼ満席で立ったままの乗客も少なくありませんでした。

松浦鉄道は、「たびら平戸口」まで乗車して折り返しました。

日本最西端の駅のためご存知の方も多いと思います。

DSC00440 DSC00439 DSC00438

松浦鉄道で佐世保まで戻り、その後は大村線のシーサイドライナーに乗車して長崎に向かいました。

長崎までは約2時間弱の行程です。

私は進行方向左側(山側)の座席のため終始山の風景を眺めていましたが、進行方向右側の座席では大村湾の風景を楽しむことができるのでお勧めです。

DSC00454 DSC00460

長崎到着後は、徒歩で相続セミナー会場のメガバンクの長崎支店に向かいました。

相続セミナーでは、遺産分割対策としての遺言や相続税対策としての生前贈与を中心として約90分お話をさせていただきました。

セミナー終了後の質疑応答では、公正証書遺言を作成する際の費用、公正証書遺言作成時に必要となる証人の適正、自筆証書遺言作成のデメリットの確認、既に作成している自筆証書遺言の問題点の確認等、公正証書遺言・自筆証書遺言に関する質問が多くありました。

公正証書遺言であれ自筆証書遺言であれ、遺言だけは当然ながら遺言の効力がが生じる相続発生後には書き直しができませんので、できれば弁護士などの法律の専門家に相談の上で作成することが望ましいといったお話もさせていただきました。

もちろん最後は遺言作成者の考え次第ですが、少なくとも私は遺言作成にあたり一定のコストをかけることは無駄ではないと考えています。

※※

婚姻費用、親権、養育費、財産分与、慰謝料といった離婚にまつわる悩み事はオールワン法律会計事務所(京都弁護士会所属)の弁護士にご相談ください。女性弁護士も対応いたします。

京都の弁護士が出会った駅弁vol.102【下津井旅情・岡山駅】

2013年11月10日

こんにちは。

弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

前回に引き続き、岡山の三好野本店さんの駅弁のご紹介です。

「ままかり」をはじめとして、岡山の名産品が多数含まれた駅弁です。

【三好野本店 下津井旅情】

2013年9月18日 岡山駅・在来線改札口横駅弁当売場で購入(1050円)

内容は、ままかり・エビ・タコを載せ錦糸卵を敷き詰めた祭ずし、鶏肉梅風味天ぷら、エビ天ぷら、蓮根磯辺天ぷら、鰆白醤油焼、卵焼き、大学芋、小芋・蒟蒻・飯蛸・も貝の煮物、インゲン水煮と本当に盛りだくさんです。

また、県外からの観光客に対して、岡山名産をリーズナブルに提供しようとする三好野本店さんの心意気が伝わるような駅弁です。

食事に良し、酒の肴に良し、といいことずくめの駅弁なのでお勧めです。

2013.9.18 10  2013.9.18 11

△△

京都での離婚・交通事故・相続・遺産分割・遺言・相続税・債務整理・自己破産等のご相談は、阪急京都線烏丸駅・京都市営地下鉄四条駅から直結、オールワン法律事務所(京都弁護士会所属)の弁護士におまかせください。法律・税金の問題をワンストップで解決いたします。

京都の弁護士が出会った駅弁vol.101【秋の行楽弁当・岡山駅】

2013年11月9日

こんにちは。 弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

今回ご紹介する駅弁は、岡山の三好野本店さん謹製の行楽弁当です。

京都からジャスト1時間で着く岡山は、私のとって本当になじみ深い土地です。

岡山で仕事をするときは言うに及ばず、交通の要衝として、鉄道で四国を訪問する時は必ず岡山で乗り換えることになります。

必然的に三好野本店さんの駅弁を贔屓にさせていただいるので、時間があるときは三好野本店さんのHPを確認して京都から新幹線に乗車します。

ただ残念なことに、私がいつも利用する新幹線改札内及び改札外横の駅弁当売場では、なかなか新作の駅弁に巡り会うことがありません。

新幹線の乗車口付近と言えば、一見の客に駅弁を売る最上等の場所ですので、手堅く売れ筋のラインナップの駅弁を揃えるのは分かるのですが、時々変わり種もお願いしたいところです。

【三好野本店 秋の行楽弁当】

2013年9月18日 岡山駅・新幹線改札外駅弁当売場で購入(1000円)

「行楽弁当」の名に恥じず内容が盛りだくさんです。

ご飯だけ4種類(赤米、味米、酢飯、巻きずし)あり、おかずに鰆幽庵焼、舞茸と薩摩芋のかき揚げ、鶏肉ごま南蛮漬け、大根膾、がんもどきとエビの煮物、小芋と椎茸・厚揚・しめじ・揚げ茄子の煮物、牛肉のうま煮、レンコンの酢の物と続き、最後にデザートの柿を模した和菓子がつきます。

これだけ手間暇かけているので、お値段の1000円は納得です。

見た目も美しく、本当にお値打ちの一品です。

2013.9.18 7 2013.9.18 8

※※

資力要件等の諸条件を満たせば法テラスを利用することも可能です。債務整理、自己破産、借金問題は京都弁護士会所属のオールワン法律会計事務所の弁護士に一度ご相談ください。ご相談の秘密は厳守します。

京都の弁護士の相続セミナー【岡山・岡山市編】

2013年11月8日

こんにちは。

弁護士の小沢一郎です(京都弁護士会所属)。

11月7日は、京都から岡山市に出向いて相続セミナーの講師を務めてきました。

京都駅から岡山駅までは、新幹線のぞみ号でジャスト1時間(姫路に停車するのぞみ号は3分ほど延着します)、本当に岡山は身近な街です。

さて、岡山駅に到着すると、駅前には桃太郎像が鎮座しています。

DSC00397

私にとって桃太郎といえば岡山ですが、以前、鮎川哲也氏の「準急ながら」を読んでいると、愛知県の犬山市にも桃太郎伝説があるということでした。

また、私の場合、岡山電気軌道(おかでん)も気になる電鉄会社なので、岡山駅に到着すると必ず岡山駅前電停をチェックしてmomoやたま電車が停車していないか確認します。

本日はめぼしい車輛を見かけることはなく、広告電車を2両見かけただけでした。

DSC00398 DSC00399

さて、本日のセミナーですが、「弁護士が考える資産承継」をテキストにして、遺言・生命保険を活用した代償分割・生前贈与といった何時ものテーマで約90分お話をさせていただきました。

今回のセミナーでは、主催のメガバンクのご担当者から、名義預金の危険性と、孫に対する生前贈与の有効性を強調してほしいとのご要望がありましたので、そうした部分に重点を置かせてもらいました。

セミナー終了後、お客様からは遺言と相続税対策に関するご質問がありましたので、個別に対応させていただきました。

岡山は、定期的にセミナー講師に呼んでいただけるので、今から次回のセミナーが楽しみです。

※※

債務整理・個人再生・自己破産等、借金に関する問題は、阪急京都線烏丸駅・京都市営地下鉄四条駅直結のオールワン法律会計事務所(京都弁護士会所属)の弁護士にお任せ下さい。

京都の弁護士の相続セミナー【兵庫・神戸編】

2013年11月7日

こんにちは。

京都の弁護士の小沢一郎です。

11月6日は、神戸市の海岸通りにある兵庫県農業会館で相続セミナーの講師を務めてきました。

京都、大阪、神戸は京阪神と一括りにされることが多いのですが、住んでいる人の気質から言葉まで京都、大阪、神戸で微妙に異なります。

また、京都から神戸に出向くに1時間はかかるので、京都に住む私が神戸で遊ぶこともあまりありません(もちろん仕事は別ですが)。

そうした事情があるため、たまに京都から神戸に出かけると、異国情緒漂う神戸の街並みにそれなりに感銘を受けたりします。

京都に住む私から見ると、やはり神戸はおしゃれな街です。

そこで、今回のセミナーですが、『弁護士が見た「幸せな相続」「不幸な相続」』をテキストにして、何時ものように遺産分割対策としての遺言・代償分割、相続税対策としての生前贈与を中心に約2時間にわたってお話をさせていただきました。

セミナー終了後の質疑応答では、自筆証書遺言と公正証書遺言のメリット・デメリット、生命保険の活用方法、不動産の名義変更、戸籍の収集方法までお客様の関心のあるご質問に対応させていただきました。

時には離婚問題や交通事故のご相談まで、相続と関連しない質問が続くこともある質疑応答コーナーですが、今回は相続関連の質問で終始しました。

また機会があれば(呼んでいただければ)、ぜひ神戸でも相続セミナーの講師を勤めさせていただきたいと思います。

△△

相続に関する法律問題・税金問題にワンストップで対応します。京都弁護士会・近畿税理士会下京支部所属のオールワン法律会計事務所の弁護士・税理士の小沢一郎にご相談ください。

京都の弁護士の相続セミナー【兵庫・明石編】

2013年11月6日

こんにちは。

京都の弁護士の小沢一郎です。

3連休明けの11月5日は、兵庫県の明石で相続セミナーの講師を務めてきました。

京都から明石に向かうには①新幹線で京都駅から西明石駅に向かい、JR在来線で一駅戻って明石駅に到着する、②京都駅から明石駅までJR在来線の新快速を利用する、③事務所の最寄り駅の阪急京都線烏丸駅から阪急電鉄で三宮に出て、神戸高速鉄道・山陽電鉄と乗り継ぎ山陽明石駅に到着する、といったルートが考えられます。

このうち、往路は、③の阪急・神戸高速・山陽の各私鉄を乗り継いで京都から明石に向かうルートを選択しました。

山陽明石駅の一駅東側にある人丸前駅のホームを一度見ておきたいと思ったからです。

人丸前駅のホームには、日本標準子午線が刻まれているのです。

DSC00379 DSC00380

この線上に沿って北側には明石の天文台をみることができます。

DSC00381

さて、人丸前駅を出て明石駅に到着しましたが、明石といえば魚の棚市場が有名ですので一通りのお店を冷かしてから、明石名物の明石焼をいただきました。

DSC00388 DSC00389

本日のセミナー会場は、明石市民センターらぽす5階です。

建物自体かなり年代ものですが、セミナー会場はシックな装いでたいへんきれいでした。

DSC00387

セミナーは、私が作成した「弁護士が考える資産承継」をテキストに、遺言・遺産分割・相続税対策をテーマに約90分お話をさせていただきました。

セミナー終了後、お客様との質疑応答の時間があったのですが、相続と関係のない質問などもあり20分ほどお客様からの質問をお受けしました。

明石は久しぶりに訪れた街ですが、またぜひ近いうちに訪問したい魅力的な街でした。

※※

遺言作成・遺言執行・相続財産の調査・相続税の申告等、相続に関するご相談全般に税理士資格を有する弁護士が対応します。お気軽に京都のオールワン法律会計事務所(京都市下京区四条通東洞院東入・京都証券ビル6階)にご相談ください。ご予約いただくと土曜日・日曜日・休日の法律相談にも対応します。

京都の弁護士が出会った駅弁vol.100【但馬牛めし・新大阪駅】

2013年11月5日

こんにちは。

京都の弁護士の小沢一郎です。

今回記念すべき100食目の駅弁としてご紹介するのは、関西の雄、淡路屋さんの駅弁です。

淡路屋さんは、「ひっぱりだこ飯」「0系新幹線・夢の超特急弁当」など、再利用しようと自宅に持ち帰り、結局戸棚の奥底にしまわれるだけの立派な陶器製容器に入った駅弁や、容器の底の紐を引くと盛大な湯気を吹き上げ周りの乗客の注目の的となりながら駅弁を温めることできる「すきやき弁当」「神戸のあっちっちステーキ弁当」を販売している大変ユニークな駅弁当屋さんです。

ところで、新幹線の京都駅や新大阪駅の改札内はJR東海の牙城のため、販売されている駅弁はJR東海パッセンジャーズ製ばかりです。

そこで淡路屋さんの駅弁が大好きな私は、京都駅や新大阪駅で新幹線に乗車するときには必ず新幹線改札の外で駅弁を求めるようにしています。

前にブログで書きましたが、JR東海パッセンジャーズ製の駅弁は、①肉・脂・揚げ物を重視したボリューム志向、②過度に華美なデザインのパッケージ、③必要以上に大きい容器、が特徴で、それはそれで楽しいのですが、やはり関西人の身びいきで神戸の淡路屋さんの駅弁を応援してしまいます。

因みに、先日淡路屋さんのHPから要予約の「神戸ワイン弁当」を予約すると、1時間ほどして現在は製造していないので受け付けられないと電話連絡がありました。

その後、HPで「神戸ワイン弁当」は「現在リニューアル中で休止中」との表示に変わり、現在は注目できなくなっています。

神戸ビーフと神戸ワインが一緒に楽しめるユニークな駅弁だったので、1日も早い復活を期待しています。

【淡路屋 但馬牛めし】

2013年9月13日 新大阪駅・西側改札外駅弁当売場で購入(1100円)

但馬牛は、ご存じのとおり一定の水準をクリアーすると天下の「神戸ビーフ」と名乗ることのできる貴重な肉牛です。

もちろん、但馬牛ブランドも高級国産牛のブランドのため、但馬牛を冠にした駅弁も複数あり、淡路屋さん、姫路のまねきさん、豊岡のたで川さん等が但馬牛の駅弁を販売しています。

このうち、まねきさんの「但馬牛 牛めし」は以前食したことがあったので、駅弁の但馬牛をいただくのは今回が2回目です。

で、「但馬牛めし」ですが、牛自体良いものが使われているのは分かるのですが、駅弁の宿命、冷えているため、せっかくの但馬牛も価値が半減しています。

また、味付けが全面的に甘めでかつ薄味のため、冷めたまま食べることを前提とすると、残念ながら出来たての吉野家の280円の並と美味しさ自体あまり変わりません。

やはりこの駅弁を美味しくいただくには、自宅等に持ち帰ってチンしてから食する方がいいと思われます。

また、卵焼きにまで「但馬牛」の刻印を押して肉質の良さをアピールするのであれば、淡路屋さんはこの駅弁を即席加熱容器で販売した方がいいと思われます。

現在の「但馬牛めし」は、車内で食するというより、お土産に買って帰り自宅等で温めなおして食べるのが適した駅弁です。

2013.9.18 1 2013.9.18 2

1 / 212
よくあるご質問

ページ上部へ